タグ:食材 ( 73 ) タグの人気記事

メルカート(市場)で買ったものリスト :: チーズとイタリア春野菜

ヤギのタレッジョ(もどき)チーズとヤギの熟成チーズ。あわせて12ユーロ。
タレッジョとはロンバルディア州、ベルガモ近郊、タレッジョ地域で乳牛を使って作られる。それはそれで美味しいのだけど、このヤギ乳で作ったものは、あっさりとクドクなく、カマンベールのように滑らかで、いくらでも食べれてしまう。たまーに、購入。
c0181142_25341.jpg

Catalogna
カタローニャと読む。イタリアで生活するようになって知った野菜。インパクトのある形にびっくり。Cicoria チコリア種で、ローマではPuntarelleと呼ばれ新芽部分をうすくスライスして、生の小いわし、オリーブオイル、にんにくと一緒に食べる。なんと古代ローマからのレシピだそうです。
c0181142_27624.jpg

c0181142_216494.jpg

一般的にはざっくり切って、ひと房ずつバリバリサラダ代わりに手づかみで食べます。ほんのり苦味があっておいしい。
c0181142_2103222.jpg

Fave ファーべ
日本で言うと、ソラマメ。こっちのは小粒でやわらく、食卓にそのまま乗せられて、生でいただきます。
南イタリアで良く食べられます。今回はリゾットに。これまた美味。
c0181142_212274.jpg

Cima di Rapa チーマ ディ ラーパ
プーリアでよく、耳たぶがたの手打ちパスタと一緒に食べられる菜の花科の野菜。
c0181142_2213196.jpg

添え野菜(コントルノ)にして食べても美味。その意外なレシピは次回に。
[PR]
by Jonetsu-Italia | 2013-04-07 02:40 | 気になる食材 | Comments(0)

地元の市場 :: メルカート

私の住む地元カステルサンピエトロテルメでは毎週月曜日の朝広場に市場(メルカート)が立つ。
日頃は平日なので会社があってなかなか行けないが、今週の月曜日はPasquetta (パスクエッタと発音。復活の主日直後の月曜日)で国民の祝日。今年のPasqua(イースターの意)連休は連日雨で天気も悪く、みんなグッと外出を控えていた感じだが、この日の午前中はちょっとだけ、晴れ間がチラっと覗いたので、こぞって地元民がメルカートへ繰り出した。
c0181142_20473341.jpg

特に買い物をしなくても、ブラブラと歩いて近所の人と挨拶をしダラダラしゃべるというのが、イタリア的散歩の仕方。
我々もゴンタを連れて。。他の犬との交流も大切。柴犬はめずらしいので連れて歩くと、質問攻めにあう。

1)なんという種類なの?
2)あの映画のハチ公かしら?
3)いくつなの?
4)大きさはどれくらいになるの?
5)ミニハスキー?
6)チャウチャウかな?(イタリアではチョウチョウと発音)
7)(連れの自分たちの子供に向かって)見てごらん『キツネみたいだろ?』
8)ゴンタを撫でながら、『柔らかーい♪』
c0181142_2049870.jpg

そのたびに立ち止まってはもろもろ説明し、お互いの犬を褒めちぎる。
用事があって急いでいるときは、とてもじゃないが、対応しきれないけど、
ゆっくり『散歩』中はこれも楽しいひと時。
c0181142_2050638.jpg

で、肝心な市場は。
c0181142_20512181.jpg

日常品を売ってたり。
c0181142_20523234.jpg

カーテンを売ってたり。
c0181142_20591367.jpg

なぜか、店の人はしまう時、みんなバナナの箱を使う。なによりも丈夫らしい。
c0181142_20535534.jpg

野菜の苗や。
c0181142_2055410.jpg

ガーディニングの草木などなど。
c0181142_20561212.jpg

c0181142_20565135.jpg

もちろん、野菜や果物も。
c0181142_20575515.jpg

お目当ては、いつもヤギのチーズを売りに来る、おっちゃんの屋台。
本日は、ヤギのタレッジョチーズとヤギの熟成チーズを購入です。

購入したリストは次回へ。。。。
[PR]
by jonetsu-italia | 2013-04-03 21:05 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

Carciofi : Cnara scolymus : アーティチョーク

c0181142_6372761.jpg

c0181142_638784.jpg

イタリア語でカルチョーフィと発音。その歴史は古代ローマ、ギリシャ、エジプトと遡り、その後ヨーロッパを中心拡がったという。イタリアには中世にアラブ人が北アフリカからスペインを経由し、その後持ち込んだと言われている。 アラブ語 kharshuff → スペイン語 alcachofa → イタリア語 Carciofi と変化。

イタリアではプーリア州、ラッツィオ州、カンパーニャ州、シチリア州、トスカーナ州と中心に栽培されている。
つぼみはかなり硬いので、剥いて、中身の柔らかい部分を使うことが多い。

品種は主に7種ほどが市場によく出回っている。

調理法としては、やわらかければフレッシュのままサラダや、茹でてオリーブオイル漬け、スライスして衣を付けて揚げる、炒める、詰め物をしてグリルに。魚介類との愛称もよいので、パスタの具材にも使われる。
冬の代表的万能野菜のひとつ。

今晩はRomanesco 種が安く手に入ったので(7つで約3ユーロ)、にんにく、水、塩だけで煮て、茹でたパスタを加え、またもやブロード仕立てでいただきました。
c0181142_753236.jpg


( ↓ 調理する前に4つ切りにしたものを、レモン水にしばらく漬ける)
c0181142_711479.jpg

[PR]
by jonetsu-italia | 2013-03-22 07:21 | 気になる食材 | Comments(0)