<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

モッツァレラは直販店に限る

2014年 夏休みの話し =ナポリ編=


以前イスキアへ島の帰りにナポリでモッツァレラを購入して帰ろうと思って、高速道路のサービスエリアでモッツァレラがあるかチェックしたら、異常に高くて諦めてたところ、『この先の高速出口Caserta Nordで直売してます』の看板あり↓。速攻降りたら、0分の所にみっけました‼️
c0181142_03423845.jpg
c0181142_03442967.jpg
その名も『Caseificio Sagliocco』。ほんとに出口から0分なんで、皆車で立ち寄ります。Caseificio とは直訳すると乳製品だけど、主に乳を原料としたチーズなどを売る直販店。
c0181142_03450600.jpg
Mozzarella di buffala(がメインなので、もちろん水牛乳を使ったその他のチーズも品揃え豊富。さすが直販、安い。 
c0181142_03432183.jpg
中には、水牛の黒色を使ったチーズも。(もちろん自然な色素をつかっているそうで。。)

c0181142_03430423.jpg
直ぐにその場で頂くことも出来ますよ。思いっきり新鮮ファーストフード。安いんでまとめ買いして、ナポリの宿にテイクアウトしました!!

『Caseificio Sagliocco』
Via Caduti sul Lavoro, 81022 Casagiove CE
Tel. 0823 170 7051

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-27 08:00 | 気になる食材 | Comments(0)

駆け足Pisa観光


2014年 夏休み=ピサ編=

ルッカの後に、ちらっとピサへ立ち寄りました。その日のうちにナポリへ到着しなければならなかったんで、午前中だけサクッと観光。

私以外皆ピサが初めてだったんで、有名な『Piazza dei miracoli』だけ。

それにしても午前中で、観光客でいっぱい。中国人や韓国人が異常に多かった。昔は東洋人は日本人しかいなかったけどねぇ。

それでも快晴だったし、やっぱりそれぞれ美しい~。

その中でも、Battistero(礼拝堂)は一番好き。バッチチョコに形が似ててキュート。建設は12世紀の半ばから始まって、完成までなんと約200年かかってます。
c0181142_07374315.jpg
c0181142_07473885.jpg
こちらバッチチョコ↑似てると思うの私だけかな。
c0181142_06314436.jpg
八角形の内部も美しい。
c0181142_06321975.jpg
二階へ上がった窓からのドーモの眺め。影に皆んな集中してるでしょ?芝生の上も気もしいんだけど、何せ暑くて。

c0181142_07385118.jpg
夜も実はいいんですよ。しかし観光客ウジャウジャでした。
足早に立ち去りましたよ〜。

ピサは歴史深いし、もっと街も見所があるんですけど、また今度!





しっかし、8月19日で暑かったぁ。

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-25 05:43 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

イタリア式ミカンの包み紙

弊社の社食にマンダリーノ(マンダリンミカン)とかキャベツとかが出始めると、あ、冬がやってくるなぁって思うんですよ。

c0181142_01212145.jpg
で、今日のマンダリンにちょっとびっくり。
c0181142_01225781.jpg
昔から、紙で包まれたみかんが理由もなしに好きなんですけど。
こんな紙のくるみ方は初めて。
なんか羊みたい?イタリア人がひとつひとつこうやって、包むのかなぁ。
c0181142_01233959.jpg
Sinfonia(シンフォニー)ってかかれた音楽風の模様も不思議。

誰のデザインなのかねぇ。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-24 20:55 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

ルッカの城壁

2014年 夏休みの話 =ルッカ編=

なんだか夏休みのネタがたまりにたまって、なかなか進みません。ボチボチ更新します。。

ルッカへ行って、今回気づいたことといえば、城壁の幅が広いこと!!
c0181142_20403957.jpg
元々の城壁は紀元前180年頃、古代ローマ時代に作られ、今もその一部が残されていますけど、殆どの部分は1504年から1648年にかけて建設されたといいます。当時なかった新しい技術を屈したので膨大な時間がかかった様子。その後1800年代に今のような遊歩道が設備され、いまは市民の憩いの場所となったわけ。
c0181142_23553476.jpg
上から見るこんな感じ。自電車でも通れるんですよ。周囲約4キロでジョギングコースにも最適。

c0181142_23533613.jpg
なんかちょっと、函館の五稜郭を思い出しますよね。


c0181142_23555439.jpg
チェントロに通じる各ポルタ(門)の上にはいくつかバールなんかもあって、くつろげます。

c0181142_05274896.jpg
↑四角で囲んだ部分が古代ローマ時代に作られた部分です。
Santa maria della rosa 教会などで遺構を見ることができます。

c0181142_20413392.jpg
柵もなんにもないんで、ゴン太が下に落ちるんじゃないかってちょっとハラハラ。

c0181142_20393368.jpg
こちら↑チェントロにある『Chiesa di San Michele in Foro』8世紀に古代ローマのフォロの中心に建てられたのでFOROの名前がついてます。周りで遺跡の発掘作業をしてました。
c0181142_20384331.jpg
ファザードを真横からみるとこんな感じ。大天使ミカエルがテッペンにいます。



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-23 20:55 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

プーリアからの土産物その2

先日、ダニのノンナの90歳の誕生日にプーリアへ行き、

いくつか持ち帰ったもの。。。

以前、プーリアからの土産物(過去記事)で紹介しましたけど、普段なかなか手に入らないものを持って帰りたいのが心情。

『テンコ盛りのサボテン』

c0181142_21035396.jpg
c0181142_21055150.jpg
c0181142_21083435.jpg
南イタリアは各家庭でいろいろな種類のサボテンを鉢植えにして楽しむことが多いんで、

知り合いのところから、カケラをもらってはそれを増やしたりするんだけど、

今回もいくつか(!? )カケラを譲ってもらいましたよ。ゆくゆくサボテンについてはゆっくり書きます。

『ファッジョーリーニ』

いわゆるインゲン豆だけど、ボローニャ周辺では手に入らない、プーリア産特有の種類。

c0181142_21103290.jpg
パスタと一緒に茹でて、ニンニクを入れたトマトソースと頂きます。細身なのでロングパスタと良く

絡んで、それはそれは素朴で美味しい。で、カーチョリコッタを振りかけていただくわけだけど、それまた格別。
個人的にも大好きな一品です。

c0181142_21130680.jpg
c0181142_21144750.jpg
カーチョリコッタチーズ。プーリア料理には必須。これがあると料理の幅が広がります。

普通のインゲンより固めなんで、かなり時間をかけてゆでないとダメ。(日本人の倍以上、茹でるのに時間をかけるイタリア人だから、
このインゲンなんか、普通の3倍くらいかけるかも。)


『オリーべ ドルチェ』
c0181142_21170535.jpg
プーリアはイタリア最大のオリーブの産地。オリーブオイル用のオリーブとそのまま食べる用のオリーブは種類が違うんだけど、たまーに農家でオイル用の生オリーブに塩をかけ、2日くらい室温でおいておいて、おつまみにすることがあるんだとか。

水っぽくてプニョプニョしてるのを頂きます。市場には出ない希少なフレッシュならではの食べ方。





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-19 20:40 | プーリア | Comments(0)

キウイ王国イタリア

こっちに住むようになって、知ったんだけど、なんとイタリアは世界でも有数のキウイの産地だったんですよ。1位は原産国の中国でイタリアはニュージーランドを抜いて堂々2位。この果物は原産が中国。。。

イタリアにはニュージーランドから1962年にやって来て、ラッツォ、ピエモンテ、エミリアロマーニャ、ヴェネト州で栽培が盛んになったそうです。

だからと言ってイタリア人がメチャクチャ食べてるわけでもなく、輸出が多いらしい。
c0181142_06472496.jpg
キウイの花。(サイトから抜粋)

よく行く『la casa del fume』の近くにもキウイ畑があって、最近行ったら 丁度なりごろ。
c0181142_06485516.jpg
c0181142_06501071.jpg
鈴なりですよ。
c0181142_06523620.jpg
c0181142_06540281.jpg
c0181142_06551962.jpg
市場では1kg⒈5ユーロ位で ニュージーランドものは4ユーロ。それでもわざわざニュージーランドものを輸入するのって どうしてなんだろう。やっぱ政治絡みかな。

[PR]
by jonetsu-italia | 2014-10-18 06:25 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

車に乗る前に自然アート

最近、めっきり秋めいて、車にも朝結露がつくようになりました。

で、いつものように車に乗ろうと思ったら、何かちょっと違う感じ。。
c0181142_20554818.jpg
窓に幾何学模様を発見。
c0181142_20542441.jpg
なんでこんな模様が。。。
c0181142_20550188.jpg
よーく見ると、カタツムリの赤ちゃんが通った道でした。


アートの秋を感じますな。




[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-16 20:45 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

穴場のサンマリノで白トリュフとポルチーニ

15年くらい前に雑誌フィガロで見つけたサンマリノの白トリュフを食べさせる店『Ristorante 2 archi』お気に入りの店で、季節になる度に何度か行ってるんだけど、今回予約の電話をすると、店の修理で休業中で、姉妹店で同じサービスをしてるとのことで、ランチにトライすることに。

サンマリノの税関の近くで、カーナビを付けたにもかかわらず、非常に分かりにくく電話をしたら、なんと車で御主人が迎えに来てくれました。2年前にゴン太がまだ3ヶ月くらいの頃行ったのを覚えていてくれてたのにはビックリ。日本人と日本犬の組合わせは覚えやすいか。。お客が居なくて暇なのかな?
グングン住宅街へ入って行き、見つかりました。その名も『ristorante 5 vie』<店内は客一組。そんなことはお構えなし。
c0181142_06143627.jpg
ドーンと広がるパノラマヴューに席を取って、白トリュフとポルチーニ三昧の始まり始まり。
c0181142_05380492.jpg
まずは生のポルチーニのサラダ。パルミッジャーノのスライスがかかってます。
c0181142_05442712.jpg
これがアッペンニン山脈で採れた白トリュフ。今年は豊作らしいです。
c0181142_05432433.jpg

こうやって御主人がシャカシャカとフリッタティーナ(スクランブルエッグ)にふんだんにかけてくれます。
c0181142_05542435.jpg
1番シンプルな食べ方だけどバツグンに美味
c0181142_05563432.jpg
タリオリー二にもシャカシャカ。
c0181142_06074122.jpg
セコンドにはポルチーニのフライと姿焼き。子牛のスカロッピーネのポルチーニ和えと白トリュフ載せ。これでもかの大皿盛りですよ。
c0181142_06063228.jpg

c0181142_06084800.jpg

c0181142_06100699.jpg
なんだかんだとドルチェもシッカリ。
c0181142_06112093.jpg

c0181142_06123004.jpg
4人でシッカリ食べて、ワインも飲んで1人40ユーロでした。断然安いと思うなぁ。

サンマリノで白トリュフ。穴場です。

『Ristorante 5 Vie 』
Via Le Creta Falciano, Serravalle (RSM)
Tel. e Fax: +378 0549 905658









[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-13 06:42 | レストラン | Comments(0)

ラヴェンナのOsteria del tempo perso

日曜日の夜は鬼門なんです。夕食に行きたくてもほとんどの店が休みで。。。
と、車で40分くらいで行けるラヴェンナへ食事をしに行きました。
見つけたのは「Osteria del tempo perso」
c0181142_05145895.jpg
写真が暗くてすみません
c0181142_05182082.jpg
タコのカルパッチョ。生が良かったなぁ~。ボイルでした。

c0181142_07470028.jpg
子牛のローストビーフツナソース

c0181142_05220304.jpg
このエビにほっそいパスタを巻いてサクッと揚げたものも食感が楽しめて非常に美味しかった。下に引いたRiso Venere の茹で加減も抜群。硬くなりがちなんだけどね。

c0181142_05314192.jpg
スパゲットー二のボンゴレ。

c0181142_05351948.jpg
蟹のタリオリーニ

c0181142_07471352.jpg
Cappelletti della traduzione al ragù ラヴェンナ名物のプリモでslow food にも認定されてます。

c0181142_05460097.jpg
鴨肉の赤ワイン煮

c0181142_07375826.jpg
オマール海老のグラティナータ

勢い余って頼みすぎちゃって、ドルチェにたどり着かなかったです。
c0181142_05543881.jpg
Slow Food に認定されてるcappelletti がRomagna州で一番美味しいとメディアに掲載されたみたい。


感じのいいシェフが最後に我々が頼んだメニューをなんと、全部覚え書きしてくれました。
c0181142_05541393.jpg
こじんまりしていて、サービスもいいし、斬新なメニューもポイント高し。また来ます。









[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-11 05:07 | レストラン | Comments(0)

ゴン太柴犬に遭遇@Lucca

夏休みの話はまだまだ続きます。トスカーナのLuccaへ行ったんですけど、広場でコッチをずっとガン見してる犬を連れたラガッツォがいて、よく見ると なんと柴犬。
c0181142_07492746.jpg
お互いにマスキオ(雄)ということで、微妙な距離を保ちつつ。。。

c0181142_07504851.jpg

c0181142_07523310.jpg
チョット、色味がミックス。1歳半だけどやけに大人っぽい。ゴン太がベビーフェイスだとも言えるかも。。。

c0181142_07534027.jpg
ゴン太全く興味をそそらず。。

結構イタリアでも柴犬浸透し始めてるのかなぁ〜。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-10-10 10:40 | ヴァカンス | Comments(0)