<< アンティパスト テンコ盛り イタリア式ザクロの食べ方 >>

イモラで旨い黒いピアディーナ

イモラは我が家からだとボローニャへ行くよりも近いんで、割とチョクチョク行く感じ。お昼時間だから、軽めにピアディーナでも、と探した店。オステリア『Calma e Gesso』

ピアディーナとはエミリアロマーニャ州でも、ロマーニャ側(実際にエミリアロマーニャ州はエミリアとロマーニャに分かれており、お互いの敵対意識が強いんです。特にエミリア側からの。で、ふたつの堺はカステルサンピエトロピエトロを流れるSillaro川なので、うちの街を越え東へ進むと、直ぐそこはロマーニャ側になるわけ。)のローカルフード。

で、肝心のピアディーナですけど、小麦、オリーブオイル、塩と水を合わせた生地を、鉄板などに薄く拡げて、焼いたトルティーヤの小麦粉版みたいなもの。ロマーニャ地方ではパン代わりにサ-ブされたり、ピアディーナ小屋(chiosco di piadina) があったりして、プロッシュートや柔らかいチーズなんかを挟んでさくっと戴きます。(個人的にはそれほどそそられないんですけどねぇ)、ま、ストリートフードが少ないイタリアでは、数少ないチョイスの1つかなぁ。

c0181142_21555175.jpg
↑ これが一般的なピアディーナ小屋。青か緑と白のスプライトが目印。

c0181142_07170935.jpg
↑ 今回行ったのはオステリア『Calma e Gesso』


c0181142_07132583.jpg
c0181142_07135122.jpg
オレンジ色の店内に映えるアンティーク広告ポスターが一杯。


c0181142_07141690.jpg
Pioppini キノコのgramigna pasta

c0181142_07144084.jpg
ダニはトリッパの煮込み。(この辺じゃ珍しいんです)。


c0181142_07125804.jpg
これが噂のピアディーナ。可愛く、篩に入ってサーブ。
黒いのはここのオリジナルで胡桃の果肉部分(mallo di noce)↓を乾燥させて挽いて粉にし、生地に使ったそうです。香ばしい香りでなかなかのお味。カメリエラが熱心に教えてくれました。
c0181142_07034123.jpg

c0181142_07150750.jpg
ドルチェにはマスカルポーネ。


c0181142_07154080.jpg
ピスタチオのセミフレッド。

c0181142_07161100.jpg
c0181142_07164128.jpg
季節ながらのキュートなシュガー付きのエスプレッソ。あまりの可愛さに破るのが勿体なかったですよ〜。

席数5つの小さいけどハートフルな定食屋って感じでした。

『Calma e Gesso』
Via Venezia, 7, Imola BO
Tel. 0542 850709


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-13 07:08 | レストラン | Comments(0)
<< アンティパスト テンコ盛り イタリア式ザクロの食べ方 >>