人気ブログランキング |
<< グラース 匂いの園へ 魅惑の香水瓶『国際香水博物館』 >>

Chanel No.5 歴代の名香水たち『国際香水博物館』

『世界香水博物館』には歴代の名香水たちが年代を追って、ディスプレイ。

一世を風靡した、ゲランのミツコ、ディオールのポアゾン、その時代を駆け抜けた名香水たち。匂いを嗅ぐと、あの頃の記憶もフラッシュバック。こうやって見ると、センチメンタルな気持ちになりますねぇ。

c0181142_06262258.jpeg
1900年まで遡り、その年の代表的な香水とその調香師、瓶のデザイナーの名前が記されたボードが飾ってあります。

c0181142_06284196.jpeg
その下には世の中の出来事が年表で説明。




c0181142_06294643.jpeg
2017年まであったかなぁ。私のお気に入り、Kenzo Homme はありませんでした。

c0181142_06310028.jpeg
さすがに大御所、シャネルNo.5 は初代1921年(右から二番目)、1924年、1950年、
1970年と並んでました。
誕生したのは1921年。ココシャネルの依頼で、当時彼女のロシア人の恋人を通じて、知り合った調香師 Ernest Beauxが作り上げた香水です。試作品5つの中から5番目を選んだココシャネル。香りと彼女のラッキーナンバー数字の5にちなんで選んだとか。
グラースの天然のジャスミンとバラのエッセンスとErnest Beauxが編み出したアルデヒトの融合でもっとも長い時間香ることに成功し、なんと合計80もの原料からなっています。もちろんその全ては知ることはできません。
c0181142_06323521.jpeg
ゲラン Mitsukoの調香師はJacques Guerlain ブランド、ゲラン創始者の孫にあたります。シャネルNo.5を作ったErnest Beauxは彼についてこう言葉を残しています。

"僕がヴァニラを使うときは、クリームカラメルを作るけど、彼がヴァニラを使うときは、Shalimarを作るのさ" (Shalimar は香水の銘柄です)


この他『世界香水博物館』は歴代のラベル、工程における機械等、見所たくさん。機械に関しては次のフラゴナール博物館で書くことにいたします。





by Jonetsu-Italia | 2018-12-06 08:15 | イタリア以外の外国 | Comments(0)
<< グラース 匂いの園へ 魅惑の香水瓶『国際香水博物館』 >>