<< ポンテヴェッキオの粋な計らい 食後に天才ダヴィンチ三昧。 >>

イタリアのりもの全員集合

国立レオナルドダヴィンチ科学博物館の敷地はわりと広く、屋外にも歴史的な潜水艦が置いてあったり、飛行機や船の館があって、実物大で体験できる仕組みになってます。
いきなりドーンと置いてあるのは、1921年に造船されて実際地中海を運航していたS.Giorgo号。
c0181142_07262134.jpeg
その向こう側に、PRADAの文字。現代のルイヴィトンカップで使われてた、Luna rossa のカタマラン。こんなに巨大だったとは驚き。
c0181142_07252158.jpeg
下の人と比べてみて下さい。
c0181142_07274086.jpeg
ヘリコプターの展示のところで目にとまったのがこのパネル。そもそもメープルの種がモデルだったんですね〜。
c0181142_07334442.jpeg
これがヘリコプターの原型ですから。
c0181142_07254749.jpeg
1800年後半から1900年前半にかけて活躍した蒸気機関車が幾つも保存してある館も覗いてみました。鉄道ファンにはたまらないでしょうねぇ。
c0181142_07264832.jpeg
c0181142_07262444.jpeg

c0181142_07285112.jpeg
ミラノのトラムの移り変わりも垣間見れます。一番初めは馬車か。。そりゃ、そうだ。
c0181142_07304582.jpeg
天井のランプが素敵。
c0181142_07281670.jpeg
お鮨を食べた後、特有の咽喉渇き地獄に襲われて、自動販売機を捜し歩いて、行ったりきたり。3回もドリンクを買いましたよ。キツイ炭酸飲料をがぶ飲みしたら、結構気持ちも落ち着いて、余裕を持って見学できました。

この博物館、全体を通じてなんとなくデジャビュ感覚。子供のころ読んでた『学研のひみつシリーズ』ですよ❗️❗️『発見のひみつ』とか、ほとんど全巻読んでました。外人が登場してもマンガで説明されてて子供でもすんなり入り込めて記憶に残りやすい。
また読みたくなりました。


[PR]
by Jonetsu-Italia | 2015-12-15 21:54 | まさに歴史 | Comments(0)
<< ポンテヴェッキオの粋な計らい 食後に天才ダヴィンチ三昧。 >>