人気ブログランキング |

タグ:日常 ( 130 ) タグの人気記事

サンタンジェロ城の屋上でティータイム

---先日のローマ旅行より---

もう一軒おすすめバールを紹介します。
ローマに住んでた頃、サンタンジェロ城が好きでちょくちょく行って発見したのが、一番上にあるバール。サンタンジェロ城自体入場券必須なので気軽には行けませんけど、眺望が素晴らしいのでついつい行きたくなるんです。

まずはミカエル大天使の真下の広場でグルリと周りのパノラマを楽しみ、更に上へと進むとバールに到着。

c0181142_05404460.jpeg
大天使ミカエル、かっこいいいですね。オリジナルから数えて5代目で、1753年にピーター・アントン・フォン・ヴェルシャッフェルトが製作した青銅像です。


c0181142_17274590.jpeg

c0181142_00054171.jpeg
城の正面に架かる橋。


c0181142_05443407.jpeg
ヴァチカンのクーポラに夕日がさして後光のよう。

c0181142_05422808.jpeg
ここがバールです。速攻で外席をゲットしましょう。夏は藤棚が日陰を作ってくれます。
c0181142_05432101.jpeg
ヴァチカンとつながっている通路を上から見ることができます。この時期残念ながら通ることはできないけれど、年に何度か期間限定で入れるんですよ〜。

チーズケーキと紅茶を頼んでゆっくり眺めを満喫。ちょうど夕暮れタイムで美しい時間帯。

c0181142_00073308.jpeg
城内にはドムスアウレアで見た、グロテスク装飾がここにも施されてました。

c0181142_00090777.jpeg
そもそも、このサンタンジェロ城は、古代ローマ皇帝ハドリアヌスが紀元130年に建築家デメトリアンに自身とその家族の為に霊廟を建てるよう依頼し、紀元139年アントニヌスピウスによって完成したものがオリジナルで、これはその模型。先に建てられたアウグストスの要塞にインスパイアされたようです。

その後、要塞、教皇たちの住居、バチカン公文書館、財務管理所、法廷、刑務所などなどと歴史の変動に伴って様々な用途に移ってゆくのでした。

今度、ヴァチカンからの通路を通れるときに是非また訪問したい!



by Jonetsu-Italia | 2019-05-06 05:44 | まさに歴史 | Comments(0)

ラブリーシュガー

ローマ話の途中ですけど、イタリアは先週の日曜日はパスクア(イースター)でした。会社界隈のバールで可愛いものを発見。

c0181142_06451869.jpeg

バールでは砂糖をこのように詰め込んで容器に入れるんですけど、何やら普段見かけないカラフルな袋。

c0181142_06454183.jpeg

パスクア限定のパッケージでしたよ〜かわいすぎ!

こんなの小売りで売ってたらいいお土産に最適!

でもバールでしか手に入らない!

イタリア人の同僚もつかさずインスタ用にカシャっとやってました


by Jonetsu-Italia | 2019-04-24 06:41 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

フォロロマーノの後は穴場のカピトリー二美術館カフェで。

フォロロマーノ近辺を散策したら、カンピドーリオへ上るのが私のお決まりのコース。カピトリー二美術館も好きなんですが、そのまま入り口を通り過ぎて、左奥へ進みます。少し行くと左手にカフェありの入り口が見つかるのでそこの階段をそのまま一番上まで上るとパノラマティックなテラスカフェがあるんです。実際にはカピトリー二美術館の併設カフェなんだけど、脇から入ればカフェのみもOK。あまり知られてなくて穴場です。『Terazza Caffarelli Roma』

c0181142_23123772.jpeg
中は広々、明るくてゆっくり座ってくつろぐのも良し。

c0181142_23140399.jpeg
ケータリング会社が運営しているので、コンフェレンスやミーティーングにも使われているそうな。

c0181142_23144336.jpeg
アペリティーボも楽しめます。

c0181142_23151201.jpeg
広々したテラスにも出られて、景色も堪能。

c0181142_23155519.jpeg
解放感抜群❗️

c0181142_23164022.jpeg
マルチェロ劇場をはじめ、ぐるっと右には(このショットでは写っていませんが)バチカン、パンテオン、と眺められてなんとも清々しい。

何よりも人が少ないのでテラスをプライベート感覚で楽しめるんですよ。1ユーロのカフェでエンジョイできる私のお勧めスポット。
階段を降りれば、トイレもあるので休憩に大変便利♪。





by Jonetsu-Italia | 2019-04-08 07:30 | ヴァカンス | Comments(0)

目の調子が悪いときはお助けカモミール

ゴンタの右目にたっぷりと目ヤニ。

c0181142_06151764.jpeg
おまけにしょぼしょぼしていて具合悪そう。
c0181142_06160689.jpeg
そんなときはカモミールティーを入れて、コットンで目の周りをぬぐいつつ、数滴身薬代わりにちょちょちょっと。
c0181142_06162945.jpeg

c0181142_06165550.jpeg
朝、昼、晩と日に3回を2,3日続けると、スキッと治ります。

人間にも効きますよ~。




by Jonetsu-Italia | 2019-02-07 07:20 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

ボローニャ老舗ドロゲリア『Drogheria della Pioggia』

Drogheria とはイタリア語で日用雑貨店のこと。最近日本でも聞くようになったようですね。スパイス、塩、瓶詰め物、調味料、お菓子類、食料品もろもろとその他洗剤などを扱うグロッサリーで要は現在のコンビ二みたいなものですかね。

そんな古きよき時代の店『Drogheria della Piogia』を偶然ボローニャ散歩中に発見!
c0181142_05140978.jpeg
手作りのキーホルダーは革製のボローニャご当地パスタ、トルテッリーニ。かなりキュート。

c0181142_05143238.jpeg
ワクワクする様なショーウインドーでとっても気になるのです。
c0181142_05153788.jpeg
色んなものがあるわけですけど。
c0181142_05160265.jpeg
ムムムと気になるものが。
『Pelle Scamosciate 』スエード革のことで、洗車した後これで車を拭いたり、水まわりの拭き掃除とかするらしい。1枚売りの様です。値段はピンキリですから質で決めてるんでしょうね。

こういう姿は小さな商店ならでは。

1967年創業の老舗、近くを通ったら是非覗いてみて下さいませ。



by Jonetsu-Italia | 2019-02-06 07:30 | ザ 伝統 | Comments(0)

Soia Gialla で節分気分

今日は節分でした!

イタリア生活であまり意識したことがなかった節分。

今年は断然意識してみましたよ~。

まずは大豆を買わないと。

大豆はSoiaと言いますが、コレが売ってそうであんまり無い。量り売りの穀物を売ってる店で聞いたところ、取り扱いは黒大豆のみ。『NaturaSiさんなら売ってますよきっと』と、イタリアオーガニックの老舗スーパー『NaturaSi』(昔はこの店から弊社も販売が始まったので、イタリアでオ-ガニック取り扱い店としてはパイオニア的な存在なんです。)に早速行きました。
ただひとつecorブランド(弊社のライバル)で、ありました!『Soia Gialla』ちょっと小粒だけど、まあいいか。
c0181142_06513171.jpeg
ということで、炒って歳の数だけしっかり食べて『鬼は外ー!福は内-!』はずかしいから小声で(ダニは大声で)叫びつつ、ベランダから大豆を投げました。

c0181142_06521695.jpeg
それから50cm(!!)の巨大恵方巻きを作り、日本のネットをチェックしながら東北東の方向にむかってかぶりつき、しっかり節分IN ITALYを満喫。

今年は日本の暦をこまめにチェックしていろいろ楽しもうと思います!



by Jonetsu-Italia | 2019-02-04 21:57 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

永遠のアイドル FIAT チンクエチェント(ヴィンテージ)

久々に晴れ間が広がり気持ち良いので、地元カステルサン・ピエトロテルメのチェントロを散歩。

広場に可愛いチンクエチェントが停まっていて、どうやら市役所で結婚式があった模様。

新郎新婦のために、用意された車がFIAT チンクエチェントのヴィンテージ。聞いてみたら親戚のひとりが自分の愛車をプーリアからこの日のために運転して来たとかで。1969年車だけど、手入れが行き届いていてピッカピカ。
c0181142_07493083.jpeg

c0181142_07504000.jpeg

c0181142_07512325.jpeg
なんとクラクションにラッパ搭載!パラリラ♪パラリラ♪と軽快に走ってゆくのでした。(街中に響き渡ってました)

c0181142_20160753.jpeg
何十年たっても、こうやって大事にされて皆に愛される、まさにイタリアのアイコン。(私もアイコンに使ってますけど~)。

イタリアにはFIAT500 CLUB ITALIAのような、たくさんファンクラブがあって、同好会がちょくちょく各地で開催されたりしてます。小さい街に大集合みたいなことも。


私もいつの日か欲-------------------しい!!!



by Jonetsu-Italia | 2019-01-27 06:06 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

イタリア人の視点から見る北斎 広重展

会社でイタリア人の同僚が普通に『そういえばHOKUSAI.HIROSHIGE展行った?』と普通に会話に登場し始めた浮世絵。昔は北斎が誰なのか全く無知だったイタリア人も最近はこぞって日本へヴァカンスへ行くし、ラーメン屋さんも急激に増えてるし、先頃まさに日本文化の進歩を感じます。

で、我々もボローニャで開催中のHOKUSAI.HIROSHIGE展へ。
c0181142_04461127.jpeg
入り口のアプローチも面白い。今回の展覧会は北斎、広重等の約200点の展示なので、じっくり見すぎて疲れないようにしないと。
c0181142_04464329.jpeg

c0181142_04471895.jpeg
渦巻きはみんな好きですね〜。
c0181142_04480527.jpeg
北斎の『富嶽三十六景』が全てじゃないけどズラリと並んでいて、日本人の私にも見ごたえ十分。有名な赤富士も。この作品、ダニは友人Hさんからアダチ版画ヴァージョンをプレゼントしてもらったので、感慨もひとしお。Hさんありがとう。
c0181142_04485567.jpeg
「五百らかん寺さざえどう」私が好きな作品。遠くの富士山を皆で楽しげに見てるのが
伝わってきます。
c0181142_04501951.jpeg
途中で版画の作成模様をビデオで説明。皆静かに興味深く見てました。
c0181142_04513404.jpeg
超有名な『神奈川沖浪裏』。この絵を見たゴッホのコメントがすぐ脇にありました。

この波はまさにかぎ爪のようで小舟が捕らえられてるのがよく伝わってくる。

今まで波ばっかりに集中してたんですけど、小舟を側でじーっと見ると、その危機迫る感じが伝わってきます。外国人に人気のある一点。
c0181142_04521426.jpeg
江戸から京都までの旅路と題したコーナー。
c0181142_04525269.jpeg
分かりやすく東海道の地図も。こういう説明は嬉しい。
c0181142_04532005.jpeg
魚、甲殻類、草花など静物類も細かな描写が美しい。

c0181142_08354755.jpeg
宿場町の作品を大きく伸ばして、写真スポットにしてました。ナイスアイデア❗️
c0181142_04535911.jpeg
名所江戸百景のコーナー。
c0181142_04542591.jpeg
ゴッホが真似た広重の『亀戸梅屋敷』。遠近感と構図がズバ抜けてますよね。
素晴らしい。
c0181142_04544917.jpeg
ダニのお気に入り。星空をうっすら見せる描写がうつくしいと。
c0181142_04560768.jpeg
当時の江戸の地図と名所江戸百景を描いたポイントが記してあります。じっくりひとつひとつ確認したい❗️

c0181142_04590486.jpeg
かなり反射しちゃってますけど、広重の『内藤新宿』。
ダニ曰く、非常に興味深い作品だと。この頃の日本の馬は蹄鉄ナシで草履を履いている❗️かなり驚いた様子。ウキペディアで調べたら、日本の馬は軽くて蹄も硬くあまり減らないらしい。でも滑らない様に草鞋は必要ってことですね。しかし日本人には気がつかない視点ですねぇ。

とにかく独創的なアングルが目を惹きます。

オーディオガイドを借りながら廻ったのでたっぷり楽しめたし、外国人の視点は面白い。




by Jonetsu-Italia | 2019-01-23 06:10 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

ボローニャ街中のお勧めパスティチェリア『Regina di Quadri』

いつもイタリアには洗礼されたパスティチェリアがないと愚痴ってますが、私好みの店を見つけました。『Regina di Quadri』日本の雑誌にも取り上げられた形跡アリ。


オーナー兼職人のFrancesco Elmi氏は以前、ボローニャ郊外の有名店、Gino Fabbri氏と働いたことのあり、ケーキを見るとその流れを感じます。(過去記事参照

c0181142_05042213.jpeg
店内は小さいながらも、着席もあり、ビビットピンクのユニフォームを着たラガッツィがさくさく仕事をこなしており、
イタリアだとは思えない雰囲気。

c0181142_05055703.jpeg
ボンボロ-ネでカスタードクリームをチェック。クリームは絶品!個人的には生地がちょっと重たいかなぁ。
お腹がすいてたので、ラッテマッキア-ト(温かい牛乳にエスプレッソコーヒーを少しだけたらす、カフェマッキア-トの逆バージョン)を頼んだんですけど、その牛乳がきちんと泡立ててあってなかなか良し!)

c0181142_05063657.jpeg
ケーキの詳細を図で表すなんて、イタリアでは珍しい!

c0181142_05075591.jpeg

c0181142_05101763.jpeg
テイクアウトしたプチケーキ。どれもなかなかのお味。

この手のお菓子やさんがもっと増えてくれるといいのに。





by Jonetsu-Italia | 2019-01-22 06:37 | ボローニャ | Comments(0)

メンバー専用でもヨットクラブでカフェ

用事もあってターラントへ行きました。
今日は快晴、気持ちがいいのでルンゴマーレ(海岸沿い)を散歩。
感じ良さそうなオープンカフェらしき雰囲気の場所に降りて行ける階段を発見。
『メンバーの方のみ、お入り頂けます』と注意書き。
オフシーズンだし、ちょっと覗いて誰も居ないので降りて行くとシニョーレがいたので聞いてみると『問題ないですよ〜』と。

c0181142_08140415.jpeg

c0181142_08143322.jpeg

c0181142_08164977.jpeg

c0181142_08150168.jpeg
海はクリスタル。
c0181142_08152725.jpeg
Castello aragonese が見えます。
c0181142_08205939.jpeg
外からじゃ気づきませんが、入ると中にバールがあってお茶出来ます。寒くなければ外で微睡むのも良し。
c0181142_08155264.jpeg
決まった小鳥が一羽、いつも施設内に居るそうです。

イタリアでは大胆な行動が功を成すこともありますよ〜。

こういう発見は楽しい♪

by Jonetsu-Italia | 2019-01-08 07:47 | プーリア | Comments(0)