<< ローマ人お薦めLe Domu... グアンチャーレ >>

2015年元旦はソフィアローレンのナポリ弁

謹賀新年明けましておめでとうございます。

今年は地味に自宅でまったり寝正月。食う寝る状態を続けてます。

そして思いっきりテレビッ子。

たまたまテレビでやってた 古いイタリア映画を観ました。『matrimonio a la Italiana』ソフィアローレンとマストロヤンニの1960年代のナポリを舞台にした物語。
古いイタリア映画はその当時の街の面影を垣間見ることができるので、好んで観ます。

話の内容は女たらしのマストロヤンニとの複雑な20年間の関係を描いたもの。現実的なテーマで今も昔も男女の関係は変わらないもんだと実感。それほど心打つ物語ではないのだけど、ソフィアローレンがとにかく爽快でマストロヤンニをナポリ弁で罵倒するシーンは痛快。

c0181142_03353509.jpg
c0181142_03034421.jpg
c0181142_03041320.jpg
この映画の中での売春婦ルックは当時のLIFE誌の表紙を飾りました。


彼女はローマで生まれたけど、ナポリ人の母親の関係で幼少の頃はナポリの郊外ポッツォーリで過ごしました。カルチョのチーム、ナポリの熱血サポーターでもあります。

去年2014年に満80歳を迎えて、またナポリが舞台で、実の息子Edoardo Ponti 監督のショート映画に出演してます。『ナポリは私の青春のすべて、そこに息子とこうやって居れるなんて。』と感極まりながらコメント。
c0181142_03181645.jpg
Copyright Divisione La Repubblica Gruppo Espresso Spa

ナポリを舞台にした彼女の映画は他にもあるんで、じっくり観て見たいな〜。
c0181142_07424608.jpg
1971年には料理好きが講じて、思い出のナポリ料理本を出版。当時にしては珍しく、かなり売れたそうです。

妖艶でダイナミック。素敵な女性です。いつまでも元気でいてほしい。


それにしても、こんなダラダラ寝正月。久しぶりです。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-01-01 11:39 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)
<< ローマ人お薦めLe Domu... グアンチャーレ >>