人気ブログランキング |

タグ:食べ歩き ( 98 ) タグの人気記事

ホットスポットPigneto地区でラーメンを。

---先日のローマ旅行より---

私は現在ローマに住んでいるわけではないので、正直なところ本当にホットスポットかどうかわかりませんけど、なんとなく感覚でこのエリアはそうなんじゃないかと。

サンジョヴァン二駅から地下鉄新線MECでPigneto駅まで行きます。

地下鉄から降りてしばらく歩くのだけど、このPigneto地区界隈まるで裏原宿にような佇まい。お洒落なカフェやビストロが並んでいて楽しそう。
次回はこの周辺に泊まってロカーレ(店舗)チェックしたくなりました。

早めの夕食を安くで済ませたかったので、やっぱラーメンでしょうということで、ここに決定。


c0181142_06011463.jpeg
店舗は環状線沿いに面しててまるで環七通り沿いのようです。
c0181142_06020140.jpeg
店内にはテレビモニターで日本の観光ビデオがずっと流れててなかなかユニーク。

c0181142_06024360.jpeg
つい立で好きなように隣と区切れるのは機能的。日本じゃ普通なのかも。イタリアでは新鮮❗️

c0181142_06033408.jpeg

c0181142_06041680.jpeg
餃子とたこ焼き、ラーメンも一緒に頼んで(時間がないので全部いっぺんに持ってきてねと言ったら、イタリア人の店員さんが完璧にこなしてくれましたよ〜。)

c0181142_06050892.jpeg
私は担々麺。極細にカットされた唐辛子が本格的。

c0181142_06055403.jpeg
ダニは普通の醤油ラーメン。なんと20分で完食。麺が極太で何となくイタリアパスタみたいで、味も薄味かな、でも美味しかったです。店主はイタリア人で奥さんは日本人。奥さんの実家は東京のラーメン屋さんとのこと。本当はガッツリ豚の背脂たっぷりの豚骨で勝負したいのだけど、健康志向のイタリアでは今ひとつだったようで、今日の味に収まったとか。逆に日本は濃すぎるのかもね〜。
c0181142_06063452.jpeg
このラーメンのお箸が上下に動いていて遊びゴコロもたっぷり。
ご馳走様でした!

それにしてもPigneto地区、気になるなぁ〜。

ラーメン屋さんの近くからテルミニ駅までトラムあり。


by Jonetsu-Italia | 2019-05-03 08:04 | イタリアにおける日本文化 | Comments(0)

トラック野郎の御用達

巷で話題のテレビ番組、「Camionisti in Trattoria」。
イタリアのトラック野郎が日頃行くトラットリアをイタリア全国区で紹介。コスパ抜群で直ぐにでも行きたい感じ。



先日コマッキオの鰻料理をやっていて、それじゃあパスクアへ行ってみようかということで。

ラヴェンナを通り越して更に北へGodigoroという街にある、Ristorante Primavera

c0181142_04015876.jpeg
トラックが停められるだだっ広い駐車場があることが条件デス。郊外にあるので観光がてらに寄るのはちょっと困難かも。

c0181142_18452300.jpeg
だだっぴろい店内で、いかにも食堂って感じ。お腹が空きすぎて19時開店同時に入っちゃいました。

c0181142_04025282.jpeg
魚介類のリゾット。レモンをシュッとかけるのがアクセント。魚のダシが良く出てて美味しい。

c0181142_04032257.jpeg
出ました!鰻の丸焼き。これで22ユーロですからお安いです。

c0181142_04035675.jpeg
スーゴ(トマトソース)で煮たぶつ切りの鰻。こんがり焼いたポレンタと一緒に。

c0181142_04043153.jpeg
日本の鰻に比べて皮が厚くて、脂分が多いのが特徴。この脂分が味に深みが出て、トマトソースをゴージャスに。

アンティパストにイカとエビのサラダ、ドルチェ、ワイン、カフェを頼んで、一人35ユーロですから鰻料理では格安。

鰻が食べたくなったら、また来ようっと。



by Jonetsu-Italia | 2019-04-29 19:22 | レストラン | Comments(0)

カルボナ-ラはございません『Sola Lella dal 1940』

ダニの達ての希望で、ティベリーナ島のトラットリアを一晩予約。約2,3週間前でないと予約は取りずらい人気店。

Sola Lella は今は亡きイタリア人女優、Elena Fabriziのあだ名です。彼女は1915年にローマで生まれ、彼女のお兄さんAldoと共に映画の世界で活躍。彼女はマストロヤンニやトトとも共演もしてたんですよ。料理への情熱から1943年にカンポディフィオーリでトラットリアを開業、その後1959年にここ、ティベリーナ島に移し夫と息子と共にこの店を開けました。その後映画に専念するために、そのまま夫と息子に経営を任せたということ。

c0181142_21061920.jpeg
前回は満席で今回こそはと早めに連絡したにもかかわらず、満席。それでも空席が出たら連絡してねとメッセ-ジを残したらわざわざ電話してくれて、19時30分に無事入店。それでもゴン太がいるのでエントランスに近いテーブルだったけど、Sola Lella の写真に囲まれてダニは大満足。特にワインラベルにもなった彼女の肖像画の真ん前だったから大はしゃぎ。

c0181142_21070411.jpeg
私はまずアンティパストに「Coratella d'Abbacchio con Carciofi」Abbacchioとは子羊のことで、その臓物レバー、心臓、脾臓をカルチョーフィ(アーティーチョーク)と煮たもの。臓物好きな私にはたまらない一品。全く臭みもなくカルチョーフィのホクホクした食感とあいまってとっても美味。

c0181142_21075938.jpeg
ダニは"Tipico romano"ローマ伝統料理コースをチョイス。まずは「Polpettine di "Nonna Lella"(Specialità dal 1940)」1940年当時、彼女が考案したオリジナルレシピ、ミ-トボールの煮込み。隠し味は、オレンジの皮、コリアンダー、イタリアンパセリ,ナツメグだそうです。

c0181142_21083134.jpeg
私のプリモ。「Rigatoni con a Pajata di Vitellino da latte」。Pajataは仔牛の第二小腸を使ったローマの煮込み料理。更にこの仔牛はまだ乳のみの状態なので、小腸の中には発酵したミルクが詰まっているという何とも複雑怪奇な料理。それぞれのテイストが微妙に絡み合いたまらないお味。

c0181142_21085439.jpeg
ダニのプリモ。「Gnocchi di Patate all'Amatriciana」ジャガイモのニョッキのアマトリチャーナ。こちらも彼女1948年のオリジナルレシピ。手作りニョッキがとっても柔らかくて、トマト、グアンチャーレとペコリーノロマーノチーズの黄金ローマソースととってもマッチ。
c0181142_21091471.jpeg
ダニのセコンド、「Abbacchio di Acquapendente "Brodettato"」子羊のレモンと卵ソースの煮込み。この黄色はサフランかと思ったら卵だったんですよねぇ。でも全く生臭くレモンの爽やかな香りが子羊と良く合う一皿。
c0181142_21094546.jpeg
ボローニャで修行したという、ホームメイドのジェラートにリキュールのStregaがかかってます。Stregaとは斬新なセンス。

c0181142_21100593.jpeg
こちらダニのコースの締めくくり、ペコリーノリコッタを使ったタルト。ダニがお腹一杯で、私がフィニッシュ。
滑らかなリコッタチーズがたまらない、絶品でしたよ~。

食事中、店の電話がずっとかかっていて、「へ?カルボナ-ラ?カルボナ-ラはございません。それでもご満足できるピアットはお出し出来ますので」とまぁ、寛大な対応。

ローマ伝統料理をひととおり楽しんで、そこから更にもう一歩踏み込んだローマ料理を楽しみたい方にはぴったりなお店。

ダニは直ぐにでもまた行きたいらしい(笑)





by Jonetsu-Italia | 2019-04-14 07:30 | レストラン | Comments(0)

Ottaviano周辺で美味しいカプチーノ。

今回のローマの宿は朝食抜き。ゴン太の散歩を兼ねてコラツィオーネへ。

ムッソリーニが国家ファシスト党を結党した100年前、1919年創業の老舗カフェが近くにあるんです。その名も『Scia Scia Caffe Roma』

いかにも出版社関係者が入りそうな神保町の喫茶店の雰囲気。

c0181142_06502093.jpeg

c0181142_06510074.jpeg
ここはコーヒー豆も自社ブランドで販売していて、使ってるカップも100年前から変わらないそうです。そんなカップで飲むカプチーノはとってもクリーミー。

c0181142_06512876.jpeg
店内は満員。年代物のポスターなど歴史の重みを感じます。
c0181142_07042267.jpeg

c0181142_06515644.jpeg
学校机のようなテーブルも年季が入ってますね。

老舗は落ち着くわ〜。毎朝通っちゃいました。







by Jonetsu-Italia | 2019-04-04 07:36 | ザ 伝統 | Comments(0)

ローマのストリートフード『Panino Romanesco=Mordi & Vai』

日本から戻って間もなく、ローマに行ってきました。
理由は後ほど書きますね。今回は昼間にいろいろと廻りたかったので昼食はサクッと安くで済ませようと。

向かった先はテスタッチョ市場。最近は市場も全体的に風変わり。昔のような雑踏感はなくツーリストを引き寄せようと小奇麗にリニューアルしこじゃれた店が並びます。通貨がリラのころはジャガイモなんかKGで500リラ(約40円)からありましたからね。いまや1ユーロだってなかなか見つかりません。

適当に物色したら、おいしそうな店を見つけました。




c0181142_05283576.jpeg
ローマ伝統的なテイストを中心にパニーノをその場で選んでゆきます。かなりの種類で迷っちゃう。
c0181142_05294426.jpeg

c0181142_05301677.jpeg

c0181142_05304540.jpeg
ダニはPajata (仔牛の第二小腸を使ったローマ伝統的な煮込み料理)。5,5ユーロ(だったはず)
c0181142_05311195.jpeg
私は、トリッパ アッラ ロマーナ。ミントが隠し味のトリッパのトマトセロリ煮込みにペコリーノロマーノ。4 ユ-ロ。ヘビーな感じだけどサクッと美味しく食べれました。
c0181142_05313757.jpeg
お昼時で近くで働くジモティも多かったかな。

c0181142_06533508.jpeg
テスタッチョ市場の近くには屠殺場もあって、それで新鮮なお肉が市場に届くというわけですね。

c0181142_07141762.jpeg
テスタッチョ地区のフォンターナ見つけましたよ❗️詳しくは過去記事を。







by Jonetsu-Italia | 2019-03-31 07:30 | ヴァカンス | Comments(0)

恵比寿の板蕎麦『香り家』で春を味わう。

東京で仕事中取引先の方Sさんに連れて行っていただいたお蕎麦屋さん『香り家』
なかなか情緒があるインテリアで一緒にいたフランス人女性も大喜び。
c0181142_05434418.jpeg
お蕎麦屋さんのだし巻き卵はいつもいいお味。
c0181142_05441467.jpeg
春野菜の天ぷら盛り合わせ。たらの芽など何年ぶりですかねぇ。
c0181142_05450072.jpeg
私は桜えびのかき揚げそばを注文。まさしく春の味。板蕎麦とは打った蕎麦を入れる容器をそのまま食卓に出すのでそこから呼ばれてるらしいです。蕎麦は細切りか太切りかを選ぶことができます。私は蕎麦は細い方が好きですね。
使われている陶器は信楽焼でこれまた雰囲気にしっくり。
c0181142_05454024.jpeg
平日のランチタイムとあって満席状態。Sさんご馳走様でございました。
c0181142_05460519.jpeg
エビスビールとあって、生ビール❗️


by Jonetsu-Italia | 2019-03-27 07:33 | レストラン | Comments(0)

ニュルンベルグソーセージ

2月の中旬から仕事が異常な忙しさで、肩こりもひどく、すっかり更新が遅れました。

2月一週間仕事でどっぷりドイツのニュルンベルグへ。

ヨ-ロッパ最大のオ-ガニックトレードフェア、『BIOFACH』に弊社も出展。朝から晩まですっかり束縛されるので
全くプライべートの時間はございません。夕食も関係者と一緒で、毎晩がっつりドイツ料理(泣)

c0181142_03242287.jpeg
同僚たちはみんなビールですが、私は飲めませんので、アップルジュース。こちらはノンフィルター。甘くなくりんご絞っただけのような新鮮さ。

c0181142_03262338.jpeg
これが一度食べるとハマッてしまう、ニュルンベルグソーセージ。フィンガーサイズで食べやすく、香ばしさがたまりません。
茹でかグリルかをチョイス。グリルがお勧めとのことで、それを注文しました。茹でたポテトとサワークラフトと一緒にいただきます。
お好みでマスタードも。
豚肉にマジョラム、カルダモン、チャービル、コショウ、生姜とレモンなどスパイスを多めに加えてあるので、何処となくオリエンタル味に仕上がっていて、後を引くおいしさ。調べてみるとなんとそのレシピは13世紀に文献が残っているそうで、歴史深いソーセ-ジです。


c0181142_03264576.jpeg
デザートはよせばいいのに、これまたヘビーな揚げリンゴ。アイスクリームと生クリームがトッピングされてて、おいしいんですけどねぇ。強烈ヘビー。

c0181142_03274160.jpeg
かわいらしい街並みを垣間見ながら、ホテルへ戻るのでした。オーガニックでヘルシーかと思いきや、食事はヘビーでございます。



by Jonetsu-Italia | 2019-03-18 07:43 | イタリア以外の外国 | Comments(0)

ボローニャ街中のお勧めパスティチェリア『Regina di Quadri』

いつもイタリアには洗礼されたパスティチェリアがないと愚痴ってますが、私好みの店を見つけました。『Regina di Quadri』日本の雑誌にも取り上げられた形跡アリ。


オーナー兼職人のFrancesco Elmi氏は以前、ボローニャ郊外の有名店、Gino Fabbri氏と働いたことのあり、ケーキを見るとその流れを感じます。(過去記事参照

c0181142_05042213.jpeg
店内は小さいながらも、着席もあり、ビビットピンクのユニフォームを着たラガッツィがさくさく仕事をこなしており、
イタリアだとは思えない雰囲気。

c0181142_05055703.jpeg
ボンボロ-ネでカスタードクリームをチェック。クリームは絶品!個人的には生地がちょっと重たいかなぁ。
お腹がすいてたので、ラッテマッキア-ト(温かい牛乳にエスプレッソコーヒーを少しだけたらす、カフェマッキア-トの逆バージョン)を頼んだんですけど、その牛乳がきちんと泡立ててあってなかなか良し!)

c0181142_05063657.jpeg
ケーキの詳細を図で表すなんて、イタリアでは珍しい!

c0181142_05075591.jpeg

c0181142_05101763.jpeg
テイクアウトしたプチケーキ。どれもなかなかのお味。

この手のお菓子やさんがもっと増えてくれるといいのに。





by Jonetsu-Italia | 2019-01-22 06:37 | ボローニャ | Comments(0)

ナポリでダメならサレルノでGO ピッツェリア『Sorbillo』

先日、車で約12時間かけてターラントからボロ-ニャへ帰ってきました。

ナポリによってピッツァを食べようと、バジリカータ経由を選んだので少し時間がかかるコース。雪交じりの雨が降ってたので更に時間がかかり、ちょうどお昼時にサレルノに到着。モッツァレラの産地だからきっとピッツァも美味しいはずとランチにしました。

目星をつけた店に行ったら閉まっていて、地元のシニョ-ラに聞いたら『この先にあのナポリで有名なSorbilloがあるわよ~。ナポリほど込んでないから大丈夫よ、きっと』と行ってみることに。
Gino Sorbillo』ナポリのVia dei Tribunali にあって、1時間は並ばないと入れない超人気店。1935年創業でなんと21人も息子たちがいて、その家族が次々にナポリ、ミラノ、最近はニュ-ヨ-クにも支店を出してます。その姪っ子がサレルノに店を出したんです。一応電話して、着いたらすんなり入れました。
c0181142_06410927.jpeg
私はメニュ-になかったけど、Piennoloトマトとモッツァレラのブッファラのみを注文。生地が薄いのにモッチモチ。ペロリと完食。正直超人気店でも、それほど他の店とかわらないだろうと思っていたけど、すっごく美味しかった。
c0181142_06413755.jpeg
飾り気がない店内だけど、続々と人が入ってきて、最終的には超満員。
c0181142_06421050.jpeg
店内をじ-っと見てたら、本日のピッツァになんと、Conciato Romanoの文字が!なぜ、オ-ダーする前に気がつかなかったんだろう!
Conciato Romano とは古代ローマ時代から伝わるチーズで、過去にポンペイにいったときに味わった忘れられないチーズ。
過去記事はこちら。

食べちゃった後ですが、これからボロ-ニャに戻って道中か、自宅に着いてからお腹がすくかもと、テイクアウト。
フィオリディラッテ、玉ねぎとラードが載って、Conciato Romanoを上からふりかけてあるらしい。ぐっと我慢でお持ち帰りしました。
聞いてみたら、やっぱり『le Campestre』から仕入れているとのこと。
c0181142_06440945.jpeg

しつこいですが、ほんとにおいしいピッツァでした。


by Jonetsu-Italia | 2019-01-14 07:17 | レストラン | Comments(0)

プーリア ローカルフード『ボンベッタ』の夜

プーリアに来る度食べたいものは沢山あります。
そのうちの1つがボンベッタ。
薄切りの豚肩ロース肉にペコリーノチーズと塩、コショウしてくるりと巻いたもを串刺しにして炭火で焼いたもの。
Cisternino が有名ですが、実家の近くのCrispiano にも行きつけの店があってちょくちょく行きます。↓

c0181142_05524467.jpeg
店内はまるで精肉店。
c0181142_05515745.jpeg
でも全て下拵えは済んでいるものばかり。
c0181142_05533694.jpeg
この店はダニが若い頃アルバイトをしてた店で彼は店長のミケーレ。彼がこうやって串に刺しては炭火の釜でひとつずつ焼いて行きます。
c0181142_05541522.jpeg
私の大好物フェーガト(レバー)を網脂で巻いたもの。ここは鳥レバーを使用。
c0181142_05552704.jpeg
オーダーは1個から出来るんです。今日は10個。
c0181142_05560446.jpeg
ビトー(ダニのお父さん)は羊肉。
c0181142_06280323.jpeg
ダニはボンベッタ、ソーセージ、後から豚肩ロース。
ルイザ(ダニのお母さん)はライトメニューがいいとチキンサラダと鶏ホルモンの網脂巻き。
それぞれ適当に摘んで、サラダとチーズ盛り合わせ、ワインを500ml頼んで合計€56ですからお安い!
お肉は他にもレパートリーありで、テイクアウトも出来ます。(その場で選んで20分後に取りにくるということも)。
c0181142_05571361.jpeg
やっぱ炭焼きの肉は味が違う。ウマーイ!!

by Jonetsu-Italia | 2019-01-05 19:20 | プーリア | Comments(0)