人気ブログランキング |

カテゴリ:イタリアのお菓子( 2 )

イタリア人の好きなジェラート味は?

ジェラートは世界中で誰もが好きな夏のアイテム、もはや年中かも。

イタリアで一番ジェラートがおいしいとされる街、実はボロ-ニャ。ボロ-ニャには多くの工業用機械メーカ-が密集しており、その昔から工場も多く残っています。中でもCarpigianiなどのアイスクリ-ムメーカーは有名ですね。
イタリア中のジェラタイア(ジェラート職人)はボロ-ニャで修行するらしいとのこと。
c0181142_02420107.jpeg
最近では日本でもお馴染みのジェラートチェーン、GROMも小売りを始めて、スーパーのCOOPでも売り出し始めました。高いから、あんまり売れない感じ。ほぼ同じ料金で、近くの美味しいジェラテリアでテイクアウトも出来ますからね。

それぞれお気に入りのジェラテリアって人それぞれあるんだけど、いっつもそこではなく、人気薄だけどあそこのあの味はうまいとか
それはそれは奥深いのです。

イタリア人と一緒にいくと必ず彼らはチョコレ-トベースを必ずと言っていいほど頼みます。

そこで、ちょっと調べてみました。

イタリアジェラート協会(ISTITUTO DEL GELATO ITALIANO)の調査データ。

(イタリア人が好きなフレ-バー)

  1. チョコラート 27%
  2. ノッチョーラ(へーゼルナッツ)20%
  3. リモ-ネ(レモン) 13%
  4. フラーゴラ(イチゴ) 12%
  5. クレ-マ(バニラ)10%
  6. ストラッチェテッラ* 9%
  7. ピスタッキオ(ピスタチオ)8%
  8. その他 1%

*牛乳と生クリ-ムベースのジェラートにダークチョコチップが入っているもの。

そして、ゆっくり食べるのが好き。統計によると平均約7分かけて食べるそうです。(笑)
c0181142_02464700.jpeg
これはイモラで人気のジェラテリア、『Emilia Cremeria』で、シチリアのカンノ-リとピスタチオ。うまい!

c0181142_02483553.jpeg
イタリア人人口の95%がジェラートが好きだと答えてます。

イタリア人にとって、ジェラートがない生活は考えられないのでは。



by Jonetsu-Italia | 2018-08-06 06:17 | イタリアのお菓子 | Comments(0)

EXVオリーブオイルでドルチェ

仕事で日本へ行ってきました。今回は弊社のオーガニックEXVオリーブオイル。5月にミラノで行われた弊社主催のイベントを日本バージョンにアレンジし、パートナーシップを結んでいる日本の輸入先の方によるご協力の元、メディア、取引き関係者をターゲットに行いました。いくつか媒体に掲載される予定ですので、お楽しみに。

実際ミラノで行った内容は最近イタリアで調査されたEXVオリーブオイルの健康上の効果と地中海ダイエットの見直しなど健康をテーマにしたもので、セミナー、テイスティング、プチクッキングショー、カクテルブッフェでコンパクトに3時間で構成され、非常によくまとまってました。
c0181142_662058.jpg

c0181142_665469.jpg

c0181142_6111156.jpg

その中で、おもしろかったのは、2人のシェフによるプチクッキングショー。
c0181142_6121525.jpg

手作りペストジェノベーゼ
c0181142_613053.jpg

オリーブオイルを使ったチョコレート菓子。

このお菓子を考案したのは有名なMaurizio Santin氏。ミラノ郊外にあるAntica Osteria del Ponte(東京にもありますね)オーナーシェフ、Ezio Santin の息子で、イタリアでも有名なパスティチェレ。フランスの有名なTaillevant、George Blanc a Vonnas 、Louis XV、Jaminといったミシュラン3星レストランで修行を積み、イタリアへ帰国。ガンベロロッソチャンネルほか各メディアで活躍中。今年の夏に日本にパスティッチェリアを開けると言ってましたよ。詳細が分かればまたご案内します。

とにかくこのお菓子が激ウマで、今回の東京での試食でも大好評。

レシピをご紹介します。

Ganache montata al cioccolato bianco e torta tenerella ciocolata all’olio EXV

『EXVオリーブを使ったガナッシュチョコレ-トのテネレッラ(マフィン)添え』

《材料4人分》
(クリーム)
生クリーム  50g
有機EXVオリーブオイル 70g
ホワイトチョコレート 110g
生クリーム 220g
バニラビーンズ 1房

《作り方》
①ミルクパンに生クリーム50gとバニラビーンズを入れ、中火にかけひと煮立ちしたらバニラビーンズを取り除く。
②チョコレートを荒く刻み、ボールに入れておく。
③①に②を加え、チョコレートが溶けるまでかき混ぜ、オリーブオイル、残りの生クリーム220gを加え、全体を良くかき混ぜ、ラップをかけ、冷蔵庫で約12時間冷やす。
④サーブする前に泡だて器で角が立つまで泡立て、用意しておいたマフィンの上にトッピングする。

(チョコレ-ト テネレッラ部分)
ダークチョコレート(71%) 160g
バター100g
グラニュー糖 100g
小麦粉(薄力粉) 60g
卵の黄身 4個
卵の白身 4個

《作り方》
①ボールに荒く刻んだチョコレートとバターを入れ湯煎しながら溶かしてゆく(最大50℃を超えないように注意しながら)。
②①に黄身を1個ずつ加えながら、少しずつかき混ぜる。
③ボールに白身を泡立て、少しずつグラニュー糖を加えてゆき角が立つまで泡立てる。
④③に②を少しずつ加え、全体を軽くかき混ぜる。
⑤④に事前に振るっておいた小麦粉を少しずつ加え、ゴムベラで全体を切るように下から上へ)にさっくりとゆっくりかき混ぜる。(決して早くかき混ぜないように)
⑥オーブントレイにオーブンシートを引き、⑤を流し込み、170℃に熱したオーブンで約15分焼き上げる。
⑦⑥を小さな丸型に型抜きし、グラスに入れ、泡立てたガナッシュを添える。

イタリアではお菓子にオリーブオイルを使うのが、結構流行ってます。健康を意識したい方、ぜひお試しを。味も絶品ですよ。



by Jonetsu-Italia | 2013-07-04 06:32 | イタリアのお菓子 | Comments(0)