<< ミラノお気に入りバール Gia... 小さな教会でワニのモチーフ  >>

ミラノたまに行くなら日本食

ずいぶん前に、トスカーナのカプライア島へ行ったとき、オプショナルツアーの船長さんが海を指し『あそこの生簀、見えるでしょ、タイを養殖してるんだけどぜ-んぶ、ミラノへ行くんだよ』って説明してくれてたように、イタリア中の新鮮な魚介類はミラノに集まります。ま、東京のようですね。

ミラノに行ったら、魚料理を食べろというのが鉄則のようなもので、日本人経営の日本食レストランがあるということで、いつも行っちゃいます。(ボローニャにもありますよ、中国人経営の。でも同じ高い料金を払うなら、やっぱり日本人がオーガナイズしてるところへ行きたい!!)
ミラノ=日本食。しかも、鮨。私は無類の鮨好きです。私の最後の晩餐はきっと鮨を選ぶでしょう。

最近よく行くのが、『菫』さん。個人的にも好きなエリア、コルソガリバルディやコルソコモにも近い『MOSCOVA』駅からも直ぐ近くです。『大阪』に勤めた方が、独立して店を開いたそうで、犬OKの店なので、その理由でも合わせてよく行きます。(ちなみに『大阪』は犬NG)
今回は別の目的があったので、ゴンタはお留守番でしたが、是非ランチタイムも利用してみたかったので、『菫』さんへ。
c0181142_2144552.jpg

今回は『お得においしく』と思ってたけど、大食いのダニが次から次へと、オプションを頼み、最終的には夜のお値段に(泣)。さすがミラノ、魚はいつも新鮮で、お鮨、ほんとに美味しく戴きました。

ちらし鮨セット
c0181142_2053421.jpg

さしみセット
c0181142_2046393.jpg

無理やり夜メニューから単品をチョイス。中トロもありました!旨い!
(頼んだのはこれだけではありませんよ---)
c0181142_2046352.jpg

店内はミラノ在住と思われる日本人で満席。昼でも予約必須です。
日本人の定員さんの気さくなサービスが、プチ帰国を思わせるほっとしたひとときです。

いや-、食い貯めとはこのこと。お腹満杯でこんな感じです。
c0181142_20551010.jpg

(↑レストランの近くにあった、全く関係ない広告ですよ。念のため)
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-10-24 20:58 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)
<< ミラノお気に入りバール Gia... 小さな教会でワニのモチーフ  >>