人気ブログランキング |

タグ:美術 ( 25 ) タグの人気記事

ドムス アウレアでパンテオンの原型を見る

---先日のローマ旅行より---

すっかり存在を忘れてたんですが、コロッセオの近くでそういえば、ドムス アウレアに行きたかったんだと思い出してローマ観光案内デスク、060608へ。この番号はオペレーターまでたどり着けば結構便利。営業時間などの最新情報や予約も直ぐに電話で確認できます。

ラッキーなことに翌日の予約は空いていて速攻で予約。念願のドムス アウレリアに入ることに。

「domus aurea 」はラテン語で黄金宮殿。ローマの大火の後、紀元68年古代ローマ第5代皇帝ネロによって建てられた、煌びやかな宮殿のことです。もちろんローマの再建を願うローマ市民からは大顰蹙をかうことに。しかし250へクタールのその広さにびっくり。

c0181142_21355338.jpeg
入って直ぐにビデオでまず宮殿地図などの説明を受けます。青い部分は庭園内の人工池で、現在のコロッセオですから、いかに広かったか。。。緑の部分が全て敷地ですからね。今回は池の右上オッピオの丘にある白っぽい建物(住居部分だった箇所)へと入ることになります。

c0181142_21363655.jpeg
ルートを戻りますが、ここが入り口。結構分かりにくい。予約ごとに時間が仕切られていてひとグループにまとまり、ガイドさんと一緒に入場。私たちはイタリア語コースを選択。(英語もあり)

c0181142_21370756.jpeg
一応地図を見ながらどこへ向かうのかを説明してもらい、中央から右側へ進みます。

c0181142_21374049.jpeg
c0181142_22025195.jpeg
3Dで当時の敷地地図映像を一通り見せてもらい、想像を膨らませます。この金のネロ巨像は過去記事でも触れましたけど、後にコロッセオの前に移されることに。

c0181142_22040192.jpeg
ガイドさんが、この瓦礫の地層を指して「これが非常に重要なんです。」と、実はこの部分のドムスアウレアは後にトラヤヌス皇帝が
全て土で埋めてしまい、浴場を建設。その土がこうやって露出しているのを垣間見ることが出来ます。
c0181142_06525828.jpg
トラヤヌス浴場の地図を実際にドムスアウレアに重ねるとこういう感じ。ほとんどが埋められているというわけ。

c0181142_21384761.jpeg
まもなく進むと、バーチャルリアリティーで当時の宮殿の様子を見ることが出来る部屋へ。各自椅子に座って設定されているゴーグルをつけるシステム。時代の進歩を感じるなぁ。20分ほどですけど、金や真珠で装飾された宮殿内部、及び庭園、周りに広がるブドウ畑、草原や森などを散歩するよるような感覚。なかなかの迫力で理解力アップ。ネロ自身がカンパーニャ州の海沿いの邸宅にインスパイアされた宮殿だとよく分かります。

c0181142_21391619.jpeg

c0181142_21395178.jpeg

c0181142_21402731.jpeg

c0181142_22045012.jpeg
ところどころに素晴らしい壁装飾が残っており、1400年代後半には、有名画家のラファエロも内部に入りこの装飾を見て影響を受け、当時のバチカン宮殿回廊を施したとか。いわゆる現在のグロテスク(グロッタで発見された古代美術)装飾の起源です。
トラヤヌス皇帝が埋めた土のおかげで、ポンペイの火山灰のようにこれらの装飾が湿気から守られたというわけ。

c0181142_21412980.jpeg
奥には八角形の部屋があり、天井からの穴はオクルスといってラテン語で目の意味で外光が差し込むの眼窓があるスタイルに。後にパンテオン再建にも用いられているとのこと。なるほど、ここに原型があったとは、びっくり。
ここはダイニングルームに繋がっていたようです。

c0181142_21423271.jpeg
皇帝ネロの死後、火災にあってほとんどが失われ、また歴代の皇帝の手で破壊され、それぞれ別の建造物に姿を変えてゆきます。コロッセオなどはそのうちのひとつ。人工池の水を抜いて建設しました。我々が入ったこのトラヤヌス皇帝の浴場の下は第二次世界大戦後より徐々に掘り起こされて、1999年より一般公開するも大雨などの被害により2005年に再び閉鎖。近年になってようやく制限付きで公開されるようになりました。しかし、真上にある公園の木が成長しその重みと雨が降る度に水が中へ入り込むなどの問題があるため、現在では数々の改善策がとられています。

上の写真はその模型図。

約1時間30分の見学ツアー、構造がかなり複雑で何度も行かないと分かりにくいかも。何よりも遺跡に遺跡が何層にも重なっていて、まさに歴史のミルフィーユ。奥深すぎる。でもひとつ知ると更にその先を知りたくなるんですよ。また来よう!




by Jonetsu-Italia | 2019-05-02 07:33 | まさに歴史 | Comments(0)

トラヤヌス市場から夕日を眺めること。

12月の誕生日にローマに行った時の話がまだありまして。。。

昔ちょこっと住んでいたときも何度となくその前を通ったにも関わらず、一度も入ったことのない場所、トラヤヌスの市場に入りたかったんですよ。
トラヤヌスが皇帝だった時期、歴史上初めての屋根つき商業複合施設として、紀元100から110年の間に建てられました。館内には150もの商店が引き締めあっていたとか。言わば、古代大型ショッピングモールですかね。
c0181142_23081032.jpeg
ピアッツィアヴェネツィアからフォロロマーノやコロッセロへ向かうVia dei Fori Imeriali にあります。

その近辺にはトラヤヌスのコロンナ、古代ローマ代々の皇帝たちのフォロ(フォーラム)跡があり、観るべき遺跡群はこれまた多いわけで、本当は丁寧にひとつずつ見学したいのですが、時間に余裕がないので、今回はパス。本来ならトラヤヌスのフォロくらいはしっかり見学したほうが、市場との位置関係を知るにはベターだったかも。

それにしても肝心の市場の入り口が非常に分かりずらい。市場を真正面に見て左側奥、Via Quattro Novembre から入ります。
実際には2007年にきちんと館内が設備され博物館になってました。

c0181142_23095685.jpeg
全体で6階建ての構造で、入り口は既に4階、フォロのある1階まで降りてゆくコースになっています。建築学上でも興味がある遺構ですね。

c0181142_23102548.jpeg
Grande aulaと呼ばれる、入り口の大きなホール。左右いくつか部屋が分かれていて、現在は皇帝たちのフォロから出土したものを皇帝ごとに分けて展示されています。この各部屋は同時は売店で小麦など、穀物を市民に無料で配布したりしていたとか。

c0181142_23112659.jpeg

c0181142_23121384.jpeg
奥の部屋にはワインやオリ-ブオイルを入れては移動に用いた土器、アンフォラが並んでおり、市場でも容器として活躍したようです。アンフォラに特化して研究した人物は稀で、ドイツ人Heinrich Dressel氏が1900年始め、その出所や得意の碑文学からアンフォラに刻印された記号を読み込んで研究を重ねました。アンフォラは各遺跡から出土するキ-になるアイテムで何処から運ばれたか、原産地などの足跡を知る大きな手がかりとなるので、大変重要なのです。

c0181142_23130929.jpeg
そのままGrande aulaの上、5階に上がると、パノラマを眺めるテラスに出れるようになっています。そこからの眺めが非常に素晴らしい。
ちょうど夕暮れ時でうっとり。初めてイタリアに来たときのこと、生活を始めたことなどもろもろフラッシュバックしましたよ〜。

c0181142_23135769.jpeg

c0181142_23142683.jpeg
こちらは館内にあったコロッセオの完全復元模型。この市場の建設より約20年前にコロッセオは既に建設されてたので、ここからも眺められたんでしょうね。

c0181142_23151100.jpeg

c0181142_23153713.jpeg

c0181142_23161391.jpeg
すっかり陽も落ちて遠くにクリスマスツリーのイルミネーション。

c0181142_08573765.jpeg
3階Via Biberaticaにはアッピア街道と同様に石畳がそのまま残っています。
c0181142_08324768.jpeg
もう一度5階へ戻って、Via Biberaticaを上から見てみます。

c0181142_08322217.jpeg
パネルなどで古い写真など解説アリ。なんと、1200年代にはもともとのフォロの上にアパ-トなどが建てられてたらしく、
後にそれは取り去られました。

トラヤヌス市場の話はまだ続きます。



by Jonetsu-Italia | 2019-01-28 06:22 | まさに歴史 | Comments(0)

イタリア人の視点から見る北斎 広重展

会社でイタリア人の同僚が普通に『そういえばHOKUSAI.HIROSHIGE展行った?』と普通に会話に登場し始めた浮世絵。昔は北斎が誰なのか全く無知だったイタリア人も最近はこぞって日本へヴァカンスへ行くし、ラーメン屋さんも急激に増えてるし、先頃まさに日本文化の進歩を感じます。

で、我々もボローニャで開催中のHOKUSAI.HIROSHIGE展へ。
c0181142_04461127.jpeg
入り口のアプローチも面白い。今回の展覧会は北斎、広重等の約200点の展示なので、じっくり見すぎて疲れないようにしないと。
c0181142_04464329.jpeg

c0181142_04471895.jpeg
渦巻きはみんな好きですね〜。
c0181142_04480527.jpeg
北斎の『富嶽三十六景』が全てじゃないけどズラリと並んでいて、日本人の私にも見ごたえ十分。有名な赤富士も。この作品、ダニは友人Hさんからアダチ版画ヴァージョンをプレゼントしてもらったので、感慨もひとしお。Hさんありがとう。
c0181142_04485567.jpeg
「五百らかん寺さざえどう」私が好きな作品。遠くの富士山を皆で楽しげに見てるのが
伝わってきます。
c0181142_04501951.jpeg
途中で版画の作成模様をビデオで説明。皆静かに興味深く見てました。
c0181142_04513404.jpeg
超有名な『神奈川沖浪裏』。この絵を見たゴッホのコメントがすぐ脇にありました。

この波はまさにかぎ爪のようで小舟が捕らえられてるのがよく伝わってくる。

今まで波ばっかりに集中してたんですけど、小舟を側でじーっと見ると、その危機迫る感じが伝わってきます。外国人に人気のある一点。
c0181142_04521426.jpeg
江戸から京都までの旅路と題したコーナー。
c0181142_04525269.jpeg
分かりやすく東海道の地図も。こういう説明は嬉しい。
c0181142_04532005.jpeg
魚、甲殻類、草花など静物類も細かな描写が美しい。

c0181142_08354755.jpeg
宿場町の作品を大きく伸ばして、写真スポットにしてました。ナイスアイデア❗️
c0181142_04535911.jpeg
名所江戸百景のコーナー。
c0181142_04542591.jpeg
ゴッホが真似た広重の『亀戸梅屋敷』。遠近感と構図がズバ抜けてますよね。
素晴らしい。
c0181142_04544917.jpeg
ダニのお気に入り。星空をうっすら見せる描写がうつくしいと。
c0181142_04560768.jpeg
当時の江戸の地図と名所江戸百景を描いたポイントが記してあります。じっくりひとつひとつ確認したい❗️

c0181142_04590486.jpeg
かなり反射しちゃってますけど、広重の『内藤新宿』。
ダニ曰く、非常に興味深い作品だと。この頃の日本の馬は蹄鉄ナシで草履を履いている❗️かなり驚いた様子。ウキペディアで調べたら、日本の馬は軽くて蹄も硬くあまり減らないらしい。でも滑らない様に草鞋は必要ってことですね。しかし日本人には気がつかない視点ですねぇ。

とにかく独創的なアングルが目を惹きます。

オーディオガイドを借りながら廻ったのでたっぷり楽しめたし、外国人の視点は面白い。




by Jonetsu-Italia | 2019-01-23 06:10 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

ローマの松ぼっくり地区

ランチの帰り、ヴェネツィア広場でトラムを降りると直ぐに、フォンタ-ナ(噴水)を見つけたので、水をグビグビ。形は松ぼっくりです。
上を見上げると松の木で親子丼のような雰囲気。

松ぼっくりの先端からも水が出る仕組み。

c0181142_06135387.jpeg

後でよく調べてみると、この噴水は 彫刻家Pietro Lombardia の作品で、ヴァチカン美術館の中庭にあるLa pigna Romana を模していて、それは元々Terme di Agrippa の飾りであったとか。その発見された周辺を rione di pigna (松ぼっくり地区)と命名。ローマ皇帝アウグストスの時代にはすでに区画整理が行われていて、その後幾度の編成の末現在の地区があるわけです。確かに“パリオリ地区”とか耳にしますよね。その彫刻家Pietro Lombardia はSant’Eustachio 地区にも Fontana dei libri などを手掛けていて、散歩途中に私も見かけた事があるのを思い出しました。

c0181142_06140215.jpeg

c0181142_06232780.jpeg

こちらが区分マップです。それぞれにちなんだエンブレムがあって、それを表現したフォンターナを探すのも楽しいかも。

c0181142_06412851.png

松ぼっくり地区のエンブレムはこちら。




by Jonetsu-Italia | 2018-12-29 07:24 | まさに歴史 | Comments(0)

メリークリスマス By Lucio Dalla ♬

ローマの話はまだ続きますが、今日はクリスマス。
今年のボローニャ、マッジョーレ広場のツリーです。市庁舎にもほのかにライトアップ。
c0181142_00021689.jpeg
昨日 ボローニャの街中を歩いてステキな光景を見つけました。
c0181142_00015004.jpeg
Lucio Dalla はイタリアの偉大な歌手の一人。残念なことに2012年に亡くなりました。ボローニャの出身でこのVia D’Azeglio 15に住んでいたのは有名で私達も過去に一度この通りで遭遇して、ダニは記念写真を撮ってもらったことがあります。ダニの叔父さんが大ファンで叔父さん宛にメッセージ入りでサインもしてくれたことも。なんとも気さくな人でした。

今年はそのVia D’Azeglioに彼の名作の歌詞がずっとライティング‼️『L’anno che verrà』"来る年" 新しい年に向けて綴った歌で、ファンにはもちろんたまらない演出。

特別なファンじゃない私でもジーンときました。
彼の歌詞を少しずつ読みながらそぞろ歩き。
c0181142_00024487.jpeg
c0181142_00031357.jpeg
とっても情緒がありました。
c0181142_01004458.jpeg
こちらはVia Ugo BassiのGamberiniのショーウインドー。いつも素敵。

中央市場でライチ、金柑、ベルガモットを買って帰りました。





by Jonetsu-Italia | 2018-12-26 00:55 | ボローニャ | Comments(0)

Chanel No.5 歴代の名香水たち『国際香水博物館』

『世界香水博物館』には歴代の名香水たちが年代を追って、ディスプレイ。

一世を風靡した、ゲランのミツコ、ディオールのポアゾン、その時代を駆け抜けた名香水たち。匂いを嗅ぐと、あの頃の記憶もフラッシュバック。こうやって見ると、センチメンタルな気持ちになりますねぇ。

c0181142_06262258.jpeg
1900年まで遡り、その年の代表的な香水とその調香師、瓶のデザイナーの名前が記されたボードが飾ってあります。

c0181142_06284196.jpeg
その下には世の中の出来事が年表で説明。




c0181142_06294643.jpeg
2017年まであったかなぁ。私のお気に入り、Kenzo Homme はありませんでした。

c0181142_06310028.jpeg
さすがに大御所、シャネルNo.5 は初代1921年(右から二番目)、1924年、1950年、
1970年と並んでました。
誕生したのは1921年。ココシャネルの依頼で、当時彼女のロシア人の恋人を通じて、知り合った調香師 Ernest Beauxが作り上げた香水です。試作品5つの中から5番目を選んだココシャネル。香りと彼女のラッキーナンバー数字の5にちなんで選んだとか。
グラースの天然のジャスミンとバラのエッセンスとErnest Beauxが編み出したアルデヒトの融合でもっとも長い時間香ることに成功し、なんと合計80もの原料からなっています。もちろんその全ては知ることはできません。
c0181142_06323521.jpeg
ゲラン Mitsukoの調香師はJacques Guerlain ブランド、ゲラン創始者の孫にあたります。シャネルNo.5を作ったErnest Beauxは彼についてこう言葉を残しています。

"僕がヴァニラを使うときは、クリームカラメルを作るけど、彼がヴァニラを使うときは、Shalimarを作るのさ" (Shalimar は香水の銘柄です)


この他『世界香水博物館』は歴代のラベル、工程における機械等、見所たくさん。機械に関しては次のフラゴナール博物館で書くことにいたします。





by Jonetsu-Italia | 2018-12-06 08:15 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

魅惑の香水瓶『国際香水博物館』

『こくさ香水博物館』の話を続けます。

香水は匂いも大切ですが、一番お金がかかっているのはその瓶そのものらしいです。
c0181142_07304371.jpeg
瓶のデザインにつても触れてます。

c0181142_07310651.jpeg
ディオールの名香ジャドールのデザイン試作。結構いろんな案があったんですね。

c0181142_07312948.jpeg
こちらにはKenzoのジャングルの瓶が出来るまで。エレファントの型も。

c0181142_07315534.jpeg
アンティークの香水瓶たち。もー美しすぎる❣️
かの有名なガラス工芸家、ルネ・ラリック氏の作品群。

c0181142_07322007.jpeg
こちらも彼の作品。1920年ですから時代はまさにアールヌーボー。彼をコティに紹介したのは、ここの創始者Francois Carnot だったと言われてます。

c0181142_07324454.jpeg
これはこの後、訪問したフラゴナール博物館に飾ってありました。

c0181142_07330409.jpeg
こんな容器もガラスです。持ち歩き用ですよね。最近エルメスもこのタイプを発売してます。

香水は芸術だ❗️





by Jonetsu-Italia | 2018-12-04 08:25 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

ミラノナヴォリオ地区でアンティークスプーンアート

同じく、ナヴォリオ地区をブラブラしてると、興味深いお店を見つけたので、
入ってみました。『Brandstorming』。いろんなアーティストの作品をテンポラリーで扱ってる店。
c0181142_22545961.jpeg
着物をパーツを使ったグッツなど、日本的なものも。
古い飲み物の瓶を上手く加工してランプシェードにしてあったり。
c0181142_22554004.jpeg
アンティークフォークやスプ-ンをうまくつかったGiovanni Scafuro氏の作品群をはじめ、ユニ-クで個性的なグッズであふれかえってます。
c0181142_22560348.jpeg
c0181142_22562721.jpeg
蚤の市で二束三文のスプーンやフォークが味のある作品になって蘇り、なかなか素敵。
c0181142_22571523.jpeg
古い瓶をカットして、花の模様を施して花瓶に。

c0181142_22574073.jpeg
c0181142_22580680.jpeg
アイデアが素晴らしい。でも、もしかしたら、自分たちで出来るかも!

店の雰囲気から、なかなか接写できず、うまく伝えられないのですが、とにかく面白かった。一点物ばかりで、値段はお高めでございます。


c0181142_22583227.jpeg
近くを通ったら是非。

by Jonetsu-Italia | 2018-05-23 08:32 | 美術 | Comments(0)

パトリックの必殺リサイクル家具

友人の開いたロカーレの話の続きですが、店内の全ての家具は彼らのオランダ人の友人パトリックが作製したもの。

これは我々が以前他のバールで発見したアイデア。木製のパレットをワイン棚に。
c0181142_06362612.jpeg

廃棄された古い家具などのパーツをうまく使って、斬新なファニチャーに蘇らせてます。水道管のパーツからワインディズプレイラック。
c0181142_06371775.jpeg
工業用の温度計をワンポイントに。
c0181142_06374237.jpeg
古いメジャーもアクセントに。
c0181142_06391427.jpg
テラスに使われてた、鉄柵の一部もカウンター席の下に。
c0181142_06380528.jpg
鉄筋コンクリートに使われる、鉄の棒を椅子の脚に。
c0181142_06394233.jpg
これまた水道管を上手に利用。
c0181142_06385145.jpg
c0181142_06382829.jpg
なんと古いドアもそのまま壁に。
c0181142_06365400.jpeg
廃棄物が見事に生まれ変わって活躍するっていいですね〜。

by Jonetsu-Italia | 2016-03-17 06:25 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

カラヴァッジョの墓参り

マレンマ地方はMonte Argentarioに寄らないと。って事で、前回同様魚を食べに。

でもまず、ポルト エルコレでしたいことがあったんですよ。

前回知らずに帰っちゃって、今回はぜひカラヴァッジョのお墓へ行きたくて。詳細は過去記事を。

イタリア画家巨匠のひとりカラヴァッジョが波乱に満ちた生涯を閉じた土地。ナポリからロ-マに船で向かう途中、Palo Lazialeに漂着。なんとそこからPorto Ercoleまで約115km、海岸線を歩いたそうです。そして、熱病に侵されこの小さな街で亡くなったのかと思うと感慨深いものがあります。

↓この地図は彼の人生の足跡をたどったもの(wkipediaから拝借)。こう見ると、いかに波乱万丈だったのかがうかがい知れます。
c0181142_21545677.jpg
亡くなった後は、 海岸沿いで波風の強いSan Sebastiano共同墓地に埋葬されていたようです。
お墓があるのは、そのSan Sebastiano墓地が昔あった場所。いまはひっそりとした住宅街になっています。

c0181142_20435892.jpg

c0181142_21550487.jpg
c0181142_21574790.jpg
c0181142_21513565.jpg
祭壇はローズマリーに囲まれて。
c0181142_20461347.jpg
その上には彼の代表作『静物画』をモチーフにしたオブジェ。
c0181142_20475420.jpg
こちら本人の作品『静物画』。オリジナルはミラノのPinacoteca Ambrosiana美術館にあります。
c0181142_20511956.jpg
Porto Ercole のたたずまい。風光明媚なヨットハーバーがある漁街です。
c0181142_20493458.jpg
彼が船に一緒に載せていた3つの遺作は、ローマのシピオーネボルゲーゼ枢機卿に恩赦を請うために届ける為だったとか。そのうちの1点は現在ボルゲーゼ美術館所蔵の
San Giovanni Battista Borghese』。↓
c0181142_08085281.jpeg
もう1点は『San Giovanni Battista disteso』現在ドイツ、ミュンヘンの個人コレクター所蔵。↓

c0181142_08062530.jpeg

そして最後の1点が長い間所在不明になってたのですが、近年イタリアのカラヴァッジョ研究第一人者、Mina Gorgorio 氏によって、個人のコレクター所蔵のものをオリジナルだと断定された『法悦のマグダラのマリア』『maddalena in estasi』 ↓。
c0181142_00521043.jpg
なんと全く知らなかったんですが、この『maddalena in estasi』今日本の国立西洋美術館で世界に先駆けて公開中なんですね〜。ビックリしました。

苦悩を抱えながら、ひとつひとつ作品に着手し、どんな思いを込めて描いたのか。
異端な生き方、光と影、まさにそのものが絵にも表現されてると思います。後に多くの、レンブラント、フェルメール、ルーベンス、ゴヤ、ベラスケスといった多くの有名画家を魅了し、影響を与えたキアロ スクーロ技法。大胆な構図とまるで浮き上がってくるような立体感。

はじめは彼が時に見せるグロテスクな描写が好きじゃなかったけど、その生き方をオーバーラップさせた上で、それが彼の気持ちの表現なんだと納得。観る視点がガラッと変わって、彼の絵を好きになりました。

追われ続けてクタクタだったカラヴァッジョ、この小さな街ポルト エルコレで安らかにお眠り下さい。


by Jonetsu-Italia | 2016-02-25 01:50 | まさに歴史 | Comments(0)