<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カラヴァッジョの墓参り

マレンマ地方はMonte Argentarioに寄らないと。って事で、前回同様魚を食べに。

でもまず、ポルト エルコレでしたいことがあったんですよ。

前回知らずに帰っちゃって、今回はぜひカラヴァッジョのお墓へ行きたくて。詳細は過去記事を。

イタリア画家巨匠のひとりカラヴァッジョが波乱に満ちた生涯を閉じた土地。ナポリからロ-マに船で向かう途中、Palo Lazialeに漂着。なんとそこからPorto Ercoleまで約115km、海岸線を歩いたそうです。そして、熱病に侵されこの小さな街で亡くなったのかと思うと感慨深いものがあります。

↓この地図は彼の人生の足跡をたどったもの(wkipediaから拝借)。こう見ると、いかに波乱万丈だったのかがうかがい知れます。
c0181142_21545677.jpg
亡くなった後は、 海岸沿いで波風の強いSan Sebastiano共同墓地に埋葬されていたようです。
お墓があるのは、そのSan Sebastiano墓地が昔あった場所。いまはひっそりとした住宅街になっています。

c0181142_20435892.jpg

c0181142_21550487.jpg
c0181142_21574790.jpg
c0181142_21513565.jpg
祭壇はローズマリーに囲まれて。
c0181142_20461347.jpg
その上には彼の代表作『静物画』をモチーフにしたオブジェ。
c0181142_20475420.jpg
こちら本人の作品『静物画』。オリジナルはミラノのPinacoteca Ambrosiana美術館にあります。
c0181142_20511956.jpg
Porto Ercole のたたずまい。風光明媚なヨットハーバーがある漁街です。
c0181142_20493458.jpg
彼が船に一緒に載せていた3つの遺作は、ローマのシピオーネボルゲーゼ枢機卿に恩赦を請うために届ける為だったとか。そのうちの1点は現在ボルゲーゼ美術館所蔵の
San Giovanni Battista Borghese』。↓
c0181142_08085281.jpeg
もう1点は『San Giovanni Battista disteso』現在ドイツ、ミュンヘンの個人コレクター所蔵。↓

c0181142_08062530.jpeg

そして最後の1点が長い間所在不明になってたのですが、近年イタリアのカラヴァッジョ研究第一人者、Mina Gorgorio 氏によって、個人のコレクター所蔵のものをオリジナルだと断定された『法悦のマグダラのマリア』『maddalena in estasi』 ↓。
c0181142_00521043.jpg
なんと全く知らなかったんですが、この『maddalena in estasi』今日本の国立西洋美術館で世界に先駆けて公開中なんですね〜。ビックリしました。

苦悩を抱えながら、ひとつひとつ作品に着手し、どんな思いを込めて描いたのか。
異端な生き方、光と影、まさにそのものが絵にも表現されてると思います。後に多くの、レンブラント、フェルメール、ルーベンス、ゴヤ、ベラスケスといった多くの有名画家を魅了し、影響を与えたキアロ スクーロ技法。大胆な構図とまるで浮き上がってくるような立体感。

はじめは彼が時に見せるグロテスクな描写が好きじゃなかったけど、その生き方をオーバーラップさせた上で、それが彼の気持ちの表現なんだと納得。観る視点がガラッと変わって、彼の絵を好きになりました。

追われ続けてクタクタだったカラヴァッジョ、この小さな街ポルト エルコレで安らかにお眠り下さい。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-25 01:50 | まさに歴史 | Comments(0)

のどかなファットリアB&B

前回泊まった宿に近いエリアで、今回お邪魔したのは馬や羊が戯れるB&B『El Molino』
あいにく天気が悪くて、動物たちと触れ合う場合じゃなかったけど、気さくなアルゼンチン女性オーナーがもてなしてくれました。

部屋はプチサイズ。でも女性オーナーのテイストが効いてる可愛いインテリア。それぞれアルゼンチンの観光地名がついてます。

c0181142_23292636.jpg

c0181142_23302433.jpg
シャワーブースがなかなかステキ。
c0181142_23285514.jpg
ミモザが早くも満開。
c0181142_23270036.jpg
チョットだけ晴れ間がのぞいたけど、天気悪くて残念。
c0181142_23263360.jpg
c0181142_23272473.jpg
c0181142_23275498.jpg
c0181142_23322241.jpg
c0181142_23282586.jpg

馬と犬はいつでも仲良し。
c0181142_00275383.jpeg
ホームメイドのタルトも出てくるコラツィオーネ(朝食)
c0181142_23311191.jpg
朝食付きで一部屋1泊€45ココもお勧めです。



Strada Statale Aurelia Km 161,VIII n 298, 58010 Fonteblanda, Italia





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-21 23:23 | ヴァカンス | Comments(0)

レトロ気分でプレミアムバーガー『Porca Vacca』

一夜明けて、去年訪ねてすっかり気に入った、マレンマ地方グロッセートへまっしぐら。

前回展示会場で食べたキアニーナ牛のプレミアムバーガーをまたもや求めて、グロッセートの街中にもあるだろうと、トリップアドバイザーして見つけた、Porca Vacca。(Porca Vaccaとは伊語で『なんて、こった!』みたいな意味。イタリアには『なんて、こった!』の言葉(状況も。笑)が山ほどあるんですが、そのうちの1フレーズ。

入るととにかく広い店内にビックリ。勝手が分らず、店員さんにシステム聞いてみました。

まずはカウンターで注文して、席につき、番号が呼ばれたら別のカウンターにとりに行く。
片付けも各自で責任を持って。まぁ、ココまではふつうのセルフスタイル。

で、驚きがこの列車の車両がドーン。車内も広々。もちろん中に入って座れますよ。
c0181142_20403993.jpg
c0181142_19464325.jpg
実際昔使っていたものなので、レトロ気分でハンバーガーを。

c0181142_19565485.jpg
線路も引いてあって(もしくはここに以前あったのかも)。
c0181142_21101621.jpg
肝心のバーガー。シングルとダブル。€1の追加で飲み物、サイドメニューをひとつつけられて、シングルのキア二ーナ牛バーガーはセットで€9ですから、いいですね。しかもビックサイズだし。メニューは他にもグリルビーフもヴェジタリアン用のメニューも。
c0181142_20032105.jpg
c0181142_20133389.jpg
ただねぇ、BBQソースの量がちょっと多すぎてくどいかも。次回は『少なめ』で。
でも肉はさすがキアニーナ、脂分が少なくてサラッと食べれます。
c0181142_20151462.jpg
こちら注文カウンター。イタリアでは珍しいポップ調♪。
c0181142_21043987.jpg
c0181142_21085663.jpg
c0181142_21033960.jpg
2018年にはフィレンツェにも進出するらしいです。いつもマンネリの店内よりもたまには気分を変えてこんなロカーレも楽しいかと。

『Porca Vacca』
Via Siria 7, 58100, Grosseto, Italia
+39 328 262 6861


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-21 07:14 | レストラン | Comments(0)

寝るだけじゃもったいないアグリツーリズモ

急にグロッセートに行こうと決めて、金曜日の夕方出発。

グロッセートまでは少し遠いんで、途中で1泊することに。安い宿を探して見つけたのがここ。『Agriturismo La Magione』

シエナ周辺はどこも料金高いし。。。穴場のモンテリジョー二、ラポラーノテルメも高い。そこで見つけたお宿がここ。
ちと不便な場所にある、このアグリツーリズモ、道中大雨の中田舎道を探すのがこれまた大変。ナビをつけても、途中でGPSがなくなるし。

オーナーからは『どこですか?何時に着きますか?』とひっきりなしに電話はかかってくるし。。。居る場所を説明するにも、暗闇で
目印になるものが廻りにないし。。。『え~、オリーブの林が見えますが。。』

泣きそうになってやっとたどり着いたのが21時30分。部屋の説明を聞きながら、話は家具の話へ。。見渡すと素敵なアンティーク家具。
全てオーナーが調達したそうで。なんだかんだ小1時間話しちゃって、気がつくと23時。。シャワーを浴びてとっとと寝ました。

清潔なキッチン付で、ちょっとしたことも料理できますよ。
c0181142_21484279.jpg
c0181142_21501649.jpg
これは木材を削るときに使っていた、台をそのままテレビ台にしたもの。いいアイデア。
c0181142_22031304.jpg
寝室はこの他にももうひとつ。人数が増えればセカンドベットルームが使えます。クローゼットもアンティーク。
c0181142_21463383.jpg

このランプを載せた箪笥もアンティーク。蝶番と上に乗せられた大理石がポイント。
c0181142_21473450.jpg
こちらはバスルーム。清潔そのもの。
c0181142_22044566.jpg
c0181142_22061876.jpg
まわりはこんなオリーブの林に囲まれてます。
c0181142_21465793.jpg
こんな機会がなければ、きっと訪れることもなかったこのエリア。時間があったら周辺をゆっくり散歩して過ごすのも良いんでしょうね〜。

でもこんな広々としたアパート1泊36€は破格値♫

Agriturismo la Magione
Strada della Magione,9, Quercegrossa Siena, 53035 Monteriggioni, Italia
Tel.
:0577 328051

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-19 21:44 | ヴァカンス | Comments(0)

こんなパルミジャーノレッジァーノ

更に進むと、別の人集り。

何やら白いものを削り売りしてました。
c0181142_00043010.jpeg
熟成前のパルミジャーノレッジァーノをクリクリと削いだもの。ジモティがこぞって買ってたので、聞いてみると、グリルに使ったり、そのままチューインガムみたいに摘む(!?)とかで、スナック代わりに。。味はほぼないんですよ。
熟成するときに円形の部分の角を削って形を整えるんですが、そこから得た産物らしいです。
c0181142_00051962.jpeg
それから、クリームバージョンも。これはかなりおいしい。パンにつけたり、ゆでた野菜のディップ代わり、ピアディーナのトッピングなどなど。。
c0181142_00080503.jpeg
同じ食材ですけど、形変わればって感じで、いろいろ楽しめます。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-05 23:59 | 気になる食材 | Comments(0)

黄色いソーセージ

豚の収穫祭の続きです。

苦手なチッチョリの向こう側で、豚肉の直売をしてました。豚足、グアンチャーレ(頰肉)、スネ肉、尻尾、皮。。。などなど。
最終的に頰肉を購入。
c0181142_06331104.jpeg
奥ではソーセージつくりに勤しんで。手前の白いのはサラミ。
c0181142_06342574.jpeg
これが噂の Sarscicia gialla (黄色いソーセージ)。と言っても、黄色いのはサフラン。
人工着色料なんて使ってませんよ。(イタリア語でソーセージのことをサルシッチャといいます)
c0181142_06365299.jpeg
これもイベントのひとつで無料提供の大盤振る舞い。
c0181142_06372195.jpeg
お味はとても上品。肉肉した感じはなく、スパイスがほのかに効いて、サフランが良いアクセントに。
c0181142_06402651.jpeg
実はこのサルシッチャ、昔からモデナに伝わる伝統的な料理で1821年を最後に姿を消したと言われ、ガストロノミージャーナリスト、
Andrea Guolo 氏によって書かれた著作 『la cucina ritrovata』をもとに蘇った料理。
また、この街Campogalliano、Restrante Laghi のシェフが作りかたを再現し特許申請したというもの。(彼のレストランでしか味わえないらしいです)。このサルシッチャを使ったラグーのタリアテッレもあるとかで、機会があればRestrante Laghi に行ってみたい感じ。
サルシッチャの原材料は、豚肉、サフラン、しょうが、シナモン、クローブ、パルミッジャーノレッジャーノ、黒コショウ、塩。
サフランをはじめ、その時代スパイスは大変高価なものだったので、プレミアムソーセージだったわけ。

こうやって失われていた料理が何かのきっかけで蘇るのって、すっごく興味深い。

日本にも『醍醐』とか昔テレビで見て、『へぇー』って思ったけど、きっとたくさんあるんでしょうね。

c0181142_06483725.gif
『Restrante Laghi』
Via Albone, 27, 41011 Campogalliano MO
Tel.059-526988


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2016-02-01 06:27 | 気になる食材 | Comments(0)