<< めくるめくTSUBAKIの世界 初めてのスイス >>

Locarno 椿祭り since 1920

スイスのカルフォル二ア(笑)と呼ばれるロカルノは年間平均気温が11.8℃、年間平均降水量1800mm、冬でも零度以下にならず、温暖多雨な気候。植物が良く育ち、中でも椿の発育に適しているということで、1920年代より国際的な椿祭りが開催され始めたとのこと。会場は湖畔近くの植物園『Parco botanico delle Isole di Brissago』と近年ではカステッロ『Castello Visconteo』内でも花の展示会が行われてます。まずはそのカステッロへ入場。

13世紀頃マッジョーレ湖を領地としていたミラノのヴィスコンティ家によって建設。
c0181142_14475732.jpg
なかなか素敵なウェルカム椿。
c0181142_14490247.jpg

城内は椿の花のアレンジメントはもとより、品種別に飾ってあって投票でその年の大賞を決定します。
c0181142_14503053.jpg
c0181142_14515431.jpg
c0181142_14533369.jpg
室内にも椿の花の絵をモチーフにした個人の展覧会も合わせて楽しめる仕組み。
c0181142_04503299.jpg

c0181142_04532799.jpg

室内にも椿の花の絵をモチーフにした個人の展覧会も合わせて楽しめる仕組み。
c0181142_05041430.jpg
c0181142_04555761.jpg

椿の育て方も懇切丁寧に解説。
c0181142_04493864.jpg
c0181142_04555761.jpg
c0181142_04570744.jpg
c0181142_04581923.jpg
個人的に気に入ったのは、古城の隅々に椿の花をポイントにあしらってるとこと。
c0181142_04593301.jpg
c0181142_05001495.jpg
c0181142_04292849.jpg
この自然光でくっきり鮮やかに見えるでしょう。
c0181142_05012852.jpg
c0181142_05023881.jpg
肝心の椿の花の品種は次のブログで。

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-05-07 14:44 | イタリア以外の外国 | Comments(0)
<< めくるめくTSUBAKIの世界 初めてのスイス >>