タグ:日常 ( 97 ) タグの人気記事

2013年ミラノの夏 ドーモ付近限定版

今回は暑さのため、行動半径を最小限に留めましたので、ミラノドーモ付近のみの話題を掻い摘んでレポートします。

まず、イタロの乗りごごち。
フェラーリの社長が起業した、イタリア初の私鉄高速鉄道。イタロItalo。
c0181142_247974.jpg

とにかく清潔。椅子はFS(イタリア国鉄)と違って、合皮使用(なんとなく埃がたまりにくい感アリで清潔っぽい)
c0181142_2541787.jpg

c0181142_2551895.jpg

充電用のプラグも椅子の前に設置されていて使いやすい。予約も予約番号さえ、口頭でもいいので伝えれば車両に乗れ、煩わしい切符を印刷するなど必要なし。
c0181142_2561973.jpg

荷物置き場にコイン式の鍵つき。(壊れないことを祈ります)。

プントアーレ(時間に正確)。→ これもっとも重要なポイントです。

この日たまたまなのか、国鉄は夏の繁忙期で全体的に遅れに遅れていたにもかかわらずイタロは全く
影響なし。
駅は少し離れたところに停車しますが(ミラノはガルバルディ)、地下鉄を利用すれば全く問題なし。ガルバルディの地下にはスーパーもあって、便利。

ミラノドーモ内の撮影について
全てのビデオ、デジカメ、カメラでの撮影には入り口で2ユーロ払い、赤いブレスレットをつけること。(ふつう屋上以外は入場料は払いません)

→ 一体何が根拠なのか、謎。少しでも観光客からお金を徴収しようと思ってるのが見え見え。

ミラノドーモ付近でお茶する場所
個人的にはドーモを眺めながら、お茶をしたいところなのですが、なにせ、高い。暑くなければリナシャンテの屋上テラス。真夏日は広場を挟んで反対方向にある、ノヴェチェント博物館の中にあるリストランテ。。
ここもちょっと、お高い。
c0181142_351482.jpg

そんな中、今回は穴場を発見。Palazzo Realeの中庭の手前にあるバール。小さいけどザ喫茶室みたいな空間でなんとプチ2階には今まで開催された展覧会のカタログを閲覧できるスペース有。 エスプレッソコーヒーは座ると、2か3ユーロ。それでも待ち合わせをしたり、静かに地図やガイドを見たりするのに非常にお勧め。知るひとぞ知る趣のあるバール。
c0181142_385566.jpg

c0181142_394577.jpg

c0181142_31037100.jpg

昔、観たピカソ展のもありました。
c0181142_312426.jpg

c0181142_3131840.jpg

レトロのポスターも良い感じ。

併設展覧会
なんとインテリスタかれこれ17年歴の私の目に飛び込んだのは、インテル ACミラン、ミランダービー。   1963年からのミラノダービーを双方別々の角度から振り返ってみてみようというもの。時間がなくて、泣く泣く断念。
c0181142_3174672.jpg


野外映画上映会
夏の間、イタリア各地では広場を使って夜に無料映画上映会が開かれるんだけど、Palazzo Reale の中庭にもありました。
c0181142_319297.jpg

c0181142_320097.jpg

プログラムには日本映画『魔女の宅急便』もアリ。

日本食テイクアウトmusubi
リナシャンテ裏、ACミランオフィシャルショップの対面に新しくオープン。(日本人経営の模様)
さすが、ミラノ。イタリア在住日本人にはうれしいニュース。簡単な手巻き寿司とかから揚げ弁当のようなものが買えます。
c0181142_3215889.jpg

c0181142_3225080.jpg

同じく同じ通りにある有名な老舗パンツェロッティ『LUINI』とならんで、テイクアウト人気店になるかな?

割と行動半径が小さい割には、いろいろありましたよ~。
[PR]
by jonetsu-italia | 2013-08-09 03:25 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

220年の歴史、ファルマチーア(薬局)

イタリアで好きなもの、いろいろありますが、ファルマチーア(薬局)もそのうちのひとつ。特にアンティークの薬局の薬を入れる陶器が大好きなんですよ。
イモラにもそんな私のツボの薬局が一軒あります。建てられたのは、1794年。ちなみにフィレンツェの有名なFarmacia di Santa Maria Novellaは1612年。イタリアで一番古いのはラッツィオ州collepardoのCertosa di Trisulti (↓ちなみにWkipediaからの写真です。)で1200年くらいらしいですから、それもスゴイ。
c0181142_71547.jpg


イモラへ行くついでに、薬をここでちょくちょく買うのが習慣になってます。毎回行くたんびにじっくり観察するためですけど。。。
c0181142_7101394.jpg

店内に入ると、タイムスリップしたかのような世界。もちろん現在でもフツーに営業してます。
c0181142_711857.jpg

c0181142_7121063.jpg

c0181142_7131997.jpg

Imola の名産、Maiolica陶器で作られた の薬入れが457瓶もあるといいます。
c0181142_7141713.jpg

c0181142_7152095.jpg

c0181142_71825.jpg

天井には立派なフレスコ画。
c0181142_7192140.jpg

当時使ってた、レジ。
c0181142_7201260.jpg

書籍にもなったらしいです。

今回は思い切って写真を撮っていいか、聞きました。もちろんOK。で絵葉書もついでにくれました。

いつの日か、その薬瓶、ひとつくれないかなぁ。。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-07-20 07:31 | まさに歴史 | Comments(0)

空港にドーンとランボルギーニ。

先日、日本からボローニャ空港へ戻ったとき。迎えに来たダニが『すごいものが待ってるよ』と。
最近リニューアルしているボローニャ空港内になんと、本物のランボルギーニが2台鎮座してました。
c0181142_20471472.jpg

c0181142_20483774.jpg

c0181142_2049564.jpg

c0181142_20493569.jpg

かっこいいビデオも流れてました。
c0181142_2050489.jpg

c0181142_2050292.jpg

フェラーリ社はモデナだけど、ランボルギーニ社はボローニャのシンボル的企業。今年創立50周年を迎え、数多くのイベントを行ってます。おそらくその流れで、空港にも置いているんだと思うけど、ガードマンもいないし、セキュリティーは大丈夫なんだろうか。。
まさかまるごと盗むひとは居ないと思うけど、傷つけちゃったりとか。。

個人的にはフェラーリよりも好きです。ランボルギーニ。やはり幼少時にスーパーカーブームを経験した人なら誰でもランボルギーニの名前は鮮明に焼きついてるはず。

まさに『ザ スーパーカー』の風格です。ボローニャのポジティブなところは、普通でもこうやってスーパーカーに触れることが出来るところかな。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-07-12 21:01 | ザ 伝統 | Comments(0)

アンティークローズミュージアム Museo di Rosa antica‏

昔、チュニジアを旅行した時、タクシーの運ちゃんがダッシュボードに切ったバラの花を置きながら、運転の合間に匂いを嗅いでいて、私も嗅がせてもらったんだけど、

それがこの上なく芳しく、本当のバラの匂いなんだと強烈なインパクトを残こしたわけだけど、それほどのインパクトをそれ以来越えることはなく、バラを嗅ぐたびに、あのピンク色で芍薬のようで茎が細いバラの花を思い出します。

最近の観賞用のバラは一向に匂いがなくて、やはり香り高いバラはアンティークローズに限ると、十数年前、ちょっとだけかじった調香師の講義で、藁玄雄先生がおっしゃっていたのを思い出しました。藁玄雄先生は1965年に日本人で初めてフランスのグラースへ渡り、香水の調香師として活躍されたパイオニア。

香水の世界では唯一シャネルだけが、本物のバラのエッセンスを使っているとかで、後は皆、作られたバラの香りを使ってるんだとか。。。藁先生にチュニジアのバラの話をしたら、バラの種類だけではなく、チュニジアの乾燥した空気も手伝ってよく香るんだと、説明してくれました。授業でバラのエッセンスを使わずに、バラの香りを再現する日があって10種類くらいの植物のエッセンスを混ぜて作った思い出があります。嗅覚は年をとっても劣らない唯一の五感です。

たまたま、イタリアにもモデナ丘陵に43ヘクタールの敷地にアンティークローズだけを約800種集めた庭園&博物館があることを発見し、早速電話。『犬と一緒に入れますかね?』『え?もちろん、屋外なんですから。全く問題ないですよ』。
私の住んでいる、地元ではすでにバラの季節真っ只中で近所のどのお宅の庭もきれいに咲いてるので、きっとここも見頃だろうと5月の中旬に行ってみました。
c0181142_6195974.jpg

実際行ってみると、ドーンと丘陵にだだっ広く庭園が。。。あいにくの悪天候とその場所の標高が高いので、一割ほどしか咲いておらず、少々ガックリ。『あと10日くらいすれば、一斉に咲き出すんだけどねぇ』とオーナーの息子。『はるばる1時間以上かけて、やって来たのにぃ。』とがっくりしながらもバラの鉢を購入し、その日は帰って、2週間後に再トライ。
c0181142_6183952.jpg

2回目はさすがに、咲いてました。
c0181142_621292.jpg

親切なことに我々のことを覚えていてくれて、『前回はまったく咲いてなかったから、今回は無料でいいわよ』とうれしい配慮。
入ってみると、快晴だったし、開花は7割くらいだけど、全体的にいろいろな種類が咲き始めて、いい感じ。
c0181142_6302288.jpg

バラの花の色とコガネムシの色のコントラストが美しい♪
c0181142_631444.jpg

c0181142_6322317.jpg

毛むくじゃらの茎。。。
c0181142_6331646.jpg

c0181142_6341085.jpg

このりんごの花みたいなバラは以外にも匂いがキツイんです。
c0181142_635356.jpg

c0181142_6383788.jpg

つぼみから咲き始め、そして開花までの色の違いがまた面白い。
c0181142_6392719.jpg

バラの種からしっかりと栽培。
c0181142_6405288.jpg

もちろん苗も販売してます。我々も少し購入しました !

バラ園は世界中あるけど、アンティークを中心に集めたのは珍しい。バラに関するイタリアの歴史はあまりなく、話を聞くとやはりイギリス、中近東、フランス、アメリカなどからの種の掛け合わせがメインらしい。1996年に空き地だったこの土地をオーナーが買い取り、7年の歳月をかけながらゆっくりと草木を伐採せずに自然のままの姿を残しつつ、バラを集めて育てているそうです。一切農薬をまく事はなく、虫がついたらつきっぱなしととにかく自然を重んじている栽培方法は素晴らしい♪
c0181142_647557.jpg

『羊の耳』というセージの一種。
c0181142_6484293.jpg


イタリアでのバラの歴史については長くなるので、次回にします。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-06-13 07:07 | 庭園ジャルディーノ | Comments(0)

アンティーク市場 mercato antiquariato

いわゆる蚤の市。イタリア各地でたくさん開かれてますが、同僚からMedicinaのもわりと規模が大きくて有名だと聞いて、行ってみました。自宅から車で10分くらい。小さな街の中をくねくねと路地に沿ってたくさんお店が並んでます。
c0181142_6131574.jpg

c0181142_613497.jpg

手前には古い乳母車。。。
c0181142_6224063.jpg

c0181142_625048.jpg

c0181142_6255812.jpg

面白いのは台所用品とか古い道具など、イタリアならではのキッチュなものがあるのが楽しい♪
c0181142_6264798.jpg

びっくりしたのが、これ。なんだと思います?
c0181142_6271995.jpg

教会で牧師さんが配るOstia オスティアという、白いクッキーみたいなものを焼く機械です。
一体誰が買うんですかねぇ。
c0181142_628179.jpg

宝探しみたいで楽しいです♪
c0181142_6291079.jpg

布に使われてた、スタンプいっぱい。
c0181142_6301684.jpg

巨大はたおり機も。
 
ついつい、買っちゃいました。。。。
c0181142_6354627.jpg

イタリアものではなく、オランダ製のヴァンフォーテンの古いココア缶。
c0181142_6373591.jpg

バールで使われてた、銀の灰皿。
c0181142_6383229.jpg

パスタの種類のイラスト入り、日代わりカレンダー。かなりかわいい♪
c0181142_6394158.jpg

ダニはなんと、この手の古い鉄のアイロンを3つも買ってました。お母さんにプレゼントするらしいです。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-06-07 06:50 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

地元の市場 :: メルカート

私の住む地元カステルサンピエトロテルメでは毎週月曜日の朝広場に市場(メルカート)が立つ。
日頃は平日なので会社があってなかなか行けないが、今週の月曜日はPasquetta (パスクエッタと発音。復活の主日直後の月曜日)で国民の祝日。今年のPasqua(イースターの意)連休は連日雨で天気も悪く、みんなグッと外出を控えていた感じだが、この日の午前中はちょっとだけ、晴れ間がチラっと覗いたので、こぞって地元民がメルカートへ繰り出した。
c0181142_20473341.jpg

特に買い物をしなくても、ブラブラと歩いて近所の人と挨拶をしダラダラしゃべるというのが、イタリア的散歩の仕方。
我々もゴンタを連れて。。他の犬との交流も大切。柴犬はめずらしいので連れて歩くと、質問攻めにあう。

1)なんという種類なの?
2)あの映画のハチ公かしら?
3)いくつなの?
4)大きさはどれくらいになるの?
5)ミニハスキー?
6)チャウチャウかな?(イタリアではチョウチョウと発音)
7)(連れの自分たちの子供に向かって)見てごらん『キツネみたいだろ?』
8)ゴンタを撫でながら、『柔らかーい♪』
c0181142_2049870.jpg

そのたびに立ち止まってはもろもろ説明し、お互いの犬を褒めちぎる。
用事があって急いでいるときは、とてもじゃないが、対応しきれないけど、
ゆっくり『散歩』中はこれも楽しいひと時。
c0181142_2050638.jpg

で、肝心な市場は。
c0181142_20512181.jpg

日常品を売ってたり。
c0181142_20523234.jpg

カーテンを売ってたり。
c0181142_20591367.jpg

なぜか、店の人はしまう時、みんなバナナの箱を使う。なによりも丈夫らしい。
c0181142_20535534.jpg

野菜の苗や。
c0181142_2055410.jpg

ガーディニングの草木などなど。
c0181142_20561212.jpg

c0181142_20565135.jpg

もちろん、野菜や果物も。
c0181142_20575515.jpg

お目当ては、いつもヤギのチーズを売りに来る、おっちゃんの屋台。
本日は、ヤギのタレッジョチーズとヤギの熟成チーズを購入です。

購入したリストは次回へ。。。。
[PR]
by jonetsu-italia | 2013-04-03 21:05 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

しぼりたて牛乳はいかが?:: イタリアの自動販売機 ::

日本が自動販売機が多すぎるのか、イタリアが少なすぎるのか、そのギャップは非常に大きい。
イタリアには駅の地下や建物の中には意外とあるが、路上にはほとんどないのです。

そんな中、イタリアいたる所というわけではないけれど、私が住んでいる地域は、しぼりたて牛乳の自販機が結構あります。丘陵地帯で農家が多く、直接農家が地域自治体と共同でいくかの自動販売機を経営しているからです。
c0181142_7151918.jpg

c0181142_6433268.jpg

道沿いに、ポツリと自販機小屋がある。
c0181142_646273.jpg

容器も購入可。瓶が1ユーロ、プラスティックが20セント。一度瓶を買っておけば洗って何度も使えます。
c0181142_6505479.jpg

この機械に空瓶を設置し、お金を入れて、スイッチを押すと、牛乳が1リットルまで入る仕組み。
『おつりは出ませんので』の注意書きあり。さすがイタリア。うっかり2ユーロコイン入れたら、アウトです。
c0181142_6553295.jpg

1リットル、1ユーロ。スーパーだと1.5ユーロくらいするので、お得。
最低限の熱処理がされているので、衛生面も問題なしと、保健所の検査結果も貼ってある。
しかし、飲む前には沸騰させること。
c0181142_735466.jpg

牛乳だけではなく、チーズやヨーグルトなども。同じ農家で作っているものも。

一般的にイタリアは日曜日はお店が開いてないので、『あ、牛乳買い忘れた!』ってときに便利です。
我が家は高温殺菌の保存のきく牛乳が安売りの際、1リットル60セントで、ケース買いしているのであまり
利用しませんが、たまに飲むとやっぱりおいしい♪

ちょっと、伊豆にあった『生みたて玉子』の自販機を思い出した。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-03-31 08:01 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)