<< Castello di Gra... 猫も杓子もゼラニウム Pela... >>

220年の歴史、ファルマチーア(薬局)

イタリアで好きなもの、いろいろありますが、ファルマチーア(薬局)もそのうちのひとつ。特にアンティークの薬局の薬を入れる陶器が大好きなんですよ。
イモラにもそんな私のツボの薬局が一軒あります。建てられたのは、1794年。ちなみにフィレンツェの有名なFarmacia di Santa Maria Novellaは1612年。イタリアで一番古いのはラッツィオ州collepardoのCertosa di Trisulti (↓ちなみにWkipediaからの写真です。)で1200年くらいらしいですから、それもスゴイ。
c0181142_71547.jpg


イモラへ行くついでに、薬をここでちょくちょく買うのが習慣になってます。毎回行くたんびにじっくり観察するためですけど。。。
c0181142_7101394.jpg

店内に入ると、タイムスリップしたかのような世界。もちろん現在でもフツーに営業してます。
c0181142_711857.jpg

c0181142_7121063.jpg

c0181142_7131997.jpg

Imola の名産、Maiolica陶器で作られた の薬入れが457瓶もあるといいます。
c0181142_7141713.jpg

c0181142_7152095.jpg

c0181142_71825.jpg

天井には立派なフレスコ画。
c0181142_7192140.jpg

当時使ってた、レジ。
c0181142_7201260.jpg

書籍にもなったらしいです。

今回は思い切って写真を撮っていいか、聞きました。もちろんOK。で絵葉書もついでにくれました。

いつの日か、その薬瓶、ひとつくれないかなぁ。。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-07-20 07:31 | まさに歴史 | Comments(0)
<< Castello di Gra... 猫も杓子もゼラニウム Pela... >>