タグ:食べ歩き ( 81 ) タグの人気記事

Ferragosto@ボローニャ 開いてたのは教会とジェラテリアのみ。 

8月15日イタリアはFerragostoで祝日です。

古代ローマ時代、初代ローマ皇帝Augustus が農作物の収穫が終了するこの時期に収穫祭のようなものを催したのが始まりでした。ラテン語のFeriae Augusti(Augustus の休暇という意味)ローマ宗教の大地と豊穣の神を祀るという意味も含まれてました。その後全国で競馬も開催され、その古い伝統のひとつとして有名なシエナのパリオ祭が現在に残っているそうです。

イタリアは全体的に夏ヴァカンス中で、まず、街の店や飲食店等は全て休み。ガラーンと人気がないのが普通。(観光地は空いてますけどね。)
午前中大雨が降って、川に行くのは止めて、ボローニャでも散策するかと。

c0181142_00364542.jpeg
無計画に歩いて見つけるストリートア-トも楽しみのひとつ。

c0181142_00381901.jpeg
グーグルマップで今日開店とあった、パスティチェリアはまんまと夏季休暇。
そのまま歩いて、一番目に開いてるジェラテリア『Sorbetteria Castiglione』に入り、ミントとダークチョコラートをオーダー。『ミントってどんな?』って聞いたら、『ミントを使ったジェラートです』との答え。
そんなの分かってるけど、例えば、『○○産の絞りたての牛乳を使ったんです』とか、『生クリームと合わせました』とか、そのうんちくを聞きたかったのに。まぁ、イタリアでそんな答えを期待するのがNGだったのを忘れてました。でも、ミント美味しかった。

この後、San Giovanni in Monte 教会に立ち寄り、なかなか良かったんですよ、この教会。
ぼーっとしてて写真を撮るのを忘れましたけど。。1286年に出来た教会で、当時14歳だったモーツアルトが立ち寄ったり、クエルチーノの作品が3点あったり、Francesco del Cossa作のステンドグラスがあったりと地味ながら、見所たくさん。

c0181142_00411097.jpeg
そんでもって、次はカフェだねとか言いながら、歩けど、歩けど、BARも全く開いてる気配なし。
(マッジョーレ広場には近づかなかったんで、もしかしたらそっちは開いていたかも)
人だかりが見えて、BARを期待して近寄ったら、またもやジェラテリア『Cremeria Sant Stefano』。いくらなんでもハシゴはなぁと思いつつ、そこを過ぎるとそのジェラテリアの工房が覗けるようになっていて、じっと観察してるうちに「やっぱ、食べるかと」。

c0181142_00404624.jpeg
シングルコーンで一種類。キノット好きなので、キノットにまっしぐら。ジャムから作ってるらしく、キノットの皮のビターさがたまりません。

c0181142_00402395.jpeg
私は、レモンの皮がたっぷり入った、カスタードクリーム味。さわやかなレモンの香り。
イタリア家庭でカスタードクリームを作るとき、なぜか半分に切ったレモンをフォークに刺して、
火にかけた鍋のクリームをぐりぐりかき回すんですが、まさにその味。

c0181142_00393814.jpeg
だーれも居ない、ポルティコではローラーブレードを楽しむ親子が。ナイスアイデア!


c0181142_00415090.jpeg
「夏季休暇で8月27日(月)に再び開けます」と、店先で。ひまわりがかわいい。

2000年以上も前の祝日を今現在でも謳歌するイタリア。

8月はAugustusが休めと言ってるとおり、イタリアでは皆休むんですね。8月(August)の語源は彼の名前、Augustusです。





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-08-18 22:43 | ボローニャ | Comments(0)

オーガニック アグリツーリズモ 『Agriturismo Masseria Sant'Angelo』Gravina in Puglia

マテーラの前に、弊社契約オーガニックセナトーリカペッリ小麦農家を視察に行きました。
セナトーレカペッリ小麦はMade in Italyかつ、古代デュラム小麦の一種で、昨今イタリアでも見直され、大ブーム。一度食べるとその芳しい風味で普通のデュラム小麦のパスタが食べれないと同僚の意見。
c0181142_23355223.jpeg
根が深く張り土壌奥深くから多くの養分を吸い取り、背丈も高く、隙間に雑草も生えにくいので、肥料や除草剤などが特に必要なくオ-ガニックに向いている小麦なのです。

c0181142_23363633.jpeg
c0181142_23372345.jpeg
オ-ガニック畑では輪作が義務付けられているので、合間にチェーチ(ひよこ豆)などを育てます。

c0181142_23381956.jpeg
お腹もすいて、彼らの経営するアグリツーリズモ『Agriturismo Masseria Sant'Angelo』へ。
ここにも雄鶏のオブジェ。
c0181142_23385787.jpeg
アグリツーリスモならではの自家製フレッシュリコッタチーズ、モッツァレラ。

c0181142_23392688.jpeg
出ました!キノコ。ここもGravia in Puglia ですからね。
この後次々にアンティパストの皿が運ばれて、もうお腹いっぱい。

c0181142_23400049.jpeg
よかった〜プリモはみんなでシェアだから、量が調節出来る〜!! いや、本当に毎回皿が運ばれるたびに違う意味ででドキドキするんですよ。
セコンドは羊肉などのグリルでした。ちょっぴり味見程度で押さえました。大勢だと肉も炭を使って丁寧に焼いてくれるので、それは美味しいんですよ。
c0181142_23402664.jpeg
瑞々しいフルーツと手作りドルチェ。はち切れそうなお腹を抑えつつ、戴きました。フルーツはさっぱりしてホント救世主の皿。

c0181142_23405167.jpeg
オーナー家族も一緒に総勢20名ほどのメガランチ。ワイワイガヤガヤ楽しいひと時。美味しかったです〜。






[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-08-16 08:18 | プーリア | Comments(0)

ワインに合う⁉️ ジェラートの夕べ 

ジェラートの話を続けますよ。

少し前のこと、我が家の近くにワイナリ-Umberto Cesari があって、知り合いからジェラートをメインにワインのテイスティングがあるんだけど来ないかと言われて行ってみることに。

前回紹介したジェラート機械メーカーCarpigianiとのコラボだそうで。
c0181142_07283135.jpeg
Umberto Cesari はカステル サン ピエトロ テルメからエミリア街道をボローニャ寄りに数キロの小高い丘の上にあって、景色も最高。

c0181142_07293277.jpeg
ワイナリーの説明を軽く受けて、キッチン付きのテイスティングルームへ入ります。
この日のために、名前は忘れましたが、ボローニャのレストランで働くシェフがCarpigianiと一緒にレシピを考案。

c0181142_07303917.jpeg
ピスタチオとバジリコのジェラートじゃなくてシャーベット + Romagna DOC Trebbiano

c0181142_07311129.jpeg
桃のサラダ 塩味のクルミと羊乳のリコッタのジェラート + Chardonnay Pinot Grigio Emilia IGT

c0181142_07314308.jpeg
モルタデッラのジェラート スクアックローネのスフレ 温かいアマレーナチェリー添え+ Rosato Rubicone IGT

c0181142_07321736.jpeg
タリアテッレ ラグー セロリと人参と玉ねぎのアイスキャンデー添え + Sangiovese Merlot Rubicone IGT
このアイスキャンデーは正直物議をかもしてました。皆さんの反応は今ひとつ。。。
食事はないので、お腹すいちゃって、タリアテッレおかわりの人続出(笑)

c0181142_07325717.jpeg
辺りはすっかり夕焼け。この見事な色彩も夕べを演出。

この後はワイナリーショップでお決まりのワイン購入。遠方からいらした方々はお得なのでケース買い。我々は近いからまた今度って事で。

ジェラートにもこんな楽しみ方があるのだと新発見の夜でした。でもお腹すいた。





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-08-07 07:45 | 日頃のちょっとしたこと | Comments(0)

イタリア人の好きなジェラート味は?

ジェラートは世界中で誰もが好きな夏のアイテム、もはや年中かも。

イタリアで一番ジェラートがおいしいとされる街、実はボロ-ニャ。ボロ-ニャには多くの工業用機械メーカ-が密集しており、その昔から工場も多く残っています。中でもCarpigianiなどのアイスクリ-ムメーカーは有名ですね。
イタリア中のジェラタイア(ジェラート職人)はボロ-ニャで修行するらしいとのこと。
c0181142_02420107.jpeg
最近では日本でもお馴染みのジェラートチェーン、GROMも小売りを始めて、スーパーのCOOPでも売り出し始めました。高いから、あんまり売れない感じ。ほぼ同じ料金で、近くの美味しいジェラテリアでテイクアウトも出来ますからね。

それぞれお気に入りのジェラテリアって人それぞれあるんだけど、いっつもそこではなく、人気薄だけどあそこのあの味はうまいとか
それはそれは奥深いのです。

イタリア人と一緒にいくと必ず彼らはチョコレ-トベースを必ずと言っていいほど頼みます。

そこで、ちょっと調べてみました。

イタリアジェラート協会(ISTITUTO DEL GELATO ITALIANO)の調査データ。

(イタリア人が好きなフレ-バー)

  1. チョコラート 27%
  2. ノッチョーラ(へーゼルナッツ)20%
  3. リモ-ネ(レモン) 13%
  4. フラーゴラ(イチゴ) 12%
  5. クレ-マ(バニラ)10%
  6. ストラッチェテッラ* 9%
  7. ピスタッキオ(ピスタチオ)8%
  8. その他 1%

*牛乳と生クリ-ムベースのジェラートにダークチョコチップが入っているもの。

そして、ゆっくり食べるのが好き。統計によると平均約7分かけて食べるそうです。(笑)
c0181142_02464700.jpeg
これはイモラで人気のジェラテリア、『Emilia Cremeria』で、シチリアのカンノ-リとピスタチオ。うまい!

c0181142_02483553.jpeg
イタリア人人口の95%がジェラートが好きだと答えてます。

イタリア人にとって、ジェラートがない生活は考えられないのでは。



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-08-06 06:17 | イタリアのお菓子 | Comments(0)

ミラノでコジャレた日本食。Sushiteka 『o.ma.ca.sè』

Cocconatoからの帰り道、Cocconato周辺を散策するか、ミラノで日本食ランチをするかで迷いましたが、
結局、日本食の誘惑に負けて、ミラノに寄ることに。一日前に82種類ヴュッフェで胃もたれも少々、胃にもやさしい魚がいいじゃないかと。

(日曜日) + (犬同伴) + (暑いから歩きたくない) + (14,30までに入店出来る) 

をフィルタ-し、選んだのはここ。『Sushiteka o.ma.ca.sè』sushiteka というのは鮨処、エノテカを文字ってイタリアで結構使われてます。

ナヴィリオ地区で車でも行きやすく、日本にある店洒落たカフェテラス風なお店。

c0181142_01002651.jpeg
私はチラシ鮨。美的感覚がいいですよねぇ。


c0181142_01004615.jpeg
ダニは迷った挙句、鰻丼。

c0181142_01034242.jpeg
鰻の後にやっぱり、鮨を欲し単品で、カンパチの握り。盛り付け方がいちいち素敵。

c0181142_01010520.jpeg
食後に私だけ抹茶のプリン。きな粉のソースとの相性抜群。

店の雰囲気を撮るのを忘れましたが、全体的にオシャレな造りでカウンタ-もあり、お酒の種類も豊富で、お酒好きには魅力的。ちょっと気取ったミラネーゼが何組かいましたね。

お値段がやや高めですが、美味しくいただきました。日本人のスタッフも多く、ところどころに日本のおもてなしが伝わる店でしたね。




[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-08-03 01:35 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

豪快アンティパストビッフェ82種 『Osteria la pompa』Cocconato

Cocconatoで夕食を何処にしようかとトリップアドバイザ-でチェックしてたら、気になる告知『Osteria della pompa』。(82種類のアンティパストビッフェ無制限)ワイン飲み放題+プリモ+セコンド+ドルチェ+カフェ+食後酒付でお一人様30ユ-ロ。評判もよかったので、メモ。宿にチェックインしたらその名刺だけがリビングに置いてあって、「これは、ちょっと導かれてる!」早速予約。
ゴンタもOK(普通、いくらイタリアでもビッフェのあるところだとNGが多いんですよ」。

お昼は時間的に取れなかったから、も-お腹ペコペコ。予算もあるし、安く済ませたかったのでナイスな選択。

Marovèという銘柄ワインを生産しているワイナリ-で、アグリツーズモも経営。

c0181142_04101510.jpeg
ずらっと並んだ、アンティパスト。上にも下にも、裏側にも別のコーナーもあり。ほんとに82種類かどうかはなぞですが、ざっと勘定したところ、70種はありますね。

c0181142_04104957.jpeg
裏側には、地元COCCONATOで作ってる、チーズ。このアグリツーリズモで手作りしてる、唐辛子ジャムをつけて。
これがうまい!

c0181142_04110905.jpeg
左が、またしてもCOCCONATO名産のサラミコット。要はサラミを熟成させる段階の前のもの。

c0181142_04115346.jpeg
工夫を凝らした、アンティパスト。野菜をふんだんに使ったり、ピエモンテならではのピエモンテ牛を使ったパテなど、目移りします。

c0181142_04135334.jpeg
ピオモンテ牛タンをサルサヴェルデで。これ絶品。

c0181142_04143319.jpeg
私の一皿目。
c0181142_04145144.jpeg
二皿目!牛タンはリピート。左のクロっぽいオリ-ブみたいなものは、ソーセージを赤ワインで煮たもの。
プリモはタリアテッレラグーとリコッタチーズとほうれん草入りのクレ-プをカメリエーレがサーブしてくれたのですが、ほんと一口だけ。正直プリモは抜かしても良かった感じ。セコンドはピオモンテ牛のトリッパと仔牛の煮込み。ドルチェはパンナコッタで、〆にカフェ。

食後酒はなんと、キノットの根のアマ-ロ、これが美味しかった。次回は購入間違いなし!

c0181142_06281838.jpeg
ワインも飲み放題なんですよ〜。

あまりにも満腹で、宿に帰るのがやっと。

c0181142_04153737.jpeg
店内は昔おそらく葡萄を蓄えていた、昔の倉庫を改造したものだと。写真を撮ったのはまだ時間が早かったんで誰も居ませんが、この後続々やって来て満席状態に。


c0181142_04160395.jpeg
店の名前POMPA、ポンプのことです。地下から水を汲み出すために使っていたものですね。そのまま名前にしたみたいです。

地元でもかなりの人気店なので、予約は必須ですよ〜。





[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-07-30 06:32 | レストラン | Comments(0)

地元でストリートフードの夜

ヴァカンス本番前の6月、7月はわりと週末の夜各街でイベントがあって、人が集まります。

我が街、CASTEL SAN PIETRO TERMEでもストリートフード祭りが広場であって、行ってみました。
どの街にも簡単に繰り出せるように、かわいく車をデコレーションし、お店をアピール。こうやって順番に各地を廻るスタイルでイタリアでも数年前からちょっとしたブーム。

外で食べれるし、いろいろ選べて楽しいフードコ-ト状態でイタリア人には至って新鮮。(フードコートがほとんどないイタリアでは珍しいスタイルなわけです)

c0181142_02555997.jpeg
ギリシャ料理。思ったとおり、そそられて、ヨーグルトサラダ(TZATZIKI)を注文。旨し。

c0181142_02565166.jpeg
こちらはフルーツ屋、カットフルーツを売ってます。ワゴンがキュート。でも雰囲気に載せられてはいかん、ただのカットフルーツですから、家に帰れば安く食べれます。

c0181142_02574362.jpeg
c0181142_02581972.jpeg
ロマ-ニャ伝統料理、パッサテッリをベースにしたピアット。個人的に好きなんだけど、やっぱりブロードタイプが好きだし、冬に食べたい感じ。今回は却下。

c0181142_02584950.jpeg
c0181142_02591190.jpeg
はじめて見る、Le borlengo 。いわゆるクレ-プで小麦粉、水、塩、卵で作った生地をうす-く焼いて、チーズやらなんやらをはさんで食べるというもの。モデナ近郊のソ-ルフードで歴史も古く、1200年代に存在していた記述あり。

c0181142_02593317.jpeg
さっさ、さっさと焼いている姿を見るのはおもしろい。でも中途半端な量だと後でお腹空くし、今夜はガッツリ食べたいので、やめときました。

c0181142_03000396.jpeg
で、最終的に、肉の焼ける香ばしい匂いにそそられて。。。。maiale mora romagnola (ロマ-ニャモーラ豚)のハンバーガーをチョイス。大きめなやわらかバンズで食べやすく。なかなかのお味。ダニチョイスのハンバーガーにはパイナップルが入ってて、気に入った様子。それからパイナップルに毎回やたら反応してます。日本人からすると、酢豚にパイナップルがあるからそんなに驚かないけど、イタリア人にはびっくりかも。

c0181142_03005377.jpeg
夜も更けてゆくのでした。22時近くですよ。

ここでオマケ。実は1週間前の週末に同じくストリートフード祭りがあって、食べたいモノがあったんです。それを目当てにこの夜行ったんですけど、居ませんでした。
c0181142_07435135.jpeg
c0181142_07441957.jpeg
それはプーリアのソウルフード。ボンベッタ。今度詳しくアップします。ボローニャじゃなかなか食べれないから食べたかった〜!特にプーリア人のダニが。

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-07-09 07:54 | 気になる食材 | Comments(0)

野菜不足解消。『l'Arturo』マテーラチェントロで。

外食が続くと自然と野菜不足になりがち。どーしても体が欲するので、たとえお客様の中国人がパスタやピザが食べたいと意見しても今回は却下。

小麦畑視察の後、オフィスで書類確認して、時間もなかったし、サクッと済ませたかったので、最終的には皆さん納得です。マテーラは駐車場からはチェントロへ行くのが結構大変。坂を上りまくり。

キッチンの閉まる14時までになんとか店につかないと。ランチ難民になってしまうリスクあり。

行こうと思ってた店には間に合わず、このpiazza del sedile 広場に面したカフェテリアっぽい『l,Arturo』に決めました。

c0181142_02384556.jpeg
同僚のジュリアも農学者のマルコも「オーダーは自分らに任してくれ」と、ガッツリ野菜ものを速攻オーダーをしに行って、出てきたのはコチラ。

c0181142_15234113.jpeg
色目も鮮やか、パン入りサラダ。

c0181142_15231272.jpeg
ハムやサラミの盛り合わせ。スカモルツァアッフミカートが特に旨い。

c0181142_02362248.jpeg
新鮮そのものリコッタやモッツァレラ❗️
c0181142_02370209.jpeg
大きめフリゼッレ。トマトたっぷり。
c0181142_02372222.jpeg
サラダも大盛り❗️
c0181142_02380092.jpeg
トイレからはマテーラならではのサッシが眺められる❗️(侮れません)

店内のバンコ(カウンター)には豊富なチーズとサラミ類。パニーニもその場で作ってくれます。

これだけ食べて、飲み物一杯ずつ飲んで、1人10ユーロですから、大満足。

あーいい野菜チャージでした。

[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-06-27 05:18 | レストラン | Comments(0)

なぜバーリで食べる生タコはクルリとしてるのか?

そのまま、バーリ旧市街を歩いていると、タコ料理専門店『La Tana del polpo』あり。
ここも次回ということで。
c0181142_21321356.jpeg
c0181142_21343169.jpeg
タコ料理はバーリのローカルフード。

急に思い出したんですが、そういえば先日食べた生タコ。なんで生なのに白くてクルッとしてたのか。
生なのに、茹でたようなコリッとした食感。

調べてみました。

その秘密はタコ採りの後の処理。豪快なその方法をコチラ(15分で長いのでチョビチョビ飛ばして)でご覧ください。

以下の4つのステップで行われ、全て海水を使うのがポイント。

1)La battitura (殴打)まずは直ぐに岩へ叩きつける。
2) la schiumatura (発泡させる)いくつかまとめて、ヘラのようなものでたたきながら、泡を出し黒い部分を取り除いてゆく。
3) la miscelatura (かき混ぜる)海水でさらにすすいだ後、一緒に手でかき回す。
4) l'arricciatura (カールさせる)桶に海水を入れて、一斉に揺らしながらタコを転がす。

4)が終了すると、まさにクルッとした生タコの出来上がり!

びっくりですよね~。

c0181142_04355454.jpeg
この輝き!!

美しい!!



[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-06-16 22:07 | 気になる食材 | Comments(0)

次回は必ずフォカッチャ バレーゼをここで。『Panificio il fiore bari』

お客様と一緒の場合、街を歩いていても、自分本位で店を見たりすることをなるべくしないようにするわけで、たまたま見つけた興味深いものも今度ゆっくりプライベ-トで、ってことになります。

バーリの旧市街を歩いてたときのこと。

それでも同僚が、タラッリ-二(プ-リアの伝統的な小麦スナック)を買いたいと言い出して、私好みの老舗のPanificio(パン屋)の前を通りかかったんで、入ってみることに。
c0181142_06040404.jpeg
中に入ると、いかにも昔ながらのパン屋さんでバレ-ゼ(バーリ地元民)がこぞって、フォカッチャバレ-ゼを買ってました。
panificio il fiore』13世紀に建てられたヴィザンチン式の教会跡をそのまま利用したらしく、カウンターの裏にはその教会の柱の一部がそのまま残存していて、歴史建造物としても有名とのこと。パン屋自体はFiore一家が1世紀ほど前から営んでいるらしいです。
c0181142_06060284.jpeg
小麦を使った製品がズラリ。

c0181142_06075974.jpeg
何かを食べるタイミングでもないし、この先まだ視察等で旅は長く、買って持ち歩く場合でもなく。。かといって帰りのかばんのスペ-スの余裕もなし。

ぐっと我慢して、何も買わず。。同僚はタラッリ-二をゲットしてました。

ま、仕方ないので、次回のためにメモしておきます。

c0181142_06095555.jpeg
後で調べたら、かなりの評判店。何か買っておけばよかったなぁ〜。








[PR]
by Jonetsu-Italia | 2018-06-14 05:47 | プーリア | Comments(0)