<< ヴェネツィアで『Manet マネ展』 失敗しない『やわらかソフトピッツァ』 >>

イタリア人の帰郷土産

ふるさとから持ち帰る土産があるのはフツーですが、
イタリア人がふるさとに帰るときに何をお土産にするのか。。。

ダニが実家のプーリアへ帰るとき、ここ(Castel San Pietro Terme)で買ったものは。。。

それは !!しかも8ダースもまとめ買いし、車の中は桃だらけ。
12時間かけて車で帰郷し、早速親戚中に配りまくり、『なんておいしい桃なんだ』と絶賛されたらしいです。
c0181142_0143176.jpg

これがその桃。家の近くの直売農家で購入。エミリアロマーニャ州は意外と知られてないけど、イタリア有数の果物の産地。ポー川沿岸の肥沃な土壌でよく育つそうです。桃、洋ナシ、杏、りんご、プルーン、キウイ、さくらんぼ等を栽培し、ヨーロッパにも輸出してます。なんとキウイ輸出量はニュージーランドと1,2位を争うほど。
この桃はPesca di Romagna IGP (I.G.Pとは、NDICAZIONE GEOGRAFICA PROTETTA(保護指定地域表示)というのが正式名所。)に指定されて産地もボローニャ、フェラーラ、ラベンナ、フォリ、チェゼ-ナ等、合わせて品種もスペックも限定されている、桃のこと。毛はなく黄桃でわりと大きめ(直径67mm以上でなければならない)で、カットすると赤オレンジ色。みずみずしくて香り高いのが特徴。
c0181142_0152060.jpg

800~900年くらいからフェラーラの近郊、 Massa Lombardaで栽培が本格的に始まったそうです。古代ローマではAC1世紀ごろ、普通の桃は食されていたとのこと。

味見してみましたが、一口食べると上品な桃の香りがいつまでも口の中に残りそれはそれは美味♪。花を食べてるみたい。ジューシーだけど全く水っぽくないし。

この桃、やみつきになりそうですよ。

南イタリアではあいにく、手に入らないので、大喜びらしいです。
[PR]
by jonetsu-italia | 2013-07-31 00:20 | 気になる食材 | Comments(0)
<< ヴェネツィアで『Manet マネ展』 失敗しない『やわらかソフトピッツァ』 >>