タグ:グッズ ( 24 ) タグの人気記事

グラディエータ-をレゴで。

食事の後、クリスマスのライトアップを見ながら、ホテルへ戻る途中に、グラディエータ-発見。
c0181142_07053749.jpeg
レゴで作ってあるんです!ヒゲがポイント。躍動感がある。
c0181142_07060639.jpeg
この古代ローマの柱だって、古く欠けた雰囲気とかよく再現されてます。盾もヘルメットも。よく出来てますよねぇ。
c0181142_07062678.jpeg
もちろん、後ろのフォロロマーノは写真ですけどね。
c0181142_07064494.jpeg
『LEGO Store」Via Tomacelli 142, Roma

暗闇に浮かぶ、お茶目なグラディエーターたち。日本だったら、何をキャラにするのかな?




by Jonetsu-Italia | 2018-12-28 07:23 | ヴァカンス | Comments(0)

Costa三姉妹の華麗なマーケティング『Fragonard』

無料見学ツアーのフィニッシュは館内の売店へとご案内。お決まりのパターンですけどこの店も素敵。
c0181142_07333539.jpeg
先ずは彼女がいくつか香水を紹介してくれ、興味があれば購入というわけ。香水は本当に安いです。オーデコロンは15€くらいで香水でも20€。私は石鹸売り場に一直線!

c0181142_07341293.jpeg
陽光が入り込む明るい店内で心も和みます。

c0181142_07344728.jpeg
そのパッケージングがまさに私好み。

c0181142_07354166.jpeg
c0181142_07355940.jpeg
どれもこれも欲しくなっちゃう。

お土産用の石鹸を幾つかとボディークリームを購入。これまたいい匂い。
c0181142_07362401.jpeg
この中近東の雰囲気たっぷりのデザインは先ごろCosta姉妹がイラン旅行へ出かけインスプレーションを得たものだとか。

c0181142_07365810.jpeg
2018年イヤーオブザフラワーシリーズ。今年はVerbena。石鹸、オードトワレ、ホームフレグランス、など青々しい爽やかなイメージのパッケージ。香りは調香師Céline Elena によって Lemon Verbena, Tropical verbena, Pure verbena の3種のVerbena がブレンドされ開発されました。

c0181142_07374823.jpeg
こちらは調香ルーム。約2時間あればお気に入りのフレグランスを調合してくれて、いつまでもそのレシピはアーカイブに保存されいつでも注文できるのです。

次回は是非お願いしてみようっと。

c0181142_17390282.jpeg
コレはかなり気に入り❣️

どこから見ても女性のセンスが光るマーケティングだと納得。

by Jonetsu-Italia | 2018-12-22 05:40 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

お土産は自動販売機でね(バーリ空港にて)

仕事でバーリへ行ったときのこと。

ボロ-ニャからは唯一の直行便RAYANエア-を使ってたまに日帰り出張をします。

格安なんですが、時間帯が遅いのもしばしば。その日は21時過ぎにバーリを出発ということで空港内で軽い夕食を済ませることに。

仕事の場合それほど街中でお土産を買うことも出来ないし、チョイスとしては空港内の店などになるわけです。びっくりするくらい高くて馬鹿馬鹿しい。しかも遅い時間はクローズしちゃうし。そんな方に朗報。

出発ゲート近くになんと自動販売機があって、ワイン、チーズ、EXVオリーブオイルなどプ-リアの特産物が買えるんです。運営はApulfood と言って プーリアの特産品をプロデュースしている会社のようです。
割と料金も良心的だし、結構可愛らしいものもあるし、なんだかんだゲートで待たされてる間に物色出来るし。
c0181142_08302667.jpeg
ワインも豊富。搭乗口の手前なので機内持ち込みオッケー。
c0181142_08305442.jpeg
c0181142_08312522.jpeg
紅茶の缶みたいなのは、オリーブオイル‼️
c0181142_08315977.jpeg
壁にもディスプレイあり。ありそうでなかったアイデアですね。可愛い!
カーチョ リコッタ(リコッタチーズのハードヴァージョン)もあったし。今度買ってみようっと。

職業柄、賞味期限の管理とかどうするのかついつい気になっちゃう。


by Jonetsu-Italia | 2018-11-22 06:55 | プーリア | Comments(0)

犬にもジェラート、シャ-ベット、スムージーを!

どこもかしこも猛暑で大変なことになってますね。

暑中お見舞い申し上げます。

先日近くのゴンタの為に、ペットフ-ドショップに行った時のこと。

犬用のジェラートとなるものを発見。
c0181142_20155486.jpeg
こちらはソルベット(シャ-ベット)ですかね?

c0181142_20152640.jpeg
こっちはジェラートって書いてあります。粉末タイプで水を足してかき混ぜ、冷凍庫で凍らせるらしいです。犬のために開発されているので、彼らにやさしい原材料を使い、ビタミンやポタシュ-ムを加えてあるらしい。一個2,5ユーロ。人間のジェラートと同じくらいの料金設定ですね~。

MADE IN ITALYとあって、そそられるテイストのラインアップ。
パイン+キャロット、バナナ+バニラ、オレンジ+キウイ、ココナッツ+ラズベリ-

c0181142_20162790.jpeg
サ-バーでそのまま食べれる、犬用スム-ジーもありました。

散々物色して、ゴン太には買わず。。ひどい飼い主だ。

by Jonetsu-Italia | 2018-08-05 06:14 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

ミラノナヴォリオ地区でアンティークスプーンアート

同じく、ナヴォリオ地区をブラブラしてると、興味深いお店を見つけたので、
入ってみました。『Brandstorming』。いろんなアーティストの作品をテンポラリーで扱ってる店。
c0181142_22545961.jpeg
着物をパーツを使ったグッツなど、日本的なものも。
古い飲み物の瓶を上手く加工してランプシェードにしてあったり。
c0181142_22554004.jpeg
アンティークフォークやスプ-ンをうまくつかったGiovanni Scafuro氏の作品群をはじめ、ユニ-クで個性的なグッズであふれかえってます。
c0181142_22560348.jpeg
c0181142_22562721.jpeg
蚤の市で二束三文のスプーンやフォークが味のある作品になって蘇り、なかなか素敵。
c0181142_22571523.jpeg
古い瓶をカットして、花の模様を施して花瓶に。

c0181142_22574073.jpeg
c0181142_22580680.jpeg
アイデアが素晴らしい。でも、もしかしたら、自分たちで出来るかも!

店の雰囲気から、なかなか接写できず、うまく伝えられないのですが、とにかく面白かった。一点物ばかりで、値段はお高めでございます。


c0181142_22583227.jpeg
近くを通ったら是非。

by Jonetsu-Italia | 2018-05-23 08:32 | 美術 | Comments(0)

ミラノ ナヴィリオ地区にプチ代官山『TENOHA MILANO』

お昼に、気になるラーメン屋さんに行きたくて、ナヴィリオ地区に行ったんですが、営業時間に間に合わず。。。また次回の新たな目的が出来たってっことで諦めてそのまま近くでランチの後、そぞろ歩きをしてたら なにやらよさげな雰囲気の店発見。
c0181142_06342152.jpg
プチ中庭があって、ティ-タイムにも良し。メニュ-を見ると、カツサンドなどの日本食も!
中に入ってみると、バール、広めの飲食スペ-ス、イベントスペ-ス、奥にはセレクトショップと大きなコンプリートになってました。詳しくはコチラ=>TENOHA MILANO

庭には竹や紅葉など日本を感じる植木もあって情緒あり。

c0181142_06365376.jpg
バールは営業中なのにガラーンとしてたのがちょっと心配。

c0181142_06410123.jpg
こんな掘りごたつ状態の個室スペースもイタリア人喜びそう。

c0181142_01102237.jpeg
広々したセレクトショップにはメイドインジャパンの物を中心にディスプレイ。

c0181142_01104653.jpeg
洗練されたおもてなしグッズが、日本のショップのようにキチンと並べられてます。

c0181142_01114226.jpeg
風呂敷を上手く見せてますね。

c0181142_01121363.jpeg
話を聞くと、東京の代官山(元ETALYがあった場所)にあるTENOHA がなんとイタリア進出。和と伊のコラボレ-ションを狙った戦略だそうです。

四季折々の日本の伝統と文化を上手く伝えつつ、イタリアとの交流の場を広げる場所になるとイイですね。

最近日本企業の勢いを感じます。いいじゃないか!イタリアに見る日本文化。応援します。



by Jonetsu-Italia | 2018-05-22 08:26 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

香港発ファッションブランド 『aalis』


たまたま見つけた香港ブランドショップ。マネキンが着ていたパンツに一目ぼれ。買っちゃいました。店の名前は『aalis』

c0181142_03255695.jpeg

c0181142_03262992.jpeg
全体的に乙女チックだけど、中には私好みのキュートかつシャ-プなラインもあって、要チェック!

いいじゃないかご当地ブランド❗️



by Jonetsu-Italia | 2018-05-03 07:06 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

イタリア家庭にも革命的日本食の兆し⁉︎

ボローニャは1月5日からSaldi (セール)が始まります。
各都市で開始日がオフィシャルで決まってて微妙な違いがあるのがイマイチ分かんないんですよね〜。ミラノ、ローマ、ナポリは1月2日でフィレンツェ、ボローニャは5日。

とりあえず近くのアウトレットへ行ってきました。

c0181142_08433322.jpeg
Castel guelfo outlet はプラダとかグッチなどの観光客にお馴染みの有名ショップはないんだけど、アメリカブランド等があって、イタリア人好みのショップが多く、お客は殆んどイタリア人。
c0181142_08440732.jpeg
近くのホームセンターに発見したのは、家庭用鉄板プレート❗️コレってかなり家庭料理の幅が広がりますよね。そのうちガスコンロで鍋とかやり出すのも意外とすぐなのかも。日本人的には蓋がないのが気になっちゃうけど。。。
c0181142_08445425.jpeg
手作り鮨セットなるものも。包丁が入ってるのがポイント。
c0181142_08452929.jpeg
日本食器を意識したシリーズも。
c0181142_08455924.jpeg
その名もオリエントブルー。
ちゃっちいけど結構カワイイかも。
c0181142_08462519.jpeg
c0181142_08442921.jpeg
寒くなって来ましたよ〜。


by Jonetsu-Italia | 2016-01-05 07:05 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

イタリアスニーカーに『富士』

雑誌で見かけて、実際見たいと思ったのがコレ。イタリアン スポーツメーカーLOTTO(ロット)が出してる、日本ヴァージョン。

Caberlottoファミリーが1975年トレヴィーゾに創設したことから 苗字の後ろをとってLotto。のサッカーチームの靴を作っていたのがきっかけで、その後サッカーシューズでも有名に。

最近ではイタリアサッカー選手、ルカ トー二も愛用していたことで知られてます。

それにしても日の丸と東京、渋谷の漢字の組み合わせ、いけてるのかなぁ。
c0181142_19042437.jpg
一足€140だから、けっこうなお値段。
c0181142_19024578.jpg


c0181142_19060177.jpg

でもって、こっちがトレッキング仕様。
c0181142_19070717.jpg
山登りってことで、『富士』。分かりやすいといえば、分かりやすい。
c0181142_19081263.jpg

と、いうことは『東京』『渋谷』はシティー仕様ってーこと!?

ダニに買うように薦められたんだけど。。イタリア人が履いたらいいかもね。












by Jonetsu-Italia | 2016-01-03 18:59 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

EXPO MILANO まとめ =ミラノ土産編=

今年5月からミラノで6ヶ月開催されていたEXPOに何回か行ったんで、ザックリレポートします。

まずはミラノの街の様子から。ついでにミラノでショッピング❗️という人たっくさん。

とにかくEXPO一色。

c0181142_07561847.jpg
c0181142_07555432.jpg

ドゥオモの下に、『ドゥオモショップ』なるもの発見。この機会に開発したんですね〜。
c0181142_07574787.jpg
まさしくドゥオモを模ったグッズが豊富。チョット入店。ここでの収入はドゥオモの修復費用に貢献されると書いてありました。
c0181142_07572630.jpg
c0181142_07570389.jpg
c0181142_07564160.jpg
目に止まったのがこれ、ドゥオモの形をした時計‼️
可愛すぎ💮。
c0181142_07582217.jpg
小さいのが€74,90。鳩時計仕様のが€189。結構なお値段ですね〜。
c0181142_07590918.jpg
でも欲しくなっちゃった。。。




by Jonetsu-Italia | 2015-10-30 07:28 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)