人気ブログランキング |

タグ:小さな街 ( 73 ) タグの人気記事

元教会で夕食を

テルメの後、やっぱりお昼を抜いてリンゴだけではお腹がすいてしょうがなく、19時30分とイタリアでは早めだけどBagno di Romagnaのチェントロで食べていくことに。

シーズンオフで閉まっている店が多い中、ここは開いてました。『La Cenacolo』

なんと朽ちた教会、Santa Lucia をオ-ナ-夫婦が買い取ってレストランに改造。教会の原型を保ちつつ上手に空間を利用しています。

c0181142_06462478.jpeg
教会正面はそのまま残して。
c0181142_06470571.jpeg
地下のクリプタをガラス越しに覗けます。盆栽がちょっと。。ミスマッチだとちょっと思ったり。

c0181142_06473943.jpeg
見事なフレスコ画が残ってました。我々はその真ん前の席に通してもらったので、厳かなムード。

c0181142_06481151.jpeg
猪のラグーでタリアテッレ。

c0181142_06484194.jpeg
ダニはセコンドも。鹿のシチュー。

c0181142_06492320.jpeg
両端に階段があり、上階へ行けるようになってます。

c0181142_06500254.jpeg
元教会のレストラン、趣がありました。こうやって昔の建物を再生するのはとってもいいことだと思いますね。ピッツァもあるので全体的にお値段もお安くサクッと食事出来ますよ。


by Jonetsu-Italia | 2019-03-25 07:04 | レストラン | Comments(0)

宇宙から帰還したらテルメでリハビリ。

ドイツ出張はなんと、往復車で行くのでクッタクタ。ボローニャからニュルンベルグまで約片道8、9時間ですから。

そんな疲れた体を癒そうと、近くのテルメに行こうと探したのがここ、Bagno di romagna。CESENAから南に約50kmいったところにある古代ローマ時代から存在する歴史あるテルメ。
当時、ラヴェンナとローマをつなぐ街道の中間点でテルメがあることから丁度良い休憩地として使われてました。ラベンナは古代ローマ時代2番目に大きな帝国軍の艦隊があり、重要な商業港だったので軍隊が冬場の湯治に寄っていたらしいです。

もろもろ情報収集していたら『Grand Hotel Terme Roseo』
の温水温度が39度前後(実際のプールはもう少し低いかも)と高くて良さそうだったので、30分のマッサージ付、グロッタサウナ付きで1人€59の日帰りコースをチョイス。

重炭酸ナトリウムとカルシウムが豊富な水質で神経痛やリウマチなどに効能アリ。

c0181142_02192719.jpeg
この季節は屋内プールのみ。小さめですけど予約を必ず入れるシステムで人数が制限されていて、芋洗い状態にならないのがなかなかgood。プールの中にはボタンを押す場所がたくさんあって、色々なジャグジーを楽しめます。健康ルールに従って、20分入っては必ず出てひと休み。写真にはありませんが、ジム機材も揃ってて合間にトレ-ニングも可能。

c0181142_02195244.jpeg


c0181142_02202956.jpeg
なんと、リンゴは食べ放題!それもそのはず、お昼をはさんで滞在すると、昼食サービスがないので、やはりお腹がすく訳で。。ダニは3つくらい食べてたかな。

c0181142_02210062.jpeg
宇宙ステーションで任務を終えた宇宙飛行士が地球に戻った後、リハビリのためにこのホテルのテルメに滞在したそうです。
びっくりですねぇ。古代ローマから宇宙までなんと幅広い!

c0181142_06050997.jpeg
展示会後のリハビリよかったです。なんだかんだ7時間ぐらい居ましたけど、あっという間でした。



by Jonetsu-Italia | 2019-03-23 07:14 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

永遠のアイドル FIAT チンクエチェント(ヴィンテージ)

久々に晴れ間が広がり気持ち良いので、地元カステルサン・ピエトロテルメのチェントロを散歩。

広場に可愛いチンクエチェントが停まっていて、どうやら市役所で結婚式があった模様。

新郎新婦のために、用意された車がFIAT チンクエチェントのヴィンテージ。聞いてみたら親戚のひとりが自分の愛車をプーリアからこの日のために運転して来たとかで。1969年車だけど、手入れが行き届いていてピッカピカ。
c0181142_07493083.jpeg

c0181142_07504000.jpeg

c0181142_07512325.jpeg
なんとクラクションにラッパ搭載!パラリラ♪パラリラ♪と軽快に走ってゆくのでした。(街中に響き渡ってました)

c0181142_20160753.jpeg
何十年たっても、こうやって大事にされて皆に愛される、まさにイタリアのアイコン。(私もアイコンに使ってますけど~)。

イタリアにはFIAT500 CLUB ITALIAのような、たくさんファンクラブがあって、同好会がちょくちょく各地で開催されたりしてます。小さい街に大集合みたいなことも。


私もいつの日か欲-------------------しい!!!



by Jonetsu-Italia | 2019-01-27 06:06 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

プーリアでまったり元旦。

今日は元旦。ダニの妹ファミリーはフィレンツェへ帰宅し、残った我々はゆっくり自宅で昼食を済ませ、食後にダニとまったり地元を散歩。(運動不足解消のためウォーキングという事で、なんせ食べ食べ地獄のプーリアすから)。

ダニの実家は陶器の街グロッターリエの隣町、Montemesola という人口約3000人の小さな街。

元旦の午後、だーれもいません。しつこいですが本当に人っ子ひとりいません。
c0181142_04474033.jpeg
店もガソリンスタンドもバールもみーんな休み。
皆自宅で長い昼食を済ませ、カード遊びに勤しんでるのに違いない。
c0181142_05313346.jpeg

c0181142_05320015.jpeg
シーンと静まり返った街中。大昔子供の頃日本のどこか小さな温泉で元旦を過ごした記憶が蘇ります。
表で大きい声で喋くりまくるダニの声を聞きつけて、高校の同級生が家からわざわざ出て来て呼び止める始末(笑)。
c0181142_05322816.jpeg

c0181142_05331498.jpeg
高台からの眺め。遠くにTaranto が見えます。所々にオリーブ畑が広がってなかなかの景色。

近所のダニの親友ドメニコ宅へ新年のご挨拶。(ちなみに本人のドメニコは不在。イタリアあるある)。

伝統菓子をつまみながらご両親と世間話。

ドメニコは手先が器用で、多彩な趣味を持ってるんですが、プレセーぺもその1つ。今年のは規模は小さいながらも、割れた陶器と野生タイムの草木を上手に利用して作製。

c0181142_05403551.jpeg

c0181142_05410536.jpeg
コンパクトだけどナチュラルに仕上がって気に入りました!欲しい!

プレセーぺの過去記事はこちら↓

こうして2019年の元旦が過ぎゆきました

by Jonetsu-Italia | 2019-01-02 04:10 | プーリア | Comments(0)

Costa三姉妹の華麗なマーケティング『Fragonard』

無料見学ツアーのフィニッシュは館内の売店へとご案内。お決まりのパターンですけどこの店も素敵。
c0181142_07333539.jpeg
先ずは彼女がいくつか香水を紹介してくれ、興味があれば購入というわけ。香水は本当に安いです。オーデコロンは15€くらいで香水でも20€。私は石鹸売り場に一直線!

c0181142_07341293.jpeg
陽光が入り込む明るい店内で心も和みます。

c0181142_07344728.jpeg
そのパッケージングがまさに私好み。

c0181142_07354166.jpeg
c0181142_07355940.jpeg
どれもこれも欲しくなっちゃう。

お土産用の石鹸を幾つかとボディークリームを購入。これまたいい匂い。
c0181142_07362401.jpeg
この中近東の雰囲気たっぷりのデザインは先ごろCosta姉妹がイラン旅行へ出かけインスプレーションを得たものだとか。

c0181142_07365810.jpeg
2018年イヤーオブザフラワーシリーズ。今年はVerbena。石鹸、オードトワレ、ホームフレグランス、など青々しい爽やかなイメージのパッケージ。香りは調香師Céline Elena によって Lemon Verbena, Tropical verbena, Pure verbena の3種のVerbena がブレンドされ開発されました。

c0181142_07374823.jpeg
こちらは調香ルーム。約2時間あればお気に入りのフレグランスを調合してくれて、いつまでもそのレシピはアーカイブに保存されいつでも注文できるのです。

次回は是非お願いしてみようっと。

c0181142_17390282.jpeg
コレはかなり気に入り❣️

どこから見ても女性のセンスが光るマーケティングだと納得。

by Jonetsu-Italia | 2018-12-22 05:40 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

グラース ファミリ-企業『Fragonard』社

グラースの街には個人企業が公開している無料で入れる博物館やブティックが沢山あるんですよ。
c0181142_08163496.jpeg
1926年創立のFragonardo 社は Galimard, Molinard と並ぶ老舗企業の一社。
香水だけではなくライフスタイル全般として、フラゴナ-ルブランドを打ち出し、洋服、アクセサリー、室内装飾品などを手がけています。グラース以外にもエズにも工場、パリにも博物館やブティックがあり、日本には一度店舗が進出したようですけど、残念なことに撤退。現在はサイトを通じていくつか購入できるみたいです。

社名はグラース出身の画家 Jean-Honoré Frangonardにちなんでおり、この会社のポスターも彼の作品。気品にあふれる優しいタッチは花の芳しさにぴったり。

歴代Fragonardファミリーによって運営されてますが、現在はCosta 三姉妹 がマネジメント。パッケ-ジコンセプトなど、女性が手がけているのがよくわかります。

博物館の展示室をまずは見学。
c0181142_08165945.jpeg
歴代のラベルたち。華やかで美しい。

c0181142_08172045.jpeg

c0181142_07254586.jpeg
Fragonard 社発行美しいアンティ-ク香水瓶と香水についての本。

c0181142_07260676.jpeg
同じく、プロファンスの衣装と宝飾品の本。


c0181142_08174084.jpeg
アンティ-クの宝飾品がいろいろと並んでいます。

c0181142_08180123.jpeg
アンティ-クの小さな香水瓶のコレクション。
c0181142_08181863.jpeg
c0181142_08183512.jpeg
1700年代の陶器でつくられたミニ香水瓶。かわいらしいですね。

c0181142_08185372.jpeg
ジャコウジカなど動物が原料の香料たち。
c0181142_08192117.jpeg
ちょっとびっくりしたのが、海狸香と呼ばれるビーバーの香嚢。ここからレザーノ-トといわれる皮革の香りを出すために使われたそうです。今はワシントン条約によってその取引は禁止されているので、合成香料が使われています。

c0181142_08193805.jpeg
歴代の年表。
c0181142_08195609.jpeg
オ-クのコケです。こんなものが香水の原料になるんですね。

無料ガイドツアーの話に続きますよー。


by Jonetsu-Italia | 2018-12-16 08:29 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

カンヌと『プレデター』

楽しい夕食後、カンヌの砂浜にゴン太を連れて行きたくてちょっぴり夜のお散歩へ。

カメリエレに教えてもらった道を歩きました。
c0181142_06501352.jpeg
カンヌは国際パルムドール映画祭で誰もが知ってる有名な映画の街です。
ところどころに映画をモチーフにした壁アートがあちこちに。


c0181142_06514302.jpeg
カンヌヨットフェスティバルも開かれるだけあって、高級クルーザーやヨットがわんさか停泊しているハーバーの横を通って、ビーチに向かい、ゴン太を遊ばせて、ふと目にとまったものが‼️

c0181142_06525815.jpeg
映画の上映を告知する、カンヌのアイコン。

その映画が『Predator プレデター 』‼️ そのギャップがつぼにハマって笑いが止まらず。

グルグルと回転するプレデターとカンヌの夜。

その横にはジャンヌダルクの像がありましたが、それよりもずっとインパクトに残りましたよー。

by Jonetsu-Italia | 2018-12-15 07:51 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

こころ奪われる香水の世界『国際香水博物館』

グラースに来たらやっぱり『世界香水博物館』へ。

香水のもとになるエッセンスの世界の60%はここグラースで製造されます。街には企業が約50あるそうで。まさに香水に支えられた街。

グラースは中世の時代にイタリアのメディチ家によって皮の加工品技術がもたらされ、その後皮手袋の生産地として有名になりました。しかし、その皮のにおいが強烈で不人気に。そこで思いついたのが香水とのコラボレ-ションで、手袋と一緒に香水を入れて売り出したところ、それが大ヒット。そこから香水産業としてこの街は発展したのです。

ひとくちに香水博物館といっても、幅広い展示で、気が遠くなるのでいくつかテ-マに沿って書くことにします。

主催者の一人であるフランソワ・カルノー(Francois Carnot)によって、
1918年、私設博物館として創設。その後個人からの香水やそのラベルなどの寄付、また寛大な献金のおかげで今のような博物館となったのでした。

c0181142_02125698.jpeg
博物館前(現在こちらは出口になっていて、入り口は別の通りにあります)にある、当時の香水売り子の銅像。(こうやって売りに歩いていたんですねぇ)

c0181142_02135776.jpeg
c0181142_02143998.jpeg
中に入ると、香りをかぐ紙スティックのディスプレイに圧倒。ボルテ-ジも上がってきますねぇ。当日は何かのコンファレンスがあって、それらしいモードの人々がワイワイガヤガヤ。

c0181142_02152585.jpeg
グラース周辺の花の産地マップ。黄色がミモザ、濃い紫はすみれ、オレンジはオレンジの花、薄い紫はラベンダ-、黄緑は水仙、ピンクはバラ、ジャスミン、チュ-ベロ-ズ、マドンナリリー。

グラースはバラ、ジャスミンが主な栽培だということが分かりますね。


c0181142_02193433.jpeg
花の栽培とその収穫について詳しく解説。丁寧に手摘みでバスケットに集められたバラの花びらを工場へと運んで、こうやって空中に投げ、香りを引き出すのだそうです。
c0181142_02202656.jpeg
収穫に使う道具。
c0181142_02204857.jpeg
当時の皮手袋。街には今は全く、その面影もありません。(ちょっとミッキ-マウスの手袋みたいですけど 笑)

c0181142_02213850.jpeg
エッセンス(香油)の工程など(後ほど詳しく書きます)。

とにかく興味深いテ-マがてんこ盛りで、丸一日かかります。

まだまだ博物館の話は続きます。




by Jonetsu-Italia | 2018-11-27 07:06 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

ずっと行きたかった南フランス グラース

母親を近隣のヨ-ロッパ諸国へ連れて行きたいと思っていて、その第2弾(第1弾はもうすぐ書きますよ)を計画。
今度はゴン太も一緒なのでレンタカ-をかりて南フランスがちょうどいいかなと、10月の初旬の4連休を使って小旅行へ。

以前アンティ-クローズミュ-ジアムについて書きましたけど、約18年前に調香師になるためのコースを少し齧ったことがあります。
その時に習った藁先生が1965年に南フランスグラースで活躍されたことがあって、いつの日か香水の聖地グラースへ行ってみたいと。

地図を見たら、カンヌから30分ほどと案外近い。折角だから3泊ともそこに泊まって周辺を楽しむことに。

いつものBOOKINGcon ではいい宿は見つからず、初めてAirbnb を使って見つけたのがここ B&B COQUELICOT。
c0181142_21525351.jpeg
キッチン付きだと思い込んでたら、それが無かった!(サイトの詳細をよく読んでなかったんですけどね)
それでも庭を眺めながらの朝食付き。焼きたてのクロワッサンがこんな爽やかな庭で毎朝いただけるのは素晴らしい。

c0181142_21554825.jpeg
手作りのジャムやら。押し花のトレイがオシャレ。

c0181142_21562489.jpeg
焼きたてのクロワッサンやデニッシュ。(コレコレ、普段はイタリアでは食べれないレベル。)バターを使ってパリッと。そしてたっぶりのカフェオレ。南フランスでは紅茶用、押してフィルターするのティーポットを使っていて、イタリアのモカもなかなか手に入らないし、イタリアンコーヒーLavazzaぐらいしか手に入らないとかで、オーナーのダニエルはダニに根掘り葉掘り質問してました。
c0181142_21570760.jpeg
c0181142_21580910.jpeg
母親が寝るリビング。ベットは2つあります。絨毯の掃除が大変だからこちらには犬を入れないでねと。結構辛い注文。テラスがあってゴン太を自由に出入りさせてやりたかったんですけどねぇ。まぁ、仕方がない。

c0181142_21585635.jpeg
我々の寝室。玄関に入るとすぐにこの部屋です。神経質のオーナーの為にゴン太の毛が付いたら大変とこの上にゴン太用シーツを引いてました。

c0181142_21594877.jpeg
ベットの反対側は玄関でダッシュボードには嬉しいお茶の用意。
下の階にはオーナー夫婦が住んでいて、気性の荒い犬が放し飼いで住んでるのでゴン太は庭には出れず。。。

それでも気持ちいい朝食が心地よくって本当に至福のひと時。毎朝1時間半くらいかけてたかな。

c0181142_00481211.jpeg








by Jonetsu-Italia | 2018-11-26 00:34 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

クロアチアでは蟹ミソIN

クロアチアグルメが続きます。
何にもしないでまったり過ごして遠出はしたくなく、泊まったアパートのすぐ裏手にあるBistro pizzeria Lunaへ。覗いたサイトが気軽なポップな感じだったので思いっきりカジュアルで行ってみたらテーブルにロウソクがあったりして、結構オシャレでびっくり。

軽めのサラダくらいにするつもりが、メニューを見てたらやっぱり誘惑に負けて、オールシーフードを注文。

c0181142_10270260.jpeg
ヴェネチアで食べたら高価な蟹、granchio granceola グランセオラのサラダ。
卵ではなく、カニ味噌が絡めてあり、お酒のおつまみに最高な一皿。日本人好みですね。ダニには少ししつこいようで、ワインを飲みながら。イタリアでは味噌はあんまり一緒に入れないので、魚介類の食べ方はクロアチアの方が日本に近いかも。

c0181142_10272091.jpeg
こちらマグロのカルパッチョ。王道のカッペリと。新鮮で美味しかった。
最近はアドリア海にマグロが来ているようです。

c0181142_10273986.jpeg
大好物セッピオリーニ(小イカ)のグリル。バジル入りオリーブオイルと塩で。

c0181142_10275548.jpeg
ダニは1kg以上の大きな鱸のグリル。
c0181142_10282850.jpeg
ワインはモスカート。イタリアではプ-リア、カラブリア州が産地のモスカート種ですが、ここクロアチア(アドリア海沿)では土壌が似ているらしく、普通にメニュ-に載っていて、ダニは大満足。甘口ですからグビグビ行っちゃうので、注意。
ワインも美味しかった。

フリウリやら、トリエステからイタリア人が来るのは、南イタリアへ行かなくても、
ここクロアチアで美しい海と美味しいシーフ-ドが十分楽しめるからでしょうかね。

ピッツェリアだけど、なかなか本格的だったですよ。




by Jonetsu-Italia | 2018-11-19 18:08 | イタリア以外の外国 | Comments(0)