Ferragosto@ボローニャ 開いてたのは教会とジェラテリアのみ。 

8月15日イタリアはFerragostoで祝日です。

古代ローマ時代、初代ローマ皇帝Augustus が農作物の収穫が終了するこの時期に収穫祭のようなものを催したのが始まりでした。ラテン語のFeriae Augusti(Augustus の休暇という意味)ローマ宗教の大地と豊穣の神を祀るという意味も含まれてました。その後全国で競馬も開催され、その古い伝統のひとつとして有名なシエナのパリオ祭が現在に残っているそうです。

イタリアは全体的に夏ヴァカンス中で、まず、街の店や飲食店等は全て休み。ガラーンと人気がないのが普通。(観光地は空いてますけどね。)
午前中大雨が降って、川に行くのは止めて、ボローニャでも散策するかと。

c0181142_00364542.jpeg
無計画に歩いて見つけるストリートア-トも楽しみのひとつ。

c0181142_00381901.jpeg
グーグルマップで今日開店とあった、パスティチェリアはまんまと夏季休暇。
そのまま歩いて、一番目に開いてるジェラテリア『Sorbetteria Castiglione』に入り、ミントとダークチョコラートをオーダー。『ミントってどんな?』って聞いたら、『ミントを使ったジェラートです』との答え。
そんなの分かってるけど、例えば、『○○産の絞りたての牛乳を使ったんです』とか、『生クリームと合わせました』とか、そのうんちくを聞きたかったのに。まぁ、イタリアでそんな答えを期待するのがNGだったのを忘れてました。でも、ミント美味しかった。

この後、San Giovanni in Monte 教会に立ち寄り、なかなか良かったんですよ、この教会。
ぼーっとしてて写真を撮るのを忘れましたけど。。1286年に出来た教会で、当時14歳だったモーツアルトが立ち寄ったり、クエルチーノの作品が3点あったり、Francesco del Cossa作のステンドグラスがあったりと地味ながら、見所たくさん。

c0181142_00411097.jpeg
そんでもって、次はカフェだねとか言いながら、歩けど、歩けど、BARも全く開いてる気配なし。
(マッジョーレ広場には近づかなかったんで、もしかしたらそっちは開いていたかも)
人だかりが見えて、BARを期待して近寄ったら、またもやジェラテリア『Cremeria Sant Stefano』。いくらなんでもハシゴはなぁと思いつつ、そこを過ぎるとそのジェラテリアの工房が覗けるようになっていて、じっと観察してるうちに「やっぱ、食べるかと」。

c0181142_00404624.jpeg
シングルコーンで一種類。キノット好きなので、キノットにまっしぐら。ジャムから作ってるらしく、キノットの皮のビターさがたまりません。

c0181142_00402395.jpeg
私は、レモンの皮がたっぷり入った、カスタードクリーム味。さわやかなレモンの香り。
イタリア家庭でカスタードクリームを作るとき、なぜか半分に切ったレモンをフォークに刺して、
火にかけた鍋のクリームをぐりぐりかき回すんですが、まさにその味。

c0181142_00393814.jpeg
だーれも居ない、ポルティコではローラーブレードを楽しむ親子が。ナイスアイデア!


c0181142_00415090.jpeg
「夏季休暇で8月27日(月)に再び開けます」と、店先で。ひまわりがかわいい。

2000年以上も前の祝日を今現在でも謳歌するイタリア。

8月はAugustusが休めと言ってるとおり、イタリアでは皆休むんですね。8月(August)の語源は彼の名前、Augustusです。





[PR]
# by Jonetsu-Italia | 2018-08-18 22:43 | ボローニャ | Comments(0)

オーガニック アグリツーリズモ 『Agriturismo Masseria Sant'Angelo』Gravina in Puglia

マテーラの前に、弊社契約オーガニックセナトーリカペッリ小麦農家を視察に行きました。
セナトーレカペッリ小麦はMade in Italyかつ、古代デュラム小麦の一種で、昨今イタリアでも見直され、大ブーム。一度食べるとその芳しい風味で普通のデュラム小麦のパスタが食べれないと同僚の意見。
c0181142_23355223.jpeg
根が深く張り土壌奥深くから多くの養分を吸い取り、背丈も高く、隙間に雑草も生えにくいので、肥料や除草剤などが特に必要なくオ-ガニックに向いている小麦なのです。

c0181142_23363633.jpeg
c0181142_23372345.jpeg
オ-ガニック畑では輪作が義務付けられているので、合間にチェーチ(ひよこ豆)などを育てます。

c0181142_23381956.jpeg
お腹もすいて、彼らの経営するアグリツーリズモ『Agriturismo Masseria Sant'Angelo』へ。
ここにも雄鶏のオブジェ。
c0181142_23385787.jpeg
アグリツーリスモならではの自家製フレッシュリコッタチーズ、モッツァレラ。

c0181142_23392688.jpeg
出ました!キノコ。ここもGravia in Puglia ですからね。
この後次々にアンティパストの皿が運ばれて、もうお腹いっぱい。

c0181142_23400049.jpeg
よかった〜プリモはみんなでシェアだから、量が調節出来る〜!! いや、本当に毎回皿が運ばれるたびに違う意味ででドキドキするんですよ。
セコンドは羊肉などのグリルでした。ちょっぴり味見程度で押さえました。大勢だと肉も炭を使って丁寧に焼いてくれるので、それは美味しいんですよ。
c0181142_23402664.jpeg
瑞々しいフルーツと手作りドルチェ。はち切れそうなお腹を抑えつつ、戴きました。フルーツはさっぱりしてホント救世主の皿。

c0181142_23405167.jpeg
オーナー家族も一緒に総勢20名ほどのメガランチ。ワイワイガヤガヤ楽しいひと時。美味しかったです〜。






[PR]
# by Jonetsu-Italia | 2018-08-16 08:18 | プーリア | Comments(0)

オリ-ブの巨木 セコラーレを見学

イタリアのオリーブオイルの原産地の80%以上と言われている、プーリア州ですけど、ひとくちにプーリアと言っても、バーリ周辺とサレント半島とは気候や風土も異なるので、同じオリ-ブ栽培も違います。一般的にulivo secolareセコラーレ(世紀にわたり生存する古代オリーブの木)はFASANOより南に多く生育しています。
中には千年単位の ulivi millenari ミッレナーリもあるんですよー。

今回視察に行った、バーリの弊社共同経営オリ-ブオイルメーカー付近ではそれは見られないので、車で約一時間南下し、そのセコラーレを見学しようということに。

南に下るにつれて、公道からもぼちぼちセコラーレが見えて、土の色も褐色に変わってきました。

c0181142_00140828.jpeg
c0181142_00154487.jpeg
訪ねたのは、『Masseria il frantoio』。同僚がブッキング。昔からのオリ-ブの搾油所マッセリアを改造しB&Bにして、宿泊はもちろんオリ-ブの木、セコラーレ以外にも、施設内の家庭菜園、旧搾油所を見学することも出来ます。
敷地内をオ-ナーのシニョーレがご案内。

c0181142_00150210.jpeg
敷地内にあるオリ-ブの巨木を見学。
c0181142_00171210.jpeg

c0181142_00185910.jpeg
その後は旧搾油所見学、オリ-ブオイルテイスティングを行いました。時間が押していて、めちゃめちゃ駆け足での訪問。

セコラーレを見に行くなら、個人的にはダニの実家周辺(タ-ラント近郊)のほうが、もっと巨木でたくさんある気がする。。。ここのはあまりたいしたことなかったかも。それでも、マッセリアの雰囲気を楽しめたから、まぁ、いいでしょう。

ダニの実家のセコラーレの話はもっと別の機会に致します。



[PR]
# by Jonetsu-Italia | 2018-08-13 23:19 | 庭園ジャルディーノ | Comments(0)

古代の子供のおもちゃ 『Cucù』 マテ-ラ

マテ-ラでの話を少しアップします。

夕食の帰り、駐車場までの途中カラフルなショーウインドーに目が留まりました。写真だけとって、その場は終了。
c0181142_22325445.jpeg
後日再度マテ-ラへ来てもう一回同じ店の前を通って、入ってみることに。店の名前は 『il Sedile』。


c0181142_22332452.jpeg
カラフルな陶器の手作り笛がずらっと並んでました。小さいもので、ひとつ20ユーロ。ウーン軽く買うには考えちゃう値段。まぁ、この店はアーティストの店なので美術工芸品としての値段ってことですかね。それでもひとつひとつユニークな仕上がりで、いつかは欲しいかな。

後で調べてみると、この笛は雄鶏の形でCucùと呼ばれていてマテ-ラではシンボル的な存在。雄鶏は強さと男らしさの象徴し外出時、魔よけとしてお守り代わりに持ち歩いていたとか。その後男女間で求愛を意味するオブジェとなったとか。Cucùとはその音色が鳩の鳴き声に似ていて、鳴き声をマテ-ラ方言化にしたものだそうです。

そもそも素焼きのこのような笛は古代ギリシャ時代の子供のお墓にも一緒に埋葬されていたのが発見されてます。

どんなに文明が進化していても、当時のものは形を変えながら後世に残ってゆくんですねぇ。そしてそれを伝えてゆく職人の方々の存在がいかに大切か考えさせられます。





[PR]
# by Jonetsu-Italia | 2018-08-12 23:03 | 気になるグッズ | Comments(0)

ワインに合う⁉️ ジェラートの夕べ 

ジェラートの話を続けますよ。

少し前のこと、我が家の近くにワイナリ-Umberto Cesari があって、知り合いからジェラートをメインにワインのテイスティングがあるんだけど来ないかと言われて行ってみることに。

前回紹介したジェラート機械メーカーCarpigianiとのコラボだそうで。
c0181142_07283135.jpeg
Umberto Cesari はカステル サン ピエトロ テルメからエミリア街道をボローニャ寄りに数キロの小高い丘の上にあって、景色も最高。

c0181142_07293277.jpeg
ワイナリーの説明を軽く受けて、キッチン付きのテイスティングルームへ入ります。
この日のために、名前は忘れましたが、ボローニャのレストランで働くシェフがCarpigianiと一緒にレシピを考案。

c0181142_07303917.jpeg
ピスタチオとバジリコのジェラートじゃなくてシャーベット + Romagna DOC Trebbiano

c0181142_07311129.jpeg
桃のサラダ 塩味のクルミと羊乳のリコッタのジェラート + Chardonnay Pinot Grigio Emilia IGT

c0181142_07314308.jpeg
モルタデッラのジェラート スクアックローネのスフレ 温かいアマレーナチェリー添え+ Rosato Rubicone IGT

c0181142_07321736.jpeg
タリアテッレ ラグー セロリと人参と玉ねぎのアイスキャンデー添え + Sangiovese Merlot Rubicone IGT
このアイスキャンデーは正直物議をかもしてました。皆さんの反応は今ひとつ。。。
食事はないので、お腹すいちゃって、タリアテッレおかわりの人続出(笑)

c0181142_07325717.jpeg
辺りはすっかり夕焼け。この見事な色彩も夕べを演出。

この後はワイナリーショップでお決まりのワイン購入。遠方からいらした方々はお得なのでケース買い。我々は近いからまた今度って事で。

ジェラートにもこんな楽しみ方があるのだと新発見の夜でした。でもお腹すいた。





[PR]
# by Jonetsu-Italia | 2018-08-07 07:45 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)