タグ:レストラン ( 52 ) タグの人気記事

魚ごころのわかるイタリアンシェフ。

Grosseto を更に南下すると、Monte Argentario という半島があります。

c0181142_23183910.jpg
断崖絶壁でプライべート感覚の小さなビーチがところどころにあるのが特徴で、トスカーナのタオルミーナとか呼ばれています。
ただ、ビーチに降りる小道が分かりにくいんで、ジモティが一緒でないとなかなか廻るのが難しいところ。

その中でも割と開けた街Porto San Stefano に魚を食べさせるレストランがあってお勧めだと、今回泊まった宿からの情報で『La Bussola』に早速予約。

魚を良く知り尽くした、オーナーがその日の魚をトレイに載せて、テーブルを周りオーダーをとってゆきます。(この時点で、かなり好印象)
c0181142_07184123.jpg
気に入った魚を思うがままにオーダー出来るのがウリ。グリル、アクアパッツァ、塩釜風、スチーム等等。

イタリアでは珍しい、カワハギがあったんですけど、他のテ-ブルにとられてしまったので、アンティパストの盛り合わせとプリモで様子を見ることに。

日本でカワハギの肝は珍味でよく食べるんだと言ったら、こちらでもパテにしてパンに塗ったりするそうな。魚のことを良く知り尽くしていて、話の分かるシェフ、マリオ。イタリアではなかなか会えない貴重な存在。近くにあったら通っちゃうのに、遠くて残念。

バカラマンテカート(干し鱈を戻したものを牛乳と合わせてクリームミーにしたもの)をカプチーノ仕立てにしたもの。(プチカップに入れただけだけどかわいい演出)
c0181142_07192524.jpg
イカと豆のサラダバルサミコ風味
c0181142_07200397.jpg
エビとにんじんの冷製サラダ
c0181142_07203219.jpg
サーモンのカルパッチョとルッコラのサラダ
c0181142_07211861.jpg
パルミジャーナ(ナスと魚介類*の重ね焼き)*ひき肉の代わりに魚介類を使います。
洋ナシと何かしらの魚を使ったパイ包みもの小麦粉のソース(ベシャメルっぽいけどさっぱり)
c0181142_07215545.jpg
カニ肉を使ったカナッぺとリコッタチーズの詰め物
c0181142_07223039.jpg
この時点でかなり満腹。

プリモは手打ちのタリオー二と魚介類のラグー。
c0181142_07231096.jpg
残念ながらセコンドへはやっぱり行き着きませんでした。。。

でもドルチェは別腹ってことで。。ホワイトチョコとヨーグルトのセミフレッド。
c0181142_07235160.jpg
アーモンドミルクを使ったパンナコッタ(だったと思う。。)
c0181142_07243834.jpg
イタリアでカワハギの肝の話が出来る店はあんまりありませんよ。

魚談義に盛り上がりドルチェをサービスしてくれました。

Ristorante La Bussola
Piazzale Facchinetti,11 - Porto Santo Stefano - Monte Argentario (GR)
Tel. 0564.814225




[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-06-06 05:33 | レストラン | Comments(0)

かなり幻滅ロカルノ(スイス)のレストラン


食べることが好きな私が、旅に出て食事の話をしないのには理由があります。

それは、めちゃめちゃ不満だから。

まず、べらぼうに高い。生活水準が高いので、仕方ないと人々は言いますが、チョイスとして高い店があっても安い店もあるのが当然だと思うんですよ。
それが全くない!!

オステリア風の店の外のメニューをチェックしても、プリモが20ユーロ、セコンドは40ユーロと、イタリアの2倍以上の金額。しかも大したメニューでもなく
イタリアだったら同じ料理を約半額でもっとクォリティーが高いものが食べれると思います。
そんなこんなで入った店に全く満足なし。。

普通のダイニングクラスの店で、このリゾットとピカタのセットで€24。小さいサラダとアイスクリームで1人あたり合計€50ですよ。
c0181142_02521609.jpg
2泊3日で2度もマックへ行く始末(マックはおおむねイタリアと同料金だったし。それでもセットで頼むと日本円で1200円くらいですから。。)

ペンションはかわいいし、椿、街も静かで湖畔も美しい、天気も良かった。でも食事にまったく魅力がないのは残念。

しかも、イタリア人がわんさか居て、イタリアとの距離も鼻の先ですから。。なんでこんなに差があるのか。。。全くをもって謎。

イタリア人観光客もたくさん居ましたけど、最小限に出費を抑えてる様子。

050.gif

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-05-14 20:44 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

小籠包もいいけど、コレもいける!


その台湾で、いろいろと美味しいものをご馳走になりましたが、その中で出会った旨いもの。

私の中でNO.1がコレ。


c0181142_21051996.jpg
ちょっと名前を忘れちゃいましたけど、豚の角煮が入った饅頭なんですけど、菜っ葉、唐辛子、レタス、そして隠し味にピーナッツバター(これが決めて!)めちゃめちゃ美味。

最後の方で出てきたんで、ちょっとガッツリとは行けず。。持ち帰りして冷凍したいくらいでしたよ。






[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-04-20 20:50 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

caprioloのカツレツ

イタリアではヴァレンタインはプレゼントを贈り合ったり、食事に行ったりするのが一般的で、チョコレートを贈る習慣は特にありません。

当日は魚欠乏症で、早起きしてチェゼナーティコに魚料理を食べに行こうと思ったのに、あっさり寝坊。近場で何処かサクッとランチに行こうということで、選んだのがここ。
丘の上で車でないと行けないんですが、割と人気店らしい。

アンティパストに何を血迷ったのか、野菜のグリル。

c0181142_07260543.jpg

cervo (鹿)のカルパッチョ、カシスとブルーベリーのソース。なんとも上品な味。
c0181142_07262407.jpg


最初にアンティパストとセコンドを頼んだのに、いきなり空腹感が増して、勢い余ってプリモを一皿頼んじゃいました。
しかもこの日はfuori menù (メニュー以外)でCapriolo(ノロジカ) があるそうで、セコンドで頼んだ煮込みのソースで手打ちパスタと合わせてもらえないだろうかと、オーダー。パッパデッレが出てきました。これが美味。重そうなのに、サラっと完食。パスタの薄さが完璧。ちょっと幅が厚いだけで、満腹になりがちな手打ちパスタ。

c0181142_07264931.jpg

そして、セコンド。これまた、Capriolo。でもカツレツ。ものすごく柔らかくて美味しかったー♪ ジビエは白ワイン等でマリネしてから調理するのですが、シェフに聞いたらレモンジュースだそうで。
c0181142_07272480.jpg


こちらは煮込み。さっきのパッパデッレのメインです。
c0181142_07274359.jpg



ここで、シカの一口メモ。
Cervo は Capriolo よりも一回り大きく、Caprioloは我々が住んでる近くのアッペンニン山脈で多く見かける一般的なシカのこと。
c0181142_21593560.jpg


ドルチェにアーモンドラッテのブランマンジェ。オレンジのソース。
c0181142_07284055.jpg


こちらダニが頼んだ、チョコレ-トの何か(覚えてません!)
c0181142_07293533.jpg



店内はわずか7席ほど。
c0181142_07300370.jpg



内装は全面改装してますが、18世紀当時の床のタイルをそのまま残していて、落ち着きます。ゴン太も落ち着きモード。
c0181142_07303939.jpg



テラス席もあって、季節がよければ、一面のブドウ畑を眺めながら食事出来ます。
c0181142_07310695.jpg

値段が少し高めなので、ちょくちょくは来れませんが、なかなかいい店でした。



Ristorante Donna Laura
Via Suore, 38, 40026 Imola, Italia
+39 333 478 6557


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-02-15 08:26 | レストラン | Comments(0)

絶品 栗のババロア

8日はダニの誕生日で、昨年の夏にみんなで行った、ラヴェンナの
『Osteria del tempo perso』でお祝いしました。

店内が暗いもんで、写真がオレンジですみません。

今日の突き出し。
Vellutata di sedano (セロリのヴェルタータ)
要はセロリのポタージュですけど、ほんのりとセロリの苦味がありながらも、さっぱりしてます。
c0181142_03505623.jpg
Ricciola(カンパチ)のタルタル柑橘風味、季節の野菜”プンタレッレ”添え。
新鮮なカンパチとオレンジの爽やかさが良く合います。プンタレッレの使い方も勉強になりますねぇ。
c0181142_03512468.jpg
細いパスタを巻いて揚げたエビにVenere米とかぼちゃのクリーム
を和えたもの。このピアットはあまりにも美味しかったので、昨夏のリピート!!
c0181142_03514486.jpg
Gallinella (ホウボウの一種)とブロッコリー、オリーブ、プチトマトのパッケリ。
c0181142_03530038.jpg
スズキのローストが細く刻んだ野菜に載ってます。
c0181142_03551606.jpg
大エビと野菜入りクスクスカレー風味。クスクス+エビ+カレーは定番ですね。
c0181142_03560089.jpg
マスカルポーネのCannoli入りチョコレートとザバイオーネソース
c0181142_03563731.jpg
これが久しぶりに感動したドルチェ、栗のババロアにマロングラッセが散らしてあります。
ふんわりブランディーの香りが口の中に広がって、甘すぎず、本当に美味しかった。
ババロアってイタリアではめずらしんですよ。で、普段あんまりドルチェで感動することは少ないんだけど、これはわざわざ食べに行きたいくらい美味しかった。
c0181142_03571423.jpg
前回はドルチェにたどり着けなかったけど、今回はバッチリいただきました!!
c0181142_03532797.jpg
誰かのお宅にお邪魔している感じのいつも落ち着いた店内。
ちょっと、オステリアの割には値段が高いけど、満足。特別の日にはいいかな。

『Osteria del tempo perso』
Via Gamba 12, Ravenna (RA) 48100
Tel. 0544 21 5393
年中無休(イタリアでは珍しい!!)




[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-01-09 01:14 | レストラン | Comments(0)

グアンチャーレ

今回のローマは泊まっていたゾーンがオッタヴィアーノで、夕食にあんまり遠くに行きたくなかったので、調べて見つけたのが『Osteria delle Commari』予約の電話でその店の雰囲気がよーく分かるんです。『あいにく今夜は一杯なんだけど、あ、ちょっと待ってね。あ、21時過ぎなら大丈夫そうです』とポジティブな返事。『え?犬も一緒?全然大丈夫!』ずっと一日中ホテルに留守番状態だったのでゴン太も一緒に。

時間に到着すると、まだ席は空いてなかったけど、シャンパンサービスで感じがいいんで、全然オッケー。

ローマっ子の若夫婦とこれまた感じのいいラガッツァ達がサーブしてくれます。

まずは、Carciofi alla giuda (ユダヤ風カルチョーフィ)。
ローマで食べるカルチョーフィ料理にはCarciofi alla romana (ローマ風カルチョーフィ)もあるんだけど、その違いはそのうち説明します。

カラッと揚がっていて香ばしくて美味しい。

c0181142_10502357.jpg

ダニは仔牛のカルパッチョ。(よく考えるとしょっちゅう頼んでる気がする。。。)
結構なボリューム。このボリュームのアンティパストは後が辛い。。
c0181142_10510572.jpg

ローマ料理定番、cacio e pepe 。パスタは手打ちだったけど、個人的には普通のパスタの方がくどくなくてサッパリして好きかも。
c0181142_10514407.jpg

これもローマ料理定番中の定番。カルボナーラ。ローマにはきっとカルボナーラが美味しい店が幾つかあるんでしょうが、そのうちの一軒だと思います。オーガニックの卵とグアンチャーレを使ってます。
c0181142_10521663.jpg

バカラのフリットにアグロドルチェのソース。トロペアの玉ねぎ、松の実、干しぶどうをソテーしてマリネしたもの。南蛮漬けって感じかな。
c0181142_10525580.jpg

牛のグアンチャーレバルサミコソース。あまりのボリュームで残してしまいTake out。
c0181142_10532849.jpg
c0181142_10541711.jpg
c0181142_10545957.jpg
c0181142_10555058.jpg
ドルチェはオールホームメイド。リコッタチーズのトルタチェリー入り。
c0181142_10563256.jpg
c0181142_10571434.jpg

店主の奥さんと世間話をしていて、翌日は日曜日で店は閉まっているのにうっかりローマ名物のグアンチャーレを買い忘れたと言ったら、なんと厨房へ行って100gの塊をこっそりプレゼントしてくれました。

長年各地いろんな店を訪ねましたけど、こんなサプライズプレゼントは初めて。
大事にカルボナーラにして戴きますよ〜。

料理も美味しかったし、スタッフの人柄が本当に良かった。見せかけの愛想がいいのとは違い、本物のおもてなしを受けた感じ。必ずまた行きます。

『Osteria delle Commari』
Via Santamaura 23, 00192 Roma
Tel. 06 39729557
Info@osteriadellecommari.it


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-28 10:33 | レストラン | Comments(0)

トロが食べたい❗️

先日のローマの続き。
ミラノやローマへ行くと、必ず日本人の調理人が居る店で日本食を堪能する事にしてます。それでもお鮨のトロが食べたくても、必ずあるとは限りません。

事前に調べておいた、ここ『Kenko』は電話して確認しましたよ。

ワカメの酢の物。レモンの輪切りがあると無いとで、随分印象が違います。
日本じゃ当たり前だけど、海外だとこういう、小さなことがいちいち嬉しい。
中国人経営の日本食屋では出ないんですよ。
c0181142_02530189.jpg
思わず特選握りセットを頼んじゃいました。日本みたい‼️

c0181142_02533863.jpg
お鮨を握るのは自由が丘出身の日本人の板前さん。その横のアシスタントはイタリア人で日本が大好きなラガッツァ(名前わすれました)。日本へ留学していたこともあるし、また6カ月くらい行くそうです。上手に巻き寿司を巻いてました。
c0181142_02543810.jpg
トロとスズキ!!!
c0181142_02551839.jpg
鰻‼️
c0181142_02560275.jpg
c0181142_02570681.jpg
トロも食べれて、大満足。

『Kenko』
Via degli Irpini, 8, 185 Roma


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-26 02:30 | レストラン | Comments(0)

アンティパスト テンコ盛り


2014年夏休みの話し =アルベロベッロ編=

ナポリを後に、一気に車で5時間かけて南下し、プーリアに到着。宿はアルベロベッロとマルティーナフランカの中間くらい。

到着日の夜はアルベロベッロを散歩して、夕食もとることに。

昔のオリーブオイルの搾油所を改装して作った、レストランテ『Casa nuova il Ristorante』

お気に入りの店で、何度か来たことがあるんだけど、毎回びっくりさせられるのが、アンティパストミスト。

出るわ出るわで、椀子そば状態で留まることなし。これはプーリア料理全般でもいえる事なんだけど、アンティパスとが終わって、プリモに突入する頃には、もうお腹一杯って感じ。

ブラータとモッツァレラのノード(組みひも状の形)
c0181142_05185392.jpg
ポルペッテ(肉団子)を揚げたものとバーリ風のフォッカチャ。
c0181142_06292660.jpg

ズッキーニのフライとパンチェロッティ。
c0181142_05172884.jpg

手前はトリッパのロール巻き、その向こうはファーべのピューレとチコリア
c0181142_06300502.jpg

ミニミニサルシッチャと右はボッコンチーニ。
c0181142_06304895.jpg

それでも5人だったんで、少しずつプリモもオーダーしました。
カヴァテルッチのトマトとナスのソース。
c0181142_06312254.jpg
カヴァテルッチとボンゴレ。
c0181142_06314661.jpg

定番のオリキエッテとトマトソース
c0181142_06321085.jpg
これまた定番のオリキエッテとチーマディラーペ。
c0181142_06331616.jpg
ワインはレッチェのロゼ。
c0181142_06325046.jpg
夕食前の散歩から。。アルベロベッロの街を忠実に再現したミニチュアを土産物の奥に無料公開。よーく分かります。
c0181142_06421254.jpg
教会もトゥルーリ。
c0181142_06423697.jpg

↓こっちが実物大。
c0181142_06414516.jpg

この日の夕陽がこの上なく美しかったぁ〜。
c0181142_06531062.jpg
セコンドへ行き着かないけど、このアンティパスト三昧を是非‼️ちなみに、5人で3人分を頼みましたよ。

『Casa nuova il Ristorante』
Via Monte San Gabriele, 16, 70011 Alberobello BA
Tel.080 432 3292

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-15 21:47 | レストラン | Comments(0)

イモラで旨い黒いピアディーナ

イモラは我が家からだとボローニャへ行くよりも近いんで、割とチョクチョク行く感じ。お昼時間だから、軽めにピアディーナでも、と探した店。オステリア『Calma e Gesso』

ピアディーナとはエミリアロマーニャ州でも、ロマーニャ側(実際にエミリアロマーニャ州はエミリアとロマーニャに分かれており、お互いの敵対意識が強いんです。特にエミリア側からの。で、ふたつの堺はカステルサンピエトロピエトロを流れるSillaro川なので、うちの街を越え東へ進むと、直ぐそこはロマーニャ側になるわけ。)のローカルフード。

で、肝心のピアディーナですけど、小麦、オリーブオイル、塩と水を合わせた生地を、鉄板などに薄く拡げて、焼いたトルティーヤの小麦粉版みたいなもの。ロマーニャ地方ではパン代わりにサ-ブされたり、ピアディーナ小屋(chiosco di piadina) があったりして、プロッシュートや柔らかいチーズなんかを挟んでさくっと戴きます。(個人的にはそれほどそそられないんですけどねぇ)、ま、ストリートフードが少ないイタリアでは、数少ないチョイスの1つかなぁ。

c0181142_21555175.jpg
↑ これが一般的なピアディーナ小屋。青か緑と白のスプライトが目印。

c0181142_07170935.jpg
↑ 今回行ったのはオステリア『Calma e Gesso』


c0181142_07132583.jpg
c0181142_07135122.jpg
オレンジ色の店内に映えるアンティーク広告ポスターが一杯。


c0181142_07141690.jpg
Pioppini キノコのgramigna pasta

c0181142_07144084.jpg
ダニはトリッパの煮込み。(この辺じゃ珍しいんです)。


c0181142_07125804.jpg
これが噂のピアディーナ。可愛く、篩に入ってサーブ。
黒いのはここのオリジナルで胡桃の果肉部分(mallo di noce)↓を乾燥させて挽いて粉にし、生地に使ったそうです。香ばしい香りでなかなかのお味。カメリエラが熱心に教えてくれました。
c0181142_07034123.jpg

c0181142_07150750.jpg
ドルチェにはマスカルポーネ。


c0181142_07154080.jpg
ピスタチオのセミフレッド。

c0181142_07161100.jpg
c0181142_07164128.jpg
季節ながらのキュートなシュガー付きのエスプレッソ。あまりの可愛さに破るのが勿体なかったですよ〜。

席数5つの小さいけどハートフルな定食屋って感じでした。

『Calma e Gesso』
Via Venezia, 7, Imola BO
Tel. 0542 850709


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-13 07:08 | レストラン | Comments(0)

ポンペイで古代ローマの味を。

2014年夏休みの話し=ナポリ編=

ポンペイ遺跡の後、折角だからポンペイの現代の街でローカルな料理を。と言うわけで、トリップアドバイザーでチョチョっと検索して見つけた店が大当たり❗️

それにしてもポンペイでご当地料理って何だろうと興味深々。

ちょっと街の離れたところにある、エノテカ『Vincanto』
c0181142_01443994.jpg

ポンペイ遺跡にちなんだ赤色でシックな店内。
c0181142_01450281.jpg
エノテカなので軽食が中心。でもイタリア式の食事に疲れた時にはちょうどいい感じ。

Tagliera di salumi e formaggi (サラミとチーズの盛り合わせ)
c0181142_01423714.jpg
Pagnottella di farro e orzo, condita di cima di lapa e (ファッロとオルゾのパニーニ。チーマ ディ ラーパ入り) ポンペイで作られてたパンだそうです。
c0181142_01430966.jpg
2000年前の作り方を再現した、幻の古代ローマチーズ。Conciato romano (コンチャート ロマーノチーズ)=> 次回詳しく書きます。
c0181142_01432953.jpg
これがねぇ、激ウマなんですよ〜。ドライトマトを付け合わせに。
c0181142_01463291.jpg
Bresaola di buffara con balsamico (水牛のブレサオラ バルサミコかけ)
c0181142_01460472.jpg
Bocconcini di chingiare e lepre (イノシシと野うさぎのシチュー)
c0181142_01441650.jpg
少しずつ、5人でシェアしたけど、お腹いっぱいどれも美味しく頂きましたよ〜。
ワインもなかなかの品揃え。
c0181142_01453323.jpg
c0181142_01474844.jpg
不便だけど、また来たい店。

Vincanto
Via Nolana 89
Pompei, Napoli
Tel. 081 1954 5046











[PR]
by Jonetsu-Italia | 2014-12-05 17:31 | レストラン | Comments(0)