<< イスキア古代ローマ時代からの源... ニョッキに根菜類のソース >>

イタリア ギャンブル事情

私は父の影響で無類のギャンブル好き。小さい頃から学校で、男子と唯一競馬の話しが出来る女子でした。

といっても、程ほどにするのが、私のモットー。

儲けようと思ったとたんに、勝てなくなります。勝負だけにこだわり、倍率がよければラッキーと考えなければなりません。ギャンブルはあくまでも遊びです。

イタリアでも経済難から、宝くじやスクラッチカードをみんな買いまくります。なんとイタリアにおける一人当たりの賭け金は世界一だとかで。。

個人的には単なる運任せのスクラッチカードやナンバーを当てる SuperEnalottoよりも自分でよくよく考えてから賭けたいところ。

なもんで、たまーにワールドカップサッカー、EUROサッカーなどお祭りごとのスポーツに賭けてます。
先日チャンピオンリーグの予選試合を観てて、あ!『買わねば』と思い立ち、早速地元の賭け事サロンへ。いそいそと出かけました。

中に居るのはもちろん全員、男性。。でももちろん窓口は全員ラガッツァ(女の子たち)。日本の競馬場でも同じ光景ですよね。
サッカーだけではなく、競馬、バスケット、バレーボールなど、もろもろのスポーツに1ユーロから賭けることができます。

賭け事サロンはいくつかチェーン店展開してますけど、地元にはsnaiがあります。
c0181142_0125714.jpg

さすがに店内写真を撮るのはご法度なんで、表の写真だけ。

これが倍率表。この中のあるチームに10ユーロ賭けました。(公言すると勝てないジンクスがあるんで、後でご報告するとして。。。)。
c0181142_0143179.jpg


倍率の低いチームから順番にリストアップすると。。。

Bayern 3.25倍, Barcellona 5.0倍, real Madrid 5.5倍, Chelsea 14.0倍, PSG 14.0倍, Dortmund 14.0倍, Manchester city 14.0倍, Altetico Madrid 16.0倍, Manchester UTD 18.0倍, Arsenal 20.0倍, AC Milan 35.0倍, Leverkusen 125.0倍, Galatasaray 150.0倍, Schalke 04 200.0倍, Zenit 200.0倍, Olympiacos 300.0倍 ....

もちろん、時間が経つにつれて倍率は変化します。

2月中旬からチャンピオンズリーグ8強決勝リーグが始まるんで、乞うご期待!
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-12-25 00:26 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)
<< イスキア古代ローマ時代からの源... ニョッキに根菜類のソース >>