人気ブログランキング |

タグ:自然 ( 37 ) タグの人気記事

時空を超えたロマンを感じるリゾート『Reais Histó』

宿の選び方には2通りあると思います。あちこち出掛け、泊まるだけだから最低限の条件で値段は安く抑える。もう一方は何処へも出かけずそのホテルにじっくり泊まって滞在自体を楽しむので多少金額がかかっても良しとする。今回はその後者の場合です。

先日テレビのドキュメンタリーで観たターラントのmagna Grecia 遺跡跡に行ってみたいとダニに言ったら、だいぶ前にリゾートスパホテルになったはずだと。
最終的には私の意図としている場所ではなかったんですが、折角なのでそのリゾートホテルにを覗きに行ったらそれが実に素晴らしい。

そもそも1392年に建てられたそこにあった古いマッセリア Masseria San Pietro in Mutata をプーリア、レッチェ出身イタリア人投資家が買い取って修復し、その面影をそのまま残しホテルリゾート『RELAIS HISTO SAN PIETRO』として蘇えらせたのです。もともとは古代ローマ時代の邸宅があった場所でした。

c0181142_08090367.jpeg
レシェプションでいろいろ質問してたら、感じのいいシニョリーナが館内を案内してくれました。屋上からの眺め。タ-ラントの内海(mare piccolo)が望めます。オリーブの木もいくつか館内にありますが、70ヘクタールのオリ-ブ畑もあって収穫もしているそうです。

c0181142_08094273.jpeg
c0181142_08162198.jpeg
中庭を見渡せるレストラン。

c0181142_08164799.jpeg
レシェプション前のロビー。
c0181142_08115221.jpeg
内装はいたってシンプル。写真だと分かりにくいんですけど、調度品など統一されたコンセプトでとっても落ち着くデザイン。決してオリジナルの姿を打ち消すことなくうまく溶け込んでいてリラックス出来ます。

c0181142_08131573.jpeg
敷地内には6世紀頃建てられたバジリカあって、中には素晴らしいフレスコ画が残っています。

c0181142_08133657.jpeg
更に教会内から地下へ降りれるようになっていて、なんとそこには古代ローマ時代に掘られた水路があり、見学できるようになっています。

c0181142_08141447.jpeg

c0181142_08143845.jpeg

c0181142_08150341.jpeg
バジリカの外観。

c0181142_08154257.jpeg
屋上に残っている13世紀頃のタイル。素敵。

c0181142_08123617.jpeg
夏場は屋外で食事も出来そうです。

c0181142_08103325.jpeg
スタンダードルーム48部屋と7つのスイ-ト、スパや乗馬などもあり。
小鳥のさえずりだけが聞こえ、とっても静か。静寂の中でゆっくり読書しながら散歩したい感じ。
c0181142_08171201.jpeg
その昔、古代ローマ時代にもここには邸宅があって、時代を経て現在もまた同じ場所で佇むことが出来るだなぁと思うとなかなかの贅沢だと思いますねぇ。

いつか1泊くらいはしたいけど。。

by Jonetsu-Italia | 2019-01-20 09:06 | ホテル | Comments(0)

オリーブ巨木セコラーレ covered with snow ❄️

1年に一度降るか降らないかのドカ雪がプーリアで降りました。
私は過日食べた生牡蠣にあたったみたい(食べ食べ地獄もプラスしたと思う)で嘔吐と下痢で1日ダウン。
珍しいプーリアの雪景色は見れず、復活した翌日には既に雪は溶けてなし。

ダニに写真を撮ってと具合悪いながらもベットから叫んでゴン太の散歩に出かけて撮ってもらったのはこちら。
c0181142_07481033.jpeg
樹齢約200年くらいのオリーブの巨木、ウリーボ セコラーレ。オリーブの巨木については過去に一度書いてますが↓ダニの実家のMontemesora 周辺にもたくさんあります。
c0181142_07520957.jpeg
威風堂々たる存在だと思いますね〜。珍しい雪景色。
この目で見たかったわ〜。
c0181142_07523133.jpeg
サボテンもね🌵






by Jonetsu-Italia | 2019-01-07 07:09 | プーリア | Comments(0)

安•近•短の川あそび

イタリア人がいそいそと海に向かう中、ウチはゴン太を連れて川へ行きます。

渋滞なし、近いし、自然イオンで癒され、お金も掛からない。
c0181142_07510706.jpeg

c0181142_07503179.jpeg
c0181142_07513819.jpeg
水は澄んでます。でも冷たい❗️
c0181142_07520022.jpeg
石とのコントラストが美しい。
c0181142_07522419.jpeg
c0181142_07524537.jpeg
c0181142_07531087.jpeg
c0181142_07532915.jpeg
c0181142_07535154.jpeg
c0181142_07542006.jpeg
蝉が鳴き、鳥のさえずり、虫達の羽音を聞き、花々を観察し、珍しい模様の石を探し、アリがパニーニの破片を運ぶのをじっくり観察し、鷲がクルクル回る空を見上げて。

こうやってゆっくり時間を過ごすことは一番贅沢なのかも。

安近短ですけどね。




by Jonetsu-Italia | 2018-07-14 07:25 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

日本人のDNAを擽る、日本の桜

日頃、お花見のころに帰国する機会が全くなく、今回はラッキーなことにドンピシャで桜が満開な時期に。
かれこれ14年ぶり!!

イヤ-、綺麗を通り越して、妖艶。息をのむ美しさ。

c0181142_02490331.jpeg
c0181142_02492910.jpeg
c0181142_02495273.jpeg
c0181142_02501514.jpeg

なんというか、ほっとするというか、しみじみと眺めました。日本に居ても、桜は特別ですが、海外生活の場合、その感動値はさらに倍増するわけで。
この光景を目に焼き付けておきます。

しかし、『花を愛でる』って、日本人独自の文化だとしみじみ思う。



by Jonetsu-Italia | 2018-05-08 04:08 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

久々の風の谷のテラス

ひっさしぶりにブログ開催です。なんと約2年ぶり!

しかも久々にあのお気に入りの場所、風の谷のテラスへ行ってみました。

やっぱり、きっもちいー!サンセットタイムで、また違う趣。

c0181142_01445684.jpeg
c0181142_01454073.jpeg
c0181142_01460940.jpeg

椅子のジェネレ-ションは変わったもの、相変わらずの絶景でスカッとさわやかな気分に。椅子は思いっきり風で飛ばされてましたけど。

c0181142_01464393.jpeg

c0181142_01473168.jpeg
c0181142_01481399.jpeg
c0181142_01484809.jpeg

c0181142_01492757.jpeg


もっと頻繁に来ようっと。



by Jonetsu-Italia | 2018-04-25 01:49 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

ビックな土筆

エミリアロマ-ニャ洲はヨーロッパでも有数のフルーツの産地。この時期街道沿いは花のオンパレード。

桃の花のピングが快晴の空の色に良く映える美しい季節。

c0181142_19540904.jpg
c0181142_19582518.jpg
c0181142_19572852.jpg
そんな中、土筆を発見。日本のと比べると大きい感じ。ダニに、日本では春の味覚だと言ったら、イタリアでは食べるなんてありえないらしい。。日本のと比べるとサイズはビック。ウキペディアによると、日本のが小さいらしいです。
c0181142_19524324.jpg
ラテン語で『Equisetum arvense』意味は“crine di cavallo(馬のたてがみ)"
確かに成長するとそんな風貌かも。

古代ローマ、ネロ皇帝時代には戦場で兵士に薬草として用いれれていたという記録も。

今では誰も見向きもしない、そこら辺の雑草って感じです。😩

日本では春の訪れを告げる大事な植物のひとつなのにね〜。

c0181142_20525707.jpeg



by Jonetsu-Italia | 2016-03-24 19:50 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

風の谷のテラス

誰でも自分のお気に入りの場所ってあるもんです。穴場のバール、美術館、教会だったり。。。

自然の中でもありますね、この山道のカーブを曲がったところとか、草原だったり、あの木の下とか。

我が家から車で15分くらいの丘陵地帯に野生のアスパラガスを探しに行った時、とっておきの場所を偶然見つけたんです。360°ドーンと景色が見渡せるところが。

誰かが置いたんでしょうね、チェアがふたつ。(先着アリ)
c0181142_20385677.jpg

分かりにくいですけど、全体をグルリと撮るとこんな感じ。
c0181142_20352019.jpg
c0181142_20365163.jpg
c0181142_20375358.jpg
c0181142_20395191.jpg
c0181142_20342736.jpg

席が開いたんで、つかさず座ってみました。
c0181142_20471056.jpg
大パノラマだけに風の吹き抜けもスゴイ。長居は出来ません。
c0181142_20460171.jpg
夜来たら、満点の星空を期待できそうですね。でも真っ暗過ぎてチト怖いかなぁ。満月の夜がいいかも。






by Jonetsu-Italia | 2016-03-21 07:00 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

まんまるだらけのビーチ

モンテ アルジェンタリオではビーチランが出来なかったゴン太。
ええ、探しましたよ、彼のために。

Monte Argentario からFonteblandaまで戻る途中の砂浜ビーチ。
と、!(◎_◎;) 一面ボールだらけ。

c0181142_05304601.jpeg
c0181142_05313154.jpeg
なんと、海藻が波によって丸まったものでした。糞転がしの糞みたいですよね。

c0181142_05320739.jpeg
リードを外して、それを投げて遊んで大はしゃぎ。(写真は外す前ですよ〜)
c0181142_05324477.jpeg
これで人間も犬も大満足でグロセートの旅も終了です。


by Jonetsu-Italia | 2016-03-12 06:02 | ヴァカンス | Comments(0)

なんとも行きにくいビーチ

モンテ アルジェンタリオ Monte Argentario でもう少し書くことがありました。

トスカーナのタオルミーナと言われている程、断崖絶壁が多く、プライベート岩場ビーチが多いんですよ。

しかし、道が複雑で、チョットやそっとではビーチに降りられない。前回は途中で挫折。

今回はやっぱりゴン太の為に、プライベートビーチを見つけたいっつーことで、サイトで探すど、コレが容易じゃないわけで。。。

そんな中、国道から比較的、近いCala piccola に挑戦。(番号13番)
c0181142_01415559.gif
目印の Hotel Torre di Cala Piccolaへ向かい、 その敷地内へ入るとその先に更に公道が出てきます。その道を下ると駐車場があって、やっとビーチに降りれるというわけ。
でも肝心の公道がどこだか分からず。
まず、ホテルで聞こうと思ったら、季節外れで休業中。人っ子ひとりいなくて自力で探し出しましたよ〜。

あぁやっとゴン太のリードを外せると思いきや、これがめっちゃめっちゃ高波‼️
c0181142_08032504.jpeg
オマケに満ち潮で近づけず…。
c0181142_08035770.jpeg
波が引いてるところで少しばかりチャプチャプと。
c0181142_08043397.jpeg
c0181142_08050784.jpeg
『ここまで降りてきて、こんだけ---⁉︎』
c0181142_08055988.jpeg
松も見えるし、雰囲気は想像通り。
c0181142_08063129.jpeg
c0181142_08071685.jpeg
c0181142_08073763.jpg
パラソルをさす棒もあるし、シーズン中は賑わうに違いないです。

後でホテルのサイトを見たら、ここはホテルゲスト専用らしい。

是非泊まってゆっくりしたいですな。

Località Cala Piccola, 58019 Porto Santo Stefano, Italia












by Jonetsu-Italia | 2016-03-10 01:29 | イタリアの小さな街 | Comments(0)

のどかなファットリアB&B

前回泊まった宿に近いエリアで、今回お邪魔したのは馬や羊が戯れるB&B『El Molino』
あいにく天気が悪くて、動物たちと触れ合う場合じゃなかったけど、気さくなアルゼンチン女性オーナーがもてなしてくれました。

部屋はプチサイズ。でも女性オーナーのテイストが効いてる可愛いインテリア。それぞれアルゼンチンの観光地名がついてます。

c0181142_23292636.jpg

c0181142_23302433.jpg
シャワーブースがなかなかステキ。
c0181142_23285514.jpg
ミモザが早くも満開。
c0181142_23270036.jpg
チョットだけ晴れ間がのぞいたけど、天気悪くて残念。
c0181142_23263360.jpg
c0181142_23272473.jpg
c0181142_23275498.jpg
c0181142_23322241.jpg
c0181142_23282586.jpg

馬と犬はいつでも仲良し。
c0181142_00275383.jpeg
ホームメイドのタルトも出てくるコラツィオーネ(朝食)
c0181142_23311191.jpg
朝食付きで一部屋1泊€45ココもお勧めです。



Strada Statale Aurelia Km 161,VIII n 298, 58010 Fonteblanda, Italia





by Jonetsu-Italia | 2016-02-21 23:23 | ヴァカンス | Comments(0)