<< イタリア式ミカンの包み紙 プーリアからの土産物その2 >>

ルッカの城壁

2014年 夏休みの話 =ルッカ編=

なんだか夏休みのネタがたまりにたまって、なかなか進みません。ボチボチ更新します。。

ルッカへ行って、今回気づいたことといえば、城壁の幅が広いこと!!
c0181142_20403957.jpg
元々の城壁は紀元前180年頃、古代ローマ時代に作られ、今もその一部が残されていますけど、殆どの部分は1504年から1648年にかけて建設されたといいます。当時なかった新しい技術を屈したので膨大な時間がかかった様子。その後1800年代に今のような遊歩道が設備され、いまは市民の憩いの場所となったわけ。
c0181142_23553476.jpg
上から見るこんな感じ。自電車でも通れるんですよ。周囲約4キロでジョギングコースにも最適。

c0181142_23533613.jpg
なんかちょっと、函館の五稜郭を思い出しますよね。


c0181142_23555439.jpg
チェントロに通じる各ポルタ(門)の上にはいくつかバールなんかもあって、くつろげます。

c0181142_05274896.jpg
↑四角で囲んだ部分が古代ローマ時代に作られた部分です。
Santa maria della rosa 教会などで遺構を見ることができます。

c0181142_20413392.jpg
柵もなんにもないんで、ゴン太が下に落ちるんじゃないかってちょっとハラハラ。

c0181142_20393368.jpg
こちら↑チェントロにある『Chiesa di San Michele in Foro』8世紀に古代ローマのフォロの中心に建てられたのでFOROの名前がついてます。周りで遺跡の発掘作業をしてました。
c0181142_20384331.jpg
ファザードを真横からみるとこんな感じ。大天使ミカエルがテッペンにいます。



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-23 20:55 | イタリアの小さな街 | Comments(0)
<< イタリア式ミカンの包み紙 プーリアからの土産物その2 >>