<< なぜバーリで食べる生タコはクル... こっちもオ-シャンヴュ-。EA... >>

次回は必ずフォカッチャ バレーゼをここで。『Panificio il fiore bari』

お客様と一緒の場合、街を歩いていても、自分本位で店を見たりすることをなるべくしないようにするわけで、たまたま見つけた興味深いものも今度ゆっくりプライベ-トで、ってことになります。

バーリの旧市街を歩いてたときのこと。

それでも同僚が、タラッリ-二(プ-リアの伝統的な小麦スナック)を買いたいと言い出して、私好みの老舗のPanificio(パン屋)の前を通りかかったんで、入ってみることに。
c0181142_06040404.jpeg
中に入ると、いかにも昔ながらのパン屋さんでバレ-ゼ(バーリ地元民)がこぞって、フォカッチャバレ-ゼを買ってました。
panificio il fiore』13世紀に建てられたヴィザンチン式の教会跡をそのまま利用したらしく、カウンターの裏にはその教会の柱の一部がそのまま残存していて、歴史建造物としても有名とのこと。パン屋自体はFiore一家が1世紀ほど前から営んでいるらしいです。
c0181142_06060284.jpeg
小麦を使った製品がズラリ。

c0181142_06075974.jpeg
何かを食べるタイミングでもないし、この先まだ視察等で旅は長く、買って持ち歩く場合でもなく。。かといって帰りのかばんのスペ-スの余裕もなし。

ぐっと我慢して、何も買わず。。同僚はタラッリ-二をゲットしてました。

ま、仕方ないので、次回のためにメモしておきます。

c0181142_06095555.jpeg
後で調べたら、かなりの評判店。何か買っておけばよかったなぁ〜。








[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-06-14 05:47 | プーリア | Comments(0)
<< なぜバーリで食べる生タコはクル... こっちもオ-シャンヴュ-。EA... >>