<< こんなパルミジャーノレッジァーノ 苦手な『チッチョリ』 >>

黄色いソーセージ

豚の収穫祭の続きです。

苦手なチッチョリの向こう側で、豚肉の直売をしてました。豚足、グアンチャーレ(頰肉)、スネ肉、尻尾、皮。。。などなど。
最終的に頰肉を購入。
c0181142_06331104.jpeg
奥ではソーセージつくりに勤しんで。手前の白いのはサラミ。
c0181142_06342574.jpeg
これが噂の Sarscicia gialla (黄色いソーセージ)。と言っても、黄色いのはサフラン。
人工着色料なんて使ってませんよ。(イタリア語でソーセージのことをサルシッチャといいます)
c0181142_06365299.jpeg
これもイベントのひとつで無料提供の大盤振る舞い。
c0181142_06372195.jpeg
お味はとても上品。肉肉した感じはなく、スパイスがほのかに効いて、サフランが良いアクセントに。
c0181142_06402651.jpeg
実はこのサルシッチャ、昔からモデナに伝わる伝統的な料理で1821年を最後に姿を消したと言われ、ガストロノミージャーナリスト、
Andrea Guolo 氏によって書かれた著作 『la cucina ritrovata』をもとに蘇った料理。
また、この街Campogalliano、Restrante Laghi のシェフが作りかたを再現し特許申請したというもの。(彼のレストランでしか味わえないらしいです)。このサルシッチャを使ったラグーのタリアテッレもあるとかで、機会があればRestrante Laghi に行ってみたい感じ。
サルシッチャの原材料は、豚肉、サフラン、しょうが、シナモン、クローブ、パルミッジャーノレッジャーノ、黒コショウ、塩。
サフランをはじめ、その時代スパイスは大変高価なものだったので、プレミアムソーセージだったわけ。

こうやって失われていた料理が何かのきっかけで蘇るのって、すっごく興味深い。

日本にも『醍醐』とか昔テレビで見て、『へぇー』って思ったけど、きっとたくさんあるんでしょうね。

c0181142_06483725.gif
『Restrante Laghi』
Via Albone, 27, 41011 Campogalliano MO
Tel.059-526988


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-01 06:27 | 気になる食材 | Comments(0)
<< こんなパルミジャーノレッジァーノ 苦手な『チッチョリ』 >>