<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アドリア海で即席潮干狩り

チェゼナーティコはヨット族にとっては割と有名で、ハーバーもあれば、ビーチもあります。運河もあるんで小樽と逗子マリーナを一緒にした感じかな。

ビーチといっても、イタリアでは大したことはありません。黒砂で透明度もさほど。。

それでもエミリアロマーニャ州に住んでいるものとしては、最寄の海ってことで、潮風にあたったり海の香をかいだりするにはアドリア海側に行くのが手っ取り早いわけで。

この日は太陽も出てなくて、どんよりグレー色。
c0181142_09120909.jpg
それでもゴンタが喜ぶんで、砂浜へ。。。

c0181142_07422934.jpg
ダニが他の犬と戯れてる最中に私はすたこらと、波打ち際へ。。。

c0181142_09132414.jpg
潮が引いた所にポツポツと、何やら居る様子。
c0181142_09125340.jpg
c0181142_09142011.jpg
c0181142_09145458.jpg
それは確かに貝です。近所のシニョーラが『こんなにゴロゴロしてるのはめずらしいのよ〜。いい出汁が出るからね。』と拾い初めて、私も便乗。入れ物がなかったから、ゴンタの用足し袋をシニョーラにもお裾分け。

中には赤貝もどきも。。

c0181142_09152864.jpg
c0181142_09160565.jpg
ゴン太はお気に入りのミニビーグルの仔犬といつまでも遊んでました。
c0181142_09170494.jpg
2日間、完璧に塩出しした後で、美味しくいただいきましたよ〜。

c0181142_09190206.jpg
調べたけど、貝の名前は解らずじまい。ま、いっか。




[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-26 22:23 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

洒落たバールでザクロのスプレムータ

チェゼナーティコの続き。。

イタリアは公衆便所というものがなかなかないもんで、散歩途中にトイレに行きたくなったら、バールに入るしかないんです。

今日も二軒バールに入りましたよ。

そのうちの1軒がなかなか素敵😀
c0181142_05593705.jpg
c0181142_06002985.jpg
船の底をイメージしたインテリア。ランプが貝の形してます。

c0181142_06040866.jpg
カウンターの下のは溢れんばかりの魚。

c0181142_06015237.jpg
奥の部屋も船の中をモチーフにしてありました。

私はメノグラーノ(ザクロ)のスプレムータ(フレッシュジュース)をチョイス。
c0181142_06050598.jpg
ザクロを搾るって、あんまりイメージつかないけど、半分にカットして、搾り器でグイグイ搾るんです。カスがちょっと入っても、御構いなし。実に深い味わい。美味しんですよ。
c0181142_06055348.jpg
ちょうどハッピーアワーだったから、こうやって、おつまみもサービス。
c0181142_06271370.jpg
バールから出ると、クリスマスツリーに職人さんがライトをつけてました。

あっという間に、巷はクリスマスですよ。






[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-23 19:17 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

チェゼナーティコで激安ランチ

久々にチェゼナーティコに魚を食べに行ってきました。

会社の同僚に安くて美味いと勧められたのがここ『Da Quei Ragazzini』

c0181142_06141557.jpg
メチャクチャカジュアルな店内。

c0181142_06154812.jpg
私が頼んだのは、アンティパスト2品とプリモの€19のセットメニュー。青魚のマリネの盛り合わせ。

ダニはアンティパスト2品、プリモのビス(2種類を一皿に盛り合わせたもの)、セコンド、ドルチェのセット。なんと€19,90。

c0181142_06163115.jpg
カルパッチョの盛り合わせ。スモークのカジキ、タコなど。

c0181142_06172916.jpg
魚介類のヴェルタータ(クリームスープ)。貝類をローリエ、ニンニクの香草で炒めてブロードを作り、カボチャ、トマトを煮込んで裏ごしにしてクリーム状にしたものを加えた1品。味見したら、美味しかった!

c0181142_06180027.jpg
コッツェ、ボンゴレの酒蒸し。

c0181142_06185562.jpg
魚介類のリゾット、ボンゴレとポルチーニのストロッツィアプレティー。

c0181142_06195729.jpg
パッサテッリ(パン粉、卵、パルミジャーノチーズを練って、ポテト潰し機で押し出し、茹でたもの。)と魚介類のソース。結構なボリュームでチョット重かった。

c0181142_06203378.jpg
平目のムニエル、魚介類のフリット、野菜のソテー。
c0181142_06225339.jpg
ホームメードのチーズケーキ。さっぱりして美味しかったですよ。

  1. これだけ食べて、ワイン1本、コーヒー2杯、2人で€55。安ッ!リピート間違いなし!

    Da Quei Ragazzi
  2. Viale Magrini, 20/a, 47042 Cesenatico FC

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-22 06:08 | レストラン | Comments(0)

アンティークのお弁当箱

『くるみ割り』を買ったアンティーク市場で見かけた面白いもの載せるの忘れてました。

年代はいつの物か定かじゃないんですけど、お弁当箱です。

c0181142_04041360.jpg
c0181142_05374893.jpg
↑コチラ、現在の保温性の日本のお弁当箱。何年たっても、構造は似てます。

イタリアだから、パンとかチーズ、入れるものは違ったんでしょうね〜。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-17 04:03 | 気になるグッズ | Comments(0)

ガテンな農業フェア

イタリアは世界でも有数の農業王国。

ボローニャでガーデニングと農業一般のインターナショナルフェアが開催されてたんで行ってみました。と言っても、プロのファーマー対象なんで、かなり、真剣な内容。かわいく園芸グッズが並んでるのかと思ったら、ドーンとトラクターとか収穫マシーンとか、まさにガテンな展示会。
c0181142_05472159.jpg
展内はものすごい迫力。
c0181142_05373669.jpg
ほんのちょっとですけどね、ガーデニングコーナーも一応特設でありました。

『フルッティ アンティーキ』(古代のフルーツ達)
c0181142_05233250.jpg
リンゴのオリジナル種を扱う、苗屋さん。ひとくちにりんごと言っても、こんなにたっくさんあるんですねぇ。あくまでもオリジナル種ですよ。
c0181142_05250883.jpg

c0181142_05292208.jpg
イタリア竹園芸協会のブース。竹林も何気にブームの兆し。たけのこの写真もありました。イタリアでもたけのこが売り出される日を待ちますよ。
c0181142_05271372.jpg

c0181142_05302834.jpg

これは本物の芝生ですよ。
c0181142_05311404.jpg

c0181142_05315697.jpg

芝生のブース。↑これ、カイワレみたいでかわいいですよね。欲しい感じ。
c0181142_05324045.jpg

イタリアならではの野菜の種を扱うメーカーFranchi。紫バジリコとかありました。日本の紫蘇もあれば売れるかな。
自分ではバジリコジャポネーゼと命名してますけど。。

c0181142_05364153.jpg

スポーツカー型自動芝刈り機、充電式。便利そう。

c0181142_05385226.jpg

豚と牛のパロンチー二(風船)も1個1ユーロ。殆ど、屋根にへばりついてましたけど。

c0181142_05402309.jpg

ワインの運搬機の下でアコーディオンを弾くコンパニオン。

c0181142_05592673.jpg
イタリアならではのがこれ。オリーブ収穫機械類。
パラボラみたいなのを木の下に広げて、幹を揺さぶり、落ちたオリーブをいっぺんに集めて箱に入れる優れもの。
c0181142_06000957.jpg
c0181142_05481843.jpg
この自動車みたいのはとうもろこし収穫機。どでかいですね。

c0181142_05491615.jpg
こうやってみると、ミニカーみたいですけどね。

c0181142_05555311.jpg
c0181142_05552657.jpg

こんなところに、Made in Japan。イセキのブースも見つけました。加山雄三さんのコマーシャルだよね。たしか。機械は進歩してました。

c0181142_06015809.jpg
農業機が前身のあのスーパーカーでお馴染みのランボルギーニ社も‼️チェーンソーがゴッソリ。
やっぱ、モーターが要なんですね。

見知らぬ世界。楽しかったですよ。農作物が違うと、こうも違うんですね。





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-15 08:10 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

アンティークのくるみ割り

『schiaccianoci』(くるみ割り)のことです。

冬場のイタリアではフルッタセッキと呼ばれ、くるみ、ピーナッツ、ヘーゼルナッツとかナッツ類を食べることが異常に多くて、みかん類とセットで、食後には欠かせないもの。
c0181142_07023619.jpg
c0181142_07030858.jpg

いろんな種類がありますよ。

今まで使ってたIKEAのくるみ割りが使いにくくてうんざり気味だったんで
久しぶりに月に一度の近くのアンティーク市場に探しに行きました。

1800年代のを見つけましたよ。
c0181142_05011113.jpg
クルリと反対側に回転し、大小2種類の大きさが選べて便利。
大きい方はくるみ、小さい方はヘーゼルナッツとかね。
c0181142_04584212.jpg
最近ではめずらしい鉄製でしなやかで使い勝手もバツグン。
固すぎると、しならないので握力をかなり使うんで、疲れるんです。
15€だったけど、長く使えそう。👍







[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-14 21:50 | 気になるグッズ | Comments(0)

大盛況 白トリュフ祭


『la casa del fume 』に行った時、おしゃべりした家族から得た耳寄り情報。

サンマリノの裏にあるパエジーノ(小さな街)、Sant'Agata fertlia で白トリュフのサグラ(収穫祭)をやってて是非お勧めだと。。。

今年で第30回を数え、正式には『インターナショナル 白トリュフ 展』と呼ばれた、知る人ぞ知るサグラ。

c0181142_06231466.jpg
チョット前ですけど行ってきました。高速道路出口Cesenaで降り、ローマへ向かう国道を約1時間。山間の街だけど、このサグラは有名らしく臨時の駐車場も満杯。

c0181142_05345344.jpg
マルケ州に位置します。
c0181142_05354048.jpg
c0181142_05363068.jpg
バンカーレ(屋台)でもトリュフ入りのパンやらキッシュなんかも。
c0181142_05371065.jpg
でも大きな食堂に、幾つか地元のトラットリアが出展。食券を買って各出店に列んでオーダーして持ち寄っていただきます。一皿一律€8。
c0181142_05380083.jpg
中にはこうやって日本みたいに見本を並べたりしてます。時間的にも大賑わいで、並びに並びましたよ。

c0181142_05390352.jpg
タリアテッレも良かったけど、先日サンマリノでガッツリ食べたんで、違うもの。黒トリュフの詰まったラビオリに白トリュフをシャカシャカと。
c0181142_05393286.jpg
クロスティーニの盛り合わせ。バターにトリュフが入ってたり、ポルチーニのパテも。
c0181142_05400631.jpg
イノシシのサルシッチャ(ソーセージ)を白インゲンとポルチーニで煮込んだもの。
c0181142_05404909.jpg
外にはチーズとかの出店。
c0181142_05420897.jpg
腹ごしらえが出来たところで、街中を散策。カタツムリの噴水。こういうの大好き。私のツボ
c0181142_05440271.jpg
ピアッツァにはメインイベントの白トリュフの屋台がズラリ。
c0181142_05445091.jpg
ずうっと上がっていくと、カステッロにたどり着きます。
c0181142_05462957.jpg
お決まりの犬仲間とのおしゃべり。
c0181142_05453846.jpg
小さい教会もあったし。

c0181142_05471822.jpg
パノラマをチョコっと楽しんで。
c0181142_05481811.jpg
いい感じに色づいた蔦の写真を撮ったり。
c0181142_05491876.jpg
帰りしなには、白トリュフご購入。
c0181142_05495323.jpg
10gで€20位だったと思います。質にもよるんで、均一ではないんです。
c0181142_05504182.jpg
これは400gくらいで€600だとか。実際安いのかもね。
c0181142_05511703.jpg
ジャンボポルチーニだってありました。ホンモノですよー。

しっかりオーガナイズされてて、なかなかいいサグラでした。大満足。

やっぱ情報は口コミに限るなぁ。



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-10 05:12 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

ラグジュアリーなポジターノの夜

2014年 夏休みの話し=ナポリ編=

行きたかった、エノテカが夏季休暇で、それじゃ、ドライブがてらにアマルフィ方面って見つけたのは、ポジターノの海岸沿いにある『La Taverna del Leone』1964年にオープンした、もともと家族経営のピッツェリアを息子夫婦の代になったところでエレガントに改装。
 
c0181142_01585609.jpg
c0181142_02170975.jpg
選んだワインは地元アマルフィのロゼ。
c0181142_01592115.jpg
ルビー色とはこの色のこと。

c0181142_01594951.jpg
アッサジーノ(先付け)に可愛いハート型のパニーノ。中身はルッコラとフレッシュトマト。

c0181142_02001497.jpg
ファッロのクスクスと野菜とガンベロロッソのサラダ

c0181142_02173734.jpg
本日の魚(カンパチ)のタルタル。ペペローニのソース。

c0181142_02191107.jpg
パンとトマトのカポナータ、シチリアのアンチョビー、セロリ、オリーブ入り。

c0181142_02183679.jpg
叔母と母親が頼んだ、これが絶品でしたよ〜。白インゲンと貝類のシチュー。緑色のはイタリアンパセリのペースト。

c0181142_02010418.jpg
パッケリと魚介類のラグー。

c0181142_02275449.jpg
タリオリーニ、ガンベロロッソとその卵、レモン風味。

c0181142_02015106.jpg
子牛のカルパッチョ。

c0181142_02013156.jpg
牛ヒレのジンガラ風。きゅうりに見えるのはズッキーニでした。
c0181142_02025773.jpg
なんと、調味類にわさびパウダー。
c0181142_02022669.jpg
お腹いっぱいで、ダニだけがドルチェ。
c0181142_02203498.jpg
オープンキッチンで厨房が見えるのもいいですね〜。

c0181142_02200211.jpg
美味しそーな、アンティパストとかコントルノがたっくさん。
c0181142_02180191.jpg
店内も落着いたリゾート風。

c0181142_02032726.jpg
家族経営でスタッフも感じいいし、料理も美味しく、ナポリから往復3時間でも価値アリ。ラグジュアリーな夜でございました。

La Taverna del Leone
Laurito 43, Positano, Italia

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-04 06:27 | レストラン | Comments(0)

搾り続けて73年

2014年 夏休みの話し =ナポリ編=

スカッパナポリを散策中喉が渇いたら、是非このシニョーラの居る、売店で スプレムータ ディ アランチャ(フレッシュオレンジジュース)を、是非注文すべし‼️

スカッパナポリのメインストリート、Via delle Tribunali をBellini広場から歩いて行き、2〜300m程行ったところの左側にひっそりとあります。

c0181142_08562289.jpg
吊るしたレモンとオレンジが目印。最近の飲料だってあります。
c0181142_08564614.jpg
年期の入った搾り器で約2個分(多分)のオレンジをその場でササッと搾ってくれます。一杯確か、2・5€。レモンもちょっとアクセントに加えてくれましたよ。
c0181142_08570761.jpg
なんと73年間もずっとここで搾ってるらしい。大理石も擦れて減ってるのにもビックリ。

いつまでも元気で搾り続けて欲しいもの。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-03 08:43 | 気になる食材 | Comments(0)

ナポリの好きな宿 B&B della Palma

2014年 夏休みの話し =ナポリ編=

5年程前にたまたま見つけて泊まったB&B。場所も小洒落たブティック街に近く、かといって観光地の中心でもないけど、交通至便な場所にあるんで◎。部屋は4つしかないこじんまりとしたところも好き。若いカップルで経営していて、感じもいいし、ゴン太もok!
c0181142_07523519.jpg
これまた前回見つけたお気に入りのエノテカが偶然にも同じ通りにあって、嬉しい限り。でも今回の8月はエノテカ休みでした〜。逆に8月は路駐していても、車上荒らしにあいにくいとオーナーからの助言で、宿の下に3泊路駐出来たけどね。

我々の泊まった部屋は一番奥で、窓から路地裏が見えます。近所のおっちゃんとかおばちゃんのおしゃべりがまる聞こえ。3日目の朝、少年が階段を上がりながら、アコーディオンを弾いてる音で目が覚めたんだけど、その心地よい根音は忘れられない感じ。毎週土曜日に通るらしいです。何てことないことがいい思い出として残るもんですねぇ。

こんなに気に入ってるのに、なんと写真を1枚もとってなく。。。

全てサイトから拝借させてもらいました。
c0181142_07531671.jpg
ここで朝食。
c0181142_07525691.jpg
c0181142_07533081.jpg
部屋も清潔で快適。

値段は激安ではないけど、安心して泊まれるのでオッケー。エノテカと一緒にお勧めです。

Via Vetriera 15, Chiaia, 80122 Napoli, Italia













[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-11-02 07:49 | ヴァカンス | Comments(0)