人気ブログランキング |

タグ:日本 ( 14 ) タグの人気記事

大阪で日本初『無印良品スーパーマーケット』

今回は大阪でも仕事で店舗回り。

なんと日本初の試みで無印良品の生鮮食品を含めた総合スーパーがあるとのことで取り引き先の方々に連れてってもらいました。

イオンモール堺北花田の中にあって、なんとその敷地面積は世界最大で4000m2もあるそうです。(詳しくはココ)

c0181142_08145952.jpeg
ドカーンとど迫力の入り口。内装もかなり凝ってて目を惹きます。

c0181142_08153365.jpeg
他の食品スーパーと比べても珍しい野菜等が並んでいて楽しいです。野菜近くでスタッフさんが品出ししてたのでちょっと遠慮して写真は撮らず。
c0181142_08162079.jpeg
鮮魚も厳選されたもちろん国産のみを扱うこだわりよう。関西だけに近場で水揚げされた魚達。

c0181142_08164909.jpeg
鳥取から直送の紅ズワイガニ❗️ イタリアでは大きなカニを見ることがまず無いので
心が躍ります❗️美しい❗️

c0181142_08172205.jpeg
あー水蛸❗️タコしゃぶにしたら美味しそう❗️
c0181142_08174425.jpeg
珍しい無印の冷凍食品達。

店内にはもちろん無印以外の食品も並んでますよ。

プチクッキングショーコーナーもあったりと活性させてました。

無地の生鮮面白かった❗️



by Jonetsu-Italia | 2019-03-29 07:11 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

恵比寿の板蕎麦『香り家』で春を味わう。

東京で仕事中取引先の方Sさんに連れて行っていただいたお蕎麦屋さん『香り家』
なかなか情緒があるインテリアで一緒にいたフランス人女性も大喜び。
c0181142_05434418.jpeg
お蕎麦屋さんのだし巻き卵はいつもいいお味。
c0181142_05441467.jpeg
春野菜の天ぷら盛り合わせ。たらの芽など何年ぶりですかねぇ。
c0181142_05450072.jpeg
私は桜えびのかき揚げそばを注文。まさしく春の味。板蕎麦とは打った蕎麦を入れる容器をそのまま食卓に出すのでそこから呼ばれてるらしいです。蕎麦は細切りか太切りかを選ぶことができます。私は蕎麦は細い方が好きですね。
使われている陶器は信楽焼でこれまた雰囲気にしっくり。
c0181142_05454024.jpeg
平日のランチタイムとあって満席状態。Sさんご馳走様でございました。
c0181142_05460519.jpeg
エビスビールとあって、生ビール❗️


by Jonetsu-Italia | 2019-03-27 07:33 | レストラン | Comments(0)

洗濯機付きシティホテル『東急スティ新橋ホテル』

3月上旬は日本へ仕事で10日ほど帰国してました。

今回の東京のお宿は『東急スティ新橋ホテル』。広めのコンフォ-トダブルルームを指定。

なんと部屋に洗濯乾燥機が付いてるんですよ。最終的にそれを活用できるほど宿泊できなかったんですけど、長期滞在ならすっごく便利ですよね。

c0181142_05073698.jpeg

c0181142_05082162.jpeg

c0181142_05091341.jpeg
バスルームは広々、珍しく体を洗う場所もあり。

c0181142_05095444.jpeg

1つ難点は洗面所がベッドルーム側にあることかな。なんかしっくりこない感じ。タオルをかけられるところがあれば良かったかも。

長期滞在ならかなり割引もありそうで、良さげです。


by Jonetsu-Italia | 2019-03-26 07:10 | ホテル | Comments(0)

日本人のDNAを擽る、日本の桜

日頃、お花見のころに帰国する機会が全くなく、今回はラッキーなことにドンピシャで桜が満開な時期に。
かれこれ14年ぶり!!

イヤ-、綺麗を通り越して、妖艶。息をのむ美しさ。

c0181142_02490331.jpeg
c0181142_02492910.jpeg
c0181142_02495273.jpeg
c0181142_02501514.jpeg

なんというか、ほっとするというか、しみじみと眺めました。日本に居ても、桜は特別ですが、海外生活の場合、その感動値はさらに倍増するわけで。
この光景を目に焼き付けておきます。

しかし、『花を愛でる』って、日本人独自の文化だとしみじみ思う。



by Jonetsu-Italia | 2018-05-08 04:08 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

新橋『魚金』本店

香港を後に、日本へも仕事で帰国。

取引先の方にご接待いただいたのが、新鮮な魚を堪能できる、『魚金』さん。名前は聞いたことがあります。今回は新橋本店にご案内いただきました。

今回は同僚のイタリア人も一緒だったので、日本のおいしいお魚料理を、とご配慮。人気店にて予約を取るのが至難の業らしく、なんと夕食で17時半開始。イタリアのアペリティ-ボ時間よりずいぶん早いお時間。

時間を告げたイタリア人同僚はめちゃくちゃ驚いてましたが、『どうぜ時差もあるし、胃時計も狂ってるから、もんだいないでしょ。魚は消化もいいし、ちょうどいい頃に眠りにつくから』とゴリ押しし、(イタリア人を説得させるには、いくつか理由を並べてゴリ押しするのがテクニック。笑) 全員納得。

早い時間にもかかわらず、店内は満席。

c0181142_02285686.jpeg
c0181142_02292679.jpeg

とっても新鮮なお刺身、金目鯛の煮付、その他もろもろ、大変おいしくいただきました。

いつもイタリア人に日本食は鮨、刺身だけじゃないんだからと豪語するも、やっぱりお刺身おいしいわ。日本。

一番喜んでたのはこの私だったかも。(笑)








by Jonetsu-Italia | 2018-05-06 02:33 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

忘れられない味、福岡の塩辛柚子風味

何気ない食事が、意外とインパクトあったりするんですよね。で、頭から離れなくなることが。。。今、もう一度食べたい味。そんな食材に福岡で出会いました。
c0181142_06410650.jpg

取引先の方に連れて行ってもらった福岡空港の滑走路ヴューの天ぷら定食屋さん。 基本こういったお店は大好きで、ひとりでも行っちゃうタイプ。食券を買ってカウンターへ座ると目の前で天ぷらを揚げてくれて、お皿に乗っけてくれます。お味噌汁はサービスなんだけど、ご飯は大きさで値段が違います。並盛りのご飯を選んだ私、つかさず「女性には多いですよ」とご指摘が。。。
うーんと思ったけど、そのままオーダー。

すいません、肝心なてんぷらの写真は、ありませんね。おしゃべりに夢中で撮り忘れました。。
c0181142_06402951.jpg

揚げてもらってる間に、カウンターにある瓶から好きなだけオカズを戴けます。
モヤシの他にイカの足が。。。薄っすら柚子の皮が入ってて、この上ない美味しさ。
あまりにも新鮮なイカに、これまたビックリ。「イカの刺身ですかね。」って聞いたらなんとイカの塩辛だそうで、並盛りのご飯が進んで、御代わりしたいくらいでしたよ。
柚子の爽やかさがイカとこんなに合うなんて。。塩辛なのに全然生くさくないし。
↓分かりますかね?手前の瓶です。
c0181142_06395025.jpg

また食べたいなぁ。ホントに。

あ、もちろん天ぷらも美味しかったんですけど、塩辛の食感が忘れられません。サイトでチェックしたら、お持ち帰りも出来るらしく、添加物何も使用してないので賞味期限は5日間だそうで。。いやぁ、買いたい。

↓機会があれば、是非どうぞ。









by jonetsu-italia | 2014-07-30 05:53 | 気になる食材 | Comments(0)

東京で気になる2014夏

1年ぶりの東京で目に止まったもの。

キティーちゃんとフランスのマカロンの老舗『ピエール・エルメ』とのコラボ。(表参道店で)ウェブをチェックしたら、彼らがフランスで始めた、難病と闘う子供達のためのチャリティーイベント「マカロンデー」のキャンペーンの一環で、広報大使として、誕生40周年のハローキティが選ばれたそうです。
c0181142_00260431.jpg
c0181142_00253972.jpg
c0181142_00265292.jpg
(↓ピエール エルメのWEBから拝借)
c0181142_00401208.jpg
これにはビックリ!有楽町の地下道にあるDoleのバナナ自動販売機!!!バナナチップスとかありますけど、しっかりフレッシュバナナも!
c0181142_00275024.jpg
そんでもって、バナナの皮を捨てられる、ゴミ箱も。。。でも、
その場ですぐ食べて、皮を捨てる人って、どれくらい居るんだろう(笑)
c0181142_00282392.jpg
ここは日本橋、路上で。こんなところでスケボーするひともいるんだろうか???
ビジネス街で若者もいなさそうだしねぇ。
c0181142_00273363.jpg




by Jonetsu-Italia | 2014-07-21 18:46 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

山王のお猿さん『日枝神社』

今回の日本出張はイタリア人同僚一緒で、またもや日本初めてだったんで、観光の視点も意識しながら歩きました。でも、外国人と一緒だと、母国のこと、普段気づかないことに気づかせてもらえるから、結構楽しかったりするんですよ。(説明は大変ですけど)

東京で宿泊したのは、赤坂見附。イタリアから成田に到着し、ホテルにチェックインしてそのまま寝てしまっては時差ボケ対策にはならないんで、無理やりその辺を散策。

ちゅうことで、日枝神社へ。

竹の青色が綺麗です。
c0181142_22550176.jpg
絵馬についても説明しまたよ。
c0181142_22555393.jpg
6月に行われた『茅の輪くぐり』の後もまだ残ってました。
c0181142_22571942.jpg
神使は猿(申)だそうで、あちこちにお猿さんがいます。
c0181142_22574054.jpg
c0181142_22575652.jpg
裏側にある、稲荷参道。穴場かも。
c0181142_22582524.jpg
彼女のコメント『このメガポリス東京の真ん中で、ちょっと裏に入ると、こうやって史跡があって時空が違う感じ。とても不思議、そこが東京ね』

そうだなぁって思います。

by Jonetsu-Italia | 2014-07-20 23:42 | まさに歴史 | Comments(0)

タバッッキに日本を感じるとき。

イタリアでタバッキ(Tabacchi)とはタバコ屋のことで、タバコ以外にも、切手、切符、絵葉書、キャンディーなどのちょっとしたお菓子とか、キオスク的な役割をしている店ですけど、中にはちょっとした(ベタな)土産もの(ガジェット)も売ってます。その街のシンボルを模ったキ-ホルダーとか灰皿とかマグネットとかですけど。

で、目に留まったのが。。。『毎日香』!!
c0181142_626661.jpg


日本のお線香が、インセントとして、たぶん外国向けに展開してる商品なんでしょうね。
気になる、匂いはムスクとか書いてありました。。。

そっかぁ、『毎日香』も海外戦略してるんだなぁ。。。

もちろん、試して買ってみようとは思いませんでしたけど(笑)いくらだったんだろう。。
by Jonetsu-Italia | 2014-03-04 01:02 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

日本の夏休み 北海道編②釧路グルメ。

釧路のグルメはやっぱりシーフード。ろばた焼きが有名だけど、夜は厚岸にカキを選んじゃったんで、ろばた焼き以外のランチを2回しました。
まずは駅のそばにある釧路和商市場へ。場内は北海の新鮮な魚介類がわんさか。毛ガニやタラバ、ボタンエビ、トリ貝、ツブ貝、いくら、時知らずの鮭などが、ずらっと並んで、大賑わい。その中に『勝手丼』といって、イートイン方式で、お好みの具を買ってご飯に載せて食べるというのはここの名物。でも、アンティパストで刺身だけ食べて、すし屋へGO。

『竹寿司』
c0181142_7175611.jpg

特製ちらし寿司
c0181142_7184959.jpg

c0181142_721044.jpg

にぎりの盛り合わせ。いくらもプチプチ。
c0181142_7215983.jpg

うにもうまーい。
c0181142_719405.jpg

c0181142_720226.jpg

お勧めの蛸の卵もありました。
時間が遅かったのに、感じよくサービスしてくれましたよ。

釧路市内、ちょっと郊外の住宅地にある老舗のそばやさん。
『玉川庵』
c0181142_7135079.jpg

創業が明治とその歴史も古い。
c0181142_7143865.jpg

c0181142_7152513.jpg

c0181142_716415.jpg

時代物の蕎麦屋関連のグッズがいっぱい。
c0181142_78933.jpg

お酒を頼んだら、お通しにエビ。やっぱり蕎麦屋は飲み屋がはしりだったんだと実感。
c0181142_71146100.jpg

手打ちそばでもちろん厚岸のカキをふんだんに使ったカキそばもあり。カキの風味がわかめとの愛称抜群。
c0181142_7124277.jpg

またもやカキフライ頼んじゃいました。さっくりと美味。
c0181142_716509.jpg

カキの殻がたっくさん。

なかなか通えないけど、通いたくなるお蕎麦屋さんです。
by Jonetsu-Italia | 2013-10-07 07:22 | Comments(0)