<< ワールドカップ2014のCM オールバックが好きかも >>

ギリシャ語だったアスパラガス

旬野菜のひとつ、アスパラガス。
ずっとasparagi bianchi (白アスパラ)が食べたくて、たまたまスーパーで見つけて購入。ふつうのアスパラガスより3割くらいお高め。イタリアではべネト州のVicenza地方やトレント等が有名な産地。
c0181142_05481132.jpg
アスパラガスの名前はギリシャ語のAspargòs=幹、足に由来します。なんと起源はチグリスユーフラテス流域で4000年前のメソポタミア文明ですでに栽培が始まったと。そんなに歴史深い野菜だと思ってみませんでした。その後ギリシャへ広がったらしいです。

残っている一番古い文献は紀元前300年にテオフラストス著『植物の歴史』だそうで、その1世紀後カトが
『農業論』で記した後、その薬効なんかも認められて古代ローマ時代に一般的になったと言われてます。15世紀頃フランスに、16世紀にはイギリス、そして北米へと渡っていったようです。

↓土の中で埋まってる部分を刈り取るんで、白いままなんですよ。
c0181142_05325519.jpg
↓育つとこんな葉が生えます。
c0181142_04593210.jpg
そんでもって、食べ方ですけど。。。

料理本に載ってたレシピを再現。
まず、15分ほど下湯でし、3本ずつスカモルツァチーズの薄切りとスペックを巻いて、オーブン皿に並べてゆきます。別フライパンに40gくらいのバターを溶かし、そこにセージの葉を2,3枚加え火を止めます。それをさっき並べたアスパラガスにかけて200℃に熱したオーブンで10分。
c0181142_06032127.jpg
スペックがこんがり焼けたら出来上がり。
c0181142_06034004.jpg
チーズがとろんと溶けて、スペックの香ばしさと、白アスパラのほんのりした甘みが程よくマッチ。

もちろん、白をフツーのアスパラガスに、チーズはとろけるチーズ、スペックは
ベーコンで応用できまーす。



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-04-30 06:07 | 気になる食材 | Comments(0)
<< ワールドカップ2014のCM オールバックが好きかも >>